FC2ブログ

八重咲き

kfc01174-1

kfc01174-2

kfc01174-3

kfc01174-4

kfc01174-5

kfc01174-6

kfc01174-7

kfc01174-8

kfcp01174-1

昨年秋に買ったシクラメン’セレナーディアライラックフリル’

kfcp01174-2

寒波の間、室内にとりこんだら風通しが悪くてかびてきましたが、ベランダに出したら復活しました。

kfcp01174-3

ガーデンシクラメン“チモ”
名前の由来は「いろんな花色があってあっちもこっちも欲しくなるから」だとか。


kfcp01174-4

原種シクラメン’コウム’

kfcp01174-5

植えて1年半たつガーデンシクラメン不明ちゃん。
真っ赤はあまり好きではないのですが、この色が一番丈夫のようです。

kfcp01174-6

2014年の春に実った斑入り葉シクラメンの実。

kfcp01174-7

その秋に種をまいたのが、4年たってつぼみがあがってきました。
残念ながら斑入りは遺伝しなかったけど、どんな花が咲くか楽しみです( ̄∀ ̄)


b_kfd
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

シクラメン

e-9 シクラメンの実を初めて見ました。
 ちょっと、感慨深げです…
 八重は、実がならない… なんて知らなかったし…
 フ 入りは、遺伝したりしなかったり… というのも、
 猫の子どもみたいに、違いがあるのですね…。
 麦ばあ、もうすぐ4巻目です。

      <ののちゃんより>

海月さんへ

>娘は花を差し出した。
>自分の無知を恥じたという。
話しとしては解るのですが、
でも、「雨具を持っていない」と真っ直ぐに返答してもらったほうが・・・
こういう返答ばかりされたら、
私は、毎回、自分の無知を恥じなければならない・・・ ^^;

海月さんは本当に多くのお花を育てていますよね。
How to grow flowers 特集を組んだら皆さん読まれるのではないですか?
うちの妻も、「これどうやったら咲くんやろう?」と、
よくブツブツ言いながら花を育てています。^^;

No title

七重八重花は咲けども・・・
子供の頃に親から↑の歌と話を聞いて、
子供心にそんな信じられないような伝え方(断り方)
を昔はしていたのか!と半信半疑に思ったものです(笑)
その娘さんはもしかして茶道をされていたからかも知れない
なーなんて(大人になった今は)思えるのだが・・

シクラメンも沢山育ててらっしゃるんですねー
バラやアネモネなんの真っ赤は自分も大の苦手だったが、
それがいつの間にか真っ赤も嫌いじゃなくなってきましたよ(笑)
 植物の力かもしれない

初めて見ました

シクラメンの実!
そしてそこから蕾が着くまで苦節4年…( ̄(工) ̄)
一瞬、幽体離脱しそうになりました。
花は野菜と違う時間軸にいるみたいσ(^_^;)
咲くのが楽しみですね♪

山吹はうちの裏庭にあるのですが
実がならない分、株で増えてブッシュ状態ですw

★お返事

★kitcatさん&ののちゃん>
シクラメンの実は目玉親父にちょっと似ているかも。
この中にゴマ粒みたいな種がいっぱい入っています。
猫の毛色の遺伝はおもしろいですね。ナツアキフユともにハル母さんに似てなかったし(笑)
『麦ばあの島』読んでくれてありがとう♪

★korolemonさん>
まわりくどい返事、たしかに困りますね(笑)
育て方は我流でいきあたりばったりなので、同じようにやってもうまくいかない可能性大です^^;
育つけど咲かないとか、実がならないのも日常茶飯事です( ̄∀ ̄)

★チョコミントさん>
ほんとにまわりくどいですよねー。和歌が今でいう英語やIT言語なみのたしなみだったのかな。
真っ赤な花も、緑の中にぽつんと咲いていたり、シンプルな部屋に一輪活けてあるのはぐっときます。
紅一点とはよく言ったものです。

★gerogeroさん>
今、旅先かしら。ご多忙中、訪問ありがとう:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
シクラメンは種から花まで数年ってよくあるみたいです。
他にも種から育ててやっと球根が小豆大のが控えています。
時間軸といえば、タコノキが日差しをもとめてゆっくり歩いているという話が。
千里の道も一歩から。
山吹はブッシュになると手に負えないですね。実家のもそうです^^;

No title

私、虫が嫌いなので、ついつい水耕栽培のものを探してしまいますが、鉢植えのお花はやはり豪華ですね(*´ω`)
植物を部屋に入れると、元気すぎるタロちんの暴走で弾き飛ばされることも気になり(-_-;)で、洗面所、トイレ、玄関しか植物を置けません😢
昨日、連れて来た枯れかけのパンプーの他に、やはり枯れかけた苔まで生えた値引き品のサンセベリアがあったのです💦
家に連れてこようか迷った末に、育てられる自信がなくて置いてきてしまったのですが、ハイドロカルチャーの中に苔が生えてきてしまっている子って、復活できますかねぇ?ハイドロカルチャーの表面にもカビなのか白いものが・・・。
その子のことが、まだ気になっています。
昨日は、その子を眺めながら、頭の中で「海月さ~ん、どうやってお世話したらいいの?」と呟いていました(^▽^;)きっと、海月さんだったら、上手に復活させてあげられるんだろうと思います。
なんせ、私、元気な状態の子を普通にお世話してても枯らす人なので悩みます💧
海月さん、身長が高くて羨ましいです。
私、155センチなので、後姿だけだと学生に間違われて、振り向くとおばさんやんけ!と「ぎょっ(◎_◎;)」とされる現象が・・・(;´Д`)どっかのおじさんにスーパーで魚の選び方を説明されたこともあり。おっさんが、おかしいのか私がおかしいのか💧


No title

この冬はシクラメンをかなり買い、既に一株カビでダメにしました。 ベランダに出したのですが、直射日光が一定時間当たるので、逆に弱めてしまったのかもしれません。
雨と直射日光が当たらない場所があれば良いんだけど。
紫?のラベンダー、綺麗ですねえ。 

実をご覧になった方が少ないというのは、ちゃんと終わった花をとっているという事ですね。
そのままにしておくと実がなります。 種を取りたい時は大きな実だけ残して、他のはとってしまう様にしていました。 一度だけこぼれ種から芽が沢山でましたが、ほったらかしであっという間に全部消えました。

八重は種がつかないと私もしらなかったけど、最近の花は種がつかないのでむやみに増える心配ありませんと書いたのがあります。
どういう処理をしているのでしょうね。 ちょっと不気味?


No title

そういうの風情があっていいですねぇ。
でも・・・いきなりむっとされて手打ちにされたら困るですよぉ!
八重・・・本来は、自然界ではなかったですかねぇ?
でも種はないけど株で増えるなんてお花さんたちもがんばってるですよぉ!
種ができない子はほかの植物より株でどんどん増えられるですかねぇ?
不思議ですよぉ!

・・・えとですね・・・TibiTibiはなびちゃんは、もっとおきっくなったらソンゴクウさんみたいに毛で増えるですねぇ!
種はできないですけど・・・こちらもお得だと思うですよぉ!
(↑ ウソです/おねえ)

No title

山吹は八重もひとえも良いですよね。
しかし昔の人は奥ゆかしいというか回りくどいところが
あって、そこが趣深いんでしょうが、
頭の回転とかトンチ力(?)がないと、
何言いたいのか???と思ってしまうことが多々あり。
私は和歌の世界で行きていける気がしません。
よかった、そういう時代や環境にいなくて。ハハハ。

実とかがなる=よいというわけでもないですよね。
なんか得した気持ちになっても、
全部が食べられるわけでもないし。(そこ?)
紫がかったシクラメンって神秘的ーーー。

★お返事

★虎太朗ママさん>
身長が低いと若く見えて得な面もあるかもw
虫は私も好きじゃないですが、老眼で見落とすことしばしば。
猫がなんか見てる、と思って見るとそこにいたりします( ̄∀ ̄;)
サンセベリアといえば別名「虎の尾」。タロちんつながりではありませんか。
挿し芽でも増やせるから、根っこがやばかったら思い切って切るのも手かも。
水をやりすぎると枯れるのと、寒さにもちょっと弱いかな。
育て方のサイト↓
https://sodatekata.net/flowers/page/150.html

★REIさん>
シクラメンは枯れるときはどんどん枯れますね。
私も投売りのを10鉢以上買った年は、ほぼ全滅でした。
こぼれ種で生き残るのって、原種やガーデンシクラメンかも。
室内用のは種ができても寒さで枯れたりするんじゃないかな。
種がつかないので増えないって、どんな処理だろう。
種無しブドウみたいなジベレリン処理じゃないでしょうし…仕組みがわからないとたしかに不気味^^;

★Gaviちゃん&TibiTibiはなびちゃん>
娘さん、手打ちにされなくてよかった。
種ができるのは遺伝子が微妙にかわるので、子孫が生き残る率が高いんだとか。
株分けだとクローンだから、何かの拍子に全滅ってこともあるみたい。
TibiTibiはなびちゃんが毛で増えるとこ想像しちゃった( ̄∀ ̄)
さぞかし盛大に打ち上げ花火が全国各地に(笑)

★めんまねえちゃん>
奥ゆかしいのもいきすぎるとねー…京都の人がお茶漬け出すみたいな(笑)
私も今の時代でよかったけど、平安時代なら美人だったかなとか思うとちょっと複雑。
おいしそうな実がなるけど食べられないって、かなり残念。
シクラメンの実も、小さい頃の私なら味見したかもー。
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク