FC2ブログ

高額商品

kfc01098-1

kfc01098-2

kfc01098-3

kfc01098-4

kfc01098-5

kfc01098-6

kfc01098-7

kfc01098-8

24万円するギボウシは、斑入りでした。
安心してください、買いませんよ。

kfcp01098-1

年末にスーパーで、白い実の百両(カラタチバナ)をみつけました。600円。

kfcp01098-2

かわいい実がなる小さい木を何か植えたいなと思っていたところでしたので、ちょうどよかったです。
日陰に強くてほとんど大きくならないのもチャームポイントです。

kfcp01098-3

kfcp01098-4

kfcp01098-5


b_kfd
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

海月さんへ

おはようございます。

ビックリしました。
途中までの話しの流れで、
24万円出したものだと思い込みました。

>安心してください、買いませんよ。
私事ではないのに、ホッとしました。^^;

最後の3枚の写真は?

かなり長時間、何かを狙っていたのかな?
何気に、右下に黒猫のお人形さんが、
写っている・・・ ^^

レモン1個、300円・・・
無理だなぁ~~~・・・

食べる人少ないようだし・・・

No title

本年も宜しくお願い致します。
今年が良い一年でありますよう。

いやあ、海月さんなら斑入りのものなら
それくらい発作的に出しちゃうかもしれないしって
思いました。
フユさん...???のぷりけつお借りしますね。
これあれでしょうか、ボツ写真のアーニャさんが
ささってたあの別角度かしら?

ご祝儀相場だけでなくて、なんか白菜が600円とか800円とかのところもあったし、
フルーツも高いし...年末に買い物に行ったら
なんか正月価格でバカ高くてもう。(涙)

危ないアブナイ…

もう読者をやめようかと思うワタシ(爆)
「百両」なんてあるんですね!
だったら十両もあるのかしら…
でも、この名前シリーズの由来はなんなんでしょうね。
結局この前のロシアンオリーブは買っていまいました… ( ̄∀ ̄)
このブログが種苗会社に見つからない事を祈ります。
カタログ製作者と海月さんがタッグを組んだら最強だと思うもん… (爆)

ゴールデンタイムのCM15秒ウン百万な事があるので
ただ競り落としただけで全国ネットのNHK始め
TV各局、新聞やネットで報道されたら元は取れると思いますよ~
しかし…ギボウシ24万は高い!!
まさか海月さんがポチッたのかと思いました~~

あけましておめでとうございます

横からですいません。

> だったら十両もあるのかしら…

はい、ヤブコウジが通称「十両」とされています。
こちらも正月近くなると和風の寄せ植え用に園芸店に並びます。

しかし、24万円するギボウシですか、、、古典園芸植物の値段は
青天井なんでホントに何だかよく分からないです。

でもって、気のせいか高いヤツほど枯れやすくて、自分では
ムリって諦めると気が楽です。

★お返事

★korolemonさん>
いくらわたくしが無謀でも、24万円は出せません(笑)
フユがのぞきこんでいるのは、塀の隙間から見える地上の景色です。
鳥がいたり人がいたりで、面白いらしいです。落ちそうで危ないのでトレリスでガードしています。
黒猫の形のはじょうろなんですよ。
レモンは自家栽培がプライスレスです:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

★めんまねえちゃん>
この24万の斑入りは、幸いそこまで好きな感じではなかったです(笑)
ボツボツのささってるのは夏か秋頃だったかな。
しょっちゅう誰かが刺さっている我が家( ̄∀ ̄)
白菜が800円って( ̄□ ̄;)!!感覚が麻痺した人が買うんだろうか…
でも同じ量の肉を買ったと思えば安いかも。

★gerogeroさん>
そんな理由でやめないでーーー(笑)
十両については定吉さんが解説してくださっています。
桁に比例して、実の数が増える気がします。粒の大きさはまちまちかも。
ロシアンオリーブ…コメントしそびれましたが気付いておりましたよ。
私が買う苗にここまで反応するのはgerogeroさんだけかも。
きっとストライクゾーンが近いか、前世で姉妹だったのでしょう。
ギボウシは好きな柄じゃなかったのでよかったですw

★定吉さん>
ナイスフォローありがとうございます(*´ω`*)
ヤブコウジもかわいいですよね。しかも斑入りがいろいろあるので、そのうち導入したいです。
正月の寄せ植えが売れ残ったら安くなるかもと(笑)
趣味の山野草の価格、ほんとに青天井ですね。
北国の地名がついているのは枯らしそうで手が出ません。
私も高いのは育てにくいせいもあるだろうと踏んでいます。
昔のカタログは写真も絵すらもなく、文字情報だけで高額な苗を注文していたようで、お金持ちの道楽という印象が強いです。
大金を積まれても手放さない庶民もいただろうと、想像すると楽しいです。
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク