FC2ブログ

ハロウィン


kfc160801

kfc160802

kfc160803

kfc160804

kfc160805

kfc160806

kfc160807

kfc160808

kfcp141012-1

プッチーニの肉詰め。

kfcp141012-2

打木赤皮甘栗かぼちゃとプッチーニ、白いのはアップルゴーヤ。
かぼちゃは、皮が緑色のまだらになってしまいました。


b_kfd
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

街中ではあまりに早くハロウィンディスプレイが始まるんで、
いったいいつがハロウィンなんだかわからんわ。( ̄∀ ̄||)
なるほど地蔵盆ねぇ。しかし、都心には街角のお地蔵さんってもうなくなったね・・
今の日本人で地蔵盆がわかる人も少ないやろうし、
そもそもハロウィンに元々宗教的な意味があることも知らんのやろなぁ。

バターナッツもあっという間に普及したよね。うまうまでしたー。(懐)
プッチーニは、この小ささで普通の大きさなのかしら。肉詰めとかグラタン詰めとか
容器的に使えるのがいいね、見た目もかわいい。味に特徴あるんかしら。

↓トイレの放尿牛に激萌え〜〜〜!!!(笑)

★ぱんとらさん >

★ぱんとらさん >
ハロウィンと年賀状印刷、クリスマスから正月、バレンタインにかけての流れがいつもあっというまよー。
地蔵盆は関西に来て初めて見た。鹿児島では十五夜で子供達が家を回ったり、月見団子を盗んで回ったりというのがあったなあ。
バターナッツは今年は発芽せんかったので、買って来て食べて来年用の種をとったよ←種を買うよりお得w
小さいかぼちゃはほくほく感が足りないのがままあるんだけど、プッチーニはまあまあおいしいほうかも。
放尿牛、ぱんとらさんは好きだと思ったわ(笑)

No title

なに〜〜地蔵盆??
関東では行われていないようですね・・・
ビール三姉妹の描きわけがよくわかって楽しいです。
右端の目の上が水平なのがアサヒさん(笑)?

その上のコマのダンディな(?)アキくん、楽しそうだね〜(o^□^o)

No title

観賞用よりやっぱりかぼちゃは食べられるほうがグッドですね。
ははは、おしり。前に鶴首かぼちゃを画像で出したとき
男性のやばいものかという印象だと、直接何人かに(あった時に)
言われて返答に窮しました。まあねーーー。ちがうっちゃあ違うんですが。
違うのを力説しても逆にいやらしいテイストに。(笑)

芋は収穫できるわ、痩せるわいいこと尽くしですね。
やぶからしは食べられるって私の持ってる本に書いてるけど
のどがイガイガするらしい。よほどのことがないと食べても
美味しくないってことですね。(飢饉の時以外)

うずあじさい!大好きなんですー。
こないだ原発の影響の奇形植物として紹介してたので
思わず違いますと連絡をしてしまいましたよ。もう。
うちの近所の街路樹に使ってるところがあるんですが、
枝を剪定するときにどうにか通っていただきたいと. . . (まだかなわず)
裏にあるのかもできませんが、まだ発掘できていません。

地蔵盆(´・Д・)」

あたしは大阪箕面市に住むまで
地蔵盆って知らなかったんですー(´・Д・)」でも、奈良の生駒にはよく似た「お月見祭り」っていうのがあって、小学生の頃はお菓子もらいに近所の家回りまくりでした(・_・;地方によって秋のお祭りも色々なんだなぁーって思いました。それにしても三地蔵ニャン可愛い\(//∇//)\

★お返事

★きぃたさん >
地蔵盆って関西だけなのかしら(・_・;)
三姉妹は目と前髪で描き分けてます♪
そうです目がすわってるのがアサヒ(笑)
キリンがたれ目でエビスがつり目です。
コスプレといったら着せやすいアキですよ。最近着せてないなあ。

★めんまねえちゃん >
観賞用のでっかいかぼちゃは栽培場所もとりそうだし、目鼻を掘ったらすぐ傷んで腐るにまかせるとか、活用できないのが惜しいです。せめておいしければ…
鶴首かぼちゃ、あはははは( ̄∀ ̄;)あれと形が似たひょうたんを加工してナニをカバーする民族衣装がありますもんね。
ヤブカラシは見るからにまずそう…でもシュガーバインに似ていなくもないかも。
うずあじさいをそんな誤解するなんてね(゚ーÅ)連絡ごくろうさまですよ。
うちのが増えたらさしあげたいです。でもあじさい育てるのヘタなのであまり期待しないで待っててね^^;

★うりうりママさん >
奈良や大阪にも土地勘があるってすばらしいです。奈良は古い伝統行事が多そうですね。
鹿児島では小さい頃、十五夜に相撲をとらされましたよ。土俵用のわらも子供達が集めて回るという...( ̄∀ ̄;)
地蔵三姉妹、背格好が似ているので何かとアレンジしやすいです(笑)
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク