FC2ブログ

断捨離ならず

kfc01032-1

kfc01032-2

kfc01032-3

kfc01032-4

kfc01032-5

kfc01032-6

kfc01032-7

kfc01032-8

kfcp01032-1

マンションの粗大ごみ置き場で鉢植えを拾うのはこれが初めてではありません。
デンドロビウム、コチョウラン、シャコバサボテン、ハイビスカス…
どれも状態が思わしくなく、蘇生させられたのはシャコバサボテンの切れ端だけ。
今回のアンスリウムは花が終わっているだけで元気なので、なんとかなりそうです。

kfcp01032-2

ここに置くとテレビが見えないけど、まあいいか。

kfcp01032-3

アンスリウムと同じサトイモ科の、斑入りモンステラと斑入りサトイモ。

kfcp01032-4

kfcp01032-5

赤いアンスリウムの花言葉は「情熱」。
というわけでセクシー三姉妹ふたたび。

kfcp01032-6

kfcp01032-7

海月ファームだより(1)~(3)kindle版
発売中

b_kfd
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

LED

こっちで蛍光灯のデスクスタンドを探して探して見つからず、結局とりあえず電球タイプを買ったんですが光が黄色くて毎日不満に思っております。
海月さんが快適なら私も次はLED検討しようかなー。

No title

昔、トレース台が欲しくてDIYで作ろうかと思った事があるが・・ 
最近はLEDに変わったのですね。

粗大ごみとして鉢植え植物が捨てられるのを意外に感じたが、
しかもデンドロビウム、コチョウラン・・・
のようなものは見かけたことはまだ一度もないな~
(剪定枝などはよく見るが)
自分も見かけたら拾ってきそう(笑)

★お返事

★ayuさん>
省エネ効果を狙ってLEDを推す政策なのかな。
LEDで明るさや色を調節できるタイプだと、仕事モードと休憩モードを使い分けられるようですよ。
黄色い明かりは物の色が正確に判別できない気もしますが、食べ物が美味しそうに見えるし猫はかわいく見えるよね(笑)

★チョコミントさん>
ライトと机が合体した製図用のトレース台、高額ですよね。
このLEDトレース台は電球の切り替えができないらしく、使い捨てになるのがもったいないですが、寿命が長ければそれなりの付加価値があるかも。
鉢植えを捨てているのはたぶん同じ人です。
母の日や父の日にもらったのを、花が終わって残念な感じになってから捨てているんじゃないかな。
剪定枝といえば、畑の近くでびっしり実をつけたピラカンサをばっさり切っているおたくがありました。
あえてきれいな時期に切るのは、切り花で売るのかもしれません。

ピラカンサを切る! 冬場の貴重な色合いなのに。
切っても実は落ちないのでしょうかねえ。
そういえば、ウメモドキの男木を植木市で植木屋さんに探してくれる様にお願いしたのですが、連絡が無い・・。
うちのは沢山成ってますよというので、それは女木だからですよ、と海月さんに教えてもらった知識を分けてあげました。 最近の植木屋は・・・。

そちらでは土ごと捨てられるのですね。
地元も職場のある柏も、土が捨てられません。
家は庭があるから良いけど、職場のはどんどん植木鉢ごと土が溜まります。 マンション住まいの方には大問題ではないですかねえ。

私も徐々にLED電球に替えているのですが、まだ使える物を捨てるのと、どちらが本当は省エネなのか悩みどころです。

★REIさん>

ピラカンサって実もののなかでもびっしりつくトップテンに入りそう。
市販のウメモドキの苗は、雄木を台木にして雌木をつぎ木してあることもあるそうです。
剪定したり枯れたりして、台木のみが育つと実がならなくなることもあるんだとか。
(昨日買った『趣味の園芸』11月号に書いてありました)
植木屋さんに頼んだことがないんだけど、どこで探してくるのかなあ。

土を捨てられないとは、不便。
庭がないかたは可燃ゴミにこっそり少しずつ出すとかしているのかな。
ここらへんでは鉱物系猫砂や園芸残土は不燃ゴミの日に出せます。
うちのは木の砂なので可燃ゴミ。
LEDに切り替えるの、蛍光管を使い切ってからと思っていましたが、まだ使えるのを捨ててしまいました^^;
環境には優しくない私。

おっ!漫画じゃないトッコさん登場!
漫画では見てたけど、ほんとにテレビの真ん前に座って、
しかもかなりな至近距離でちゃんとした姿勢で
テレビご覧になってるのね〜(笑)
その驚き?で、記事の内容すっ飛んじゃった(^^;)
サトイモ科というと、ミドリのおばさんを思い出します(^ω^)
今日もiPhoneから。ビブ子の相手しながらで、
なおさらうまく打てないわ(>_>)

★ぱんとらさん>

漫画じゃないトッコ(笑)
外見はともかく、やっていることはかなり実態そのものよ。
ミドリのおばさんは湿気好きな観葉植物をからから気候のカリフォルニアのおうちで、霧吹きしまくって育てているんでしたね。
あのかた、帰国して日本の湿潤な場所の植物を見て、自分がそういう環境を欲していたのに気づいたといった話があったなあ。
ビブちはiPhoneの片手間で相手して怒らんの?
てかiPhoneでこんな長文打てるって、若いわね( ̄∀ ̄)
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク