FC2ブログ

ロシアの赤かぶ

kfc01288-1

kfc01288-2

kfc01288-3

kfc01288-4

kfc01288-5

kfc01288-6

kfc01288-7

kfc01288-8

ビーツを育てたことがありますが、ここ何年かはごぶさたです。
鉄分が豊富らしいので、また育てたいです。
8月にはジャガイモも植えたいです。
夏の農作業はしんどいことが多いので、涼しい秋を思い浮かべてのりきります。

kfcp01288-1

カジカガエルをウォッチングするエビ子。

kfcp01288-2

kfcp01288-3

じょうろから水分補給。

kfcp01288-4

金魚やカエルの水はカルキがないほうがのぞましいので、じょうろに入れた水道水を1日くみおきしています。
カジカ用に新しいじょうろを買いました。
牛のじょうろです。
おしりから水を入れて、口からぴゅーっと出ます( ̄∀ ̄)

kfcp01288-5

牛柄猫がいるし、もともと牛が好きなのです。

kfcp01288-6


b_kfd
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ボルシチ 食べたことないです〜
でも赤い株とか、野菜は好きです。
おっと〜  ダルメシアンが遊びにきたのかと思ったら、牛さんでしたね。
世界地図の模様が。

カエルさんたちは牛のジョウロでシャワ〜^^
毎日暑いので去年買った自動かき氷機を出さなくっちゃ。
氷みつをいろいろ変えて楽しみます。
大人は夏が長く、子供はあっという間に夏休みが終わるのね。

海月さんへ

海月さんも、次々と色々なものにチャレンジしていきますね!
私は新しいものに、なかなか手を出せません。
これ以上は、無理・・・ と感じているのかも。^^;
釣りにも、久しく行っていない・・・ ^^;
車が相当古くなったので、次の発注しました。
子供と、「新車が来たら、釣りに行こう!」と話しています。^^
妻も、子供が行くならついて行く様子です。

最初の写真、小型犬を飼いだしたのかと思いました。
牛さんや、カエルさんのジョウロ。
面白グッズが沢山あるのですね。
そう思って周りを見渡すと、当家には熊のぬいぐるみが多いかも。
妻の趣味でもない・・・
偶然なのかなぁ???

No title

ビーツは時々育てているが、
消費が少ないので刻んで冷凍保存しているのが長期間残っちゃって
保存しているのを忘れるぐらいなんですよ(笑)
赤くしたい時に使うといいですよね

>牛のじょうろです。おしりから水を入れて、
>口からぴゅーっと出ます
 
(水の出入りの)逆パターンを想像してみたが・・
どちらも似た感じかなー(笑)

★お返事

★花さん>
レシピを見ながらボルシチを作ったことがあります。
色はなんとなくそれらしくなりましたが、ビーツの下茹でとか火加減が難しいです。
私も赤い野菜、好きです。カラーリーフとして菜園の彩りにもなるし。
ダルメシアン柄、たしかに(笑)
うちにも電動かき氷機があります。最近は削るのが面倒で、室温で解けかけたのをほじって食べています^^;

★korolemonさん>
車を新調するのはとてもエネルギーのいることじゃないですか。
海月兄も車が好きで、独身時代はしょっちゅう買い換えていましたが、結婚して子供ができてからは長く乗っています。
渓流釣りもしていたような。
クマのぬいぐるみ…コロちゃんに似ているのかな(*´ω`*)

★チョコミントさん>
ビーツが冷凍保存するほどあるって、さすがです。
多品種を上手に育てておられるから、大きな冷凍庫がいりそうですね。
後ろから水が出るじょうろ、あったら買っちゃうかも(笑)

種は消えちゃったのか~

残念(^-^;)異文化交流の話ではなかったのね。

ビーツ、1回作ったことがあります。
血の滴りのような赤い色が忘れられません… (^m^)
鉄分が多いと聞くと、納得しちゃうわ。

海月さん向けに?
渦巻きビーツ はいかがでしょう?
私は次、↑コレを狙っています(笑)
あ、でも漫画の輪切りシーンを見ると
すでにご存じなのかな? v-8
こんなの↓
https://www.google.co.jp/search?q=%E6%B8%A6%E5%B7%BB%E3%81%8D%E6%A8%A1%E6%A7%98%E3%81%AE%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%84&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwit4piukqPcAhVVUt4KHanQCAQQsAQIRA&biw=1048&bih=565

No title

火を通したカブのクニュっとした感触がやや苦手ですが、ビーツはそうならないので好きです。色は強烈ですが、味は主張してきませんよね。
この暑さ、農家の人をはじめ外で仕事する人はもう、大変だと思います・・

鼻が長くてヒゲボーボー(笑)絵がかわいい。

そうそう、寒天が固まらなくて、ドリンクとして飲む、はあるあるです(笑)
味は同じだから(o´_`o) ;;;
おやつは出来るだけ糖質オフを目指しているので、寒天お役立ちです。

No title

お顔がロシさんの顔だ! (笑)
うちのメイはロシさんの血が入っているのではと思っているのです。 
カエルの水はカエルの如雨露ではなくて、牛柄?

赤カブとビーツは同じ物ですか?
ドイツ語圏では肉にビーツの甘酢漬けだか煮だかみたいのが付きます。 あれは結構好きでした。


No title

こんばんは(^^♪

日露戦争・・・なんて昔、と思いましたが
捕虜にされたロシアの人々とその後子孫にとっては「単なる歴史にすんな」という感じでしょうか。赤カブというと赤カブ検事を思い出しちゃいました(笑)

お尻から入れて口から出す牛さんジョウロ欲しいです(笑)

★お返事

★gerogeroさん>
物怖じしない関西人のこと、興味津々で見守っていたようですよ。
8コマめの絵は、まさに渦巻きビーツです。植えたいなあ。
天安紅芯大根に似てるけどあれは辛いので、ビーツならいけるかも。

★きぃたさん>
相方トッコも煮えてくたくたになった野菜が苦手です。今、一緒にしないでという声が聞こえたような(笑)
農家は早朝か日没前後に作業して、昼間は屋内作業にしたりするんじゃないかな。
田の草とりのシーズンだけど、命あっての農作業ですからね(;´д`)
猫はロシアンブルーです。
糖質オフ…炭水化物ラブの私には、なかなかきびしいです^^;
アガーも歯ごたえがあってナタデココみたいでおいしいですね。

★REIさん>
ロシアンブルーですよ(笑)
メイ姉さんにもロシアの血が!言われてみればなんともいえないグレーは、ロシアンの色ですね。
そういえばソラ君はどうなんだろう。
ビーツを知らない姫路の人たちが、赤かぶと呼んでいたのかも。
ビーツはほうれん草と同じアカザ科で、カブじゃないですもんね。
甘酢漬けもおいしそう。収穫できたら作ってみようっと。

★コスモスさん>
この捕虜の人たちは、けっこう自由な部分もあったみたいです。
赤かぶ検事、なつかしい(笑)
牛さんジョウロはここでしか見当たらなかったので、買うなら今ですよ( ̄∀ ̄)

No title

故郷の味、大切ですよね。
赤カブは雑草化みたいに増えなかったんですねえ。
繊細なのね...
そういやごぼうを捕虜とかに食べさせたら
虐待だと言われたという話、結構聞いたので
根菜、食べつけないものだと虐待とか
言われかねなかったのかも???
牛のジョーロ、あはは、おしりから入れるんだ...
私も牛(柄)とか好きです。
今はもうないらしいボザールって雑貨屋があって、
牛柄がやたら置いてあって面白いところだったんですよ。今もあったら連れていきたいくらいで。

ヨトウムシ!!なんか前にうちのカエルが「甘くて美味しい」って顔をしてたのを思い出しました。
いまのめんま家ではあまり見かけない(単に
発見できないだけかも)んですよ。残念。
オンブバッタは前の家と同じくいるというのに。
バッタは苦いしシャリシャリしてて硬いし美味しくないって顔をするからあげられないんですよねーーーー。

★めんまねえちゃん>

心細い状態だと、なおさら故郷の味は心の支えでしょうね。
ビーツは酸性の土が苦手だから、野生化しづらかったのかも。
ごぼうが虐待と思われるって…ありえます(;´д`)
牛柄が多い雑貨店。いいなあ。カエルグッズを目玉にしているところもけっこうありますね。
園芸部のみんなで行きたいわ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
カエルの食レポがリアル。そうかヨトウムシはおいしいのか…
シルクワームも好評ですよね。栄養が偏るともいうけれど。
青虫を手に入れるために、菜っ葉を植えようか思案中です(笑)

日露戦争関係、ブログにあります。

こんにちは。暑い日々が続いていますね! とても暑いのに、昨日は、桜島が、4600メートル噴煙をあげて、急に暗くなったかと思ったら、降灰がありました^^; 日差しが強すぎて、掃除はしていません。。。車だけホースで洗車しました。 
日露戦争関係は、私のブログにも、片付け物で出てきた、新聞や写真集をアップしていますが、その中で、捕虜の方々らしき写真もありました。よろしければ、ご覧くださいね。 https://ameblo.jp/decomike/entry-10750421404.html

★みけにゃんママさん>

暑い時の降灰は大迷惑でしょう(;´д`)お疲れ様です。
日露戦争のことを記事にしていらしたんですね。
これから終戦記念日にかけて戦争をとりあげる機会もあるかもですし、いろんなかたが見てくださるといいですね。
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク