FC2ブログ

姥捨山のラスト

kfc01260-1

kfc01260-2

kfc01260-3

kfc01260-4

kfc01260-5

kfc01260-6

kfc01260-7

kfc01260-8

姥捨山は年寄りが嫌いな殿様のお達しで、泣く泣く年老いた母親を捨てにいったものの、引き返して連れ帰った息子のお話です。
隣国から無理難題をふっかけられるたびに、この母親のナイスアイデアで問題解決したことを知った殿様は、年寄りは大事にせねばと思いいたったのでした。

kfcp01260-1

フェレットのネムばあ。
生年月日不詳。路上生活中に保護され、警察を経て実家から2007.6.4我が家へ。
2009.5.8没。

kfcp01260-2

猫のおけつが大好きで、追いかけまわしていました。
体重で数倍ある猫もたじたじで、いい遊び相手でした。

kfcp01260-3

由美かおるのようだと、評判だった入浴シーン。

kfcp01260-4

副腎腫瘍で全身つるっぱげになり、しっとりもちもちの肌触りに。
うちにいたのは2年弱でしたが、印象深いフェレットでした。

kfcp01260-5

今日のお話は、猫友の青木にゃおんさんのリクエストから。
「高齢の犬猫の里親がなかなかみつからない」という話を受けて描きました。
おっさんチワワのまめ君や、高齢猫のランちゃんを保護したり、動物保護活動にも力を入れておられます。
詳細はにゃおんさんのブログでどうぞ→


b_kfd
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

海月さんへ

時折感じるのですが、お母様のお顔、特に目の部分が少々怖くないでしょうか?ニッコリとは出来ないものなのでしょうか? ^^;

60歳以上のお年寄りは山へ捨てられるルール・・・
私も、捨てられる一歩手前・・・
時が経つのは早いなぁ~~。

動物を飼うなら、子供(赤ちゃん)の頃から・・・
あるでしょうね。
ペットショップでも、生後7年・・・なんて見ないですものね。
当家のコロも11年選手。タダでも引き取りて見つからないかも・・・
「飼う」という概念から変えないとならないのかも・・・ 難しいですね。

★korolemonさん>

母の顔、怖いですか。けっこう似てるんですが^^;
昔話の時代は60歳で高齢だったのかもですが、今の高齢者はお元気です。
コロちゃんは11歳ですか。
おうちの力関係でも下から2番目とかだと思っていそうですね(笑)

No title

海月おねえちゃん、フェレットさんとも暮らされてたですねぇ!@@!
フェレットさん、にゃんこよりも寿命が短いし、にゃんこ以上に完全肉食動物なので大変だったと思うです・・・
フェレットフードがなかった昔はキャットフード使われてたり、手作り食されてる方も多くて、フェレットさんお病気にもなりやすいので(やはり副腎に問題が出たり、癌になるケースが多いみたいです)その予防として自然療法的なことされてる方や、とても勉強されてる方もいて、参考にさせていただいてたですよぉ!
緑の中のネムちゃんかわいいですよぉ!
キャンプでもごくまれにですが、フェレットつれてきてる人と会うこともあるですよぉ!

★Gaviちゃん&TibiTibiはなびちゃん>

当時フェレットは治療もまだ未開拓の部分があって、猫のかかりつけ医さんが詳しくなかったので、車で高速1時間とばして詳しい獣医さんまで通ったわ。
肉食のわりに果物とか好きだったの、不思議(笑)
私も昔、民宿に泊まったらフェレットを何匹も大きなケージに入れて連れてきて、泊まってる人がいたわ。
散歩させてるわけじゃなくて、留守番させるのが心配だったんかも^^;
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク