FC2ブログ

ヤマサ蒲鉾のハス花苑

kfc02021-1

kfc02021-2

kfc02021-3

kfc02021-4

kfc02021-5

kfc02021-6

kfc02021-7

kfc02021-8

kfcp02021-1

ヤマサ蒲鉾の工場があるのは知っていましたが、ハスがあるのは神戸新聞で知りました。
ちょうど車が使える日に晴れてよかったです。
同社の蓮の花苑のサイト→

kfcp02021-2

kfcp02021-3

kfcp02021-4

ハスの中に木製の通路があって、花に囲まれることができます。
ところどころみしみしいうので、どきどきしました。

kfcp02021-5

kfcp02021-6

足が生えかけた太ったおたまじゃくしを撮ろうとして、写っていませんでした。
でも水墨画のような写真がとれました。

kfcp02021-7

kfcp02021-8

kfcp02021-9

kfcp02021-10

おばさまがたが山芋と間違えた、ウマノスズクサ。
おびただしい数のジャコウアゲハの幼虫がいました。
木製の棚みたいなのは、さなぎの雨よけでしょうか。

kfcp02021-11

これだけ楽しめて入場無料、太っ腹です。
売店の練り製品も気になりましたが、畑に寄るので手ぶらで去りました。

kfcp02021-12

1こまめでトッコが食べているのはこれです。

kfcp02021-13

すり身でさつま揚げをまた作りました。
今回はゆで卵と、紅生姜と玉ねぎです。
さっちゃんのちぃかまどっぐも食べてみたいなあ。

梅雨の晴れ間、畑での農作業はとても暑かったです。
皆様も熱中症にお気をつけくださいねー。


b_kfd

スポンサーサイト



アサガオは伸びていた

kfc02020-1

kfc02020-2

kfc02020-3

kfc02020-4

kfc02020-5

kfc02020-6

kfc02020-7

kfc02020-8

kfcp02020-1

潮干狩りネットのおかげで、チャンドラー(ブルーベリー)をヒヨドリに食べられずに済みました。
アサガオのサンライズセレナーデは、ほどいて手すり方向に誘引しました。

kfcp02020-2

江戸風情もぽつぽつ咲いています。

kfcp02020-3

kfcp02020-4

kfcp02020-5

ヤブカンゾウ(?)の斑入りも初めて咲きました。
ユリ科で猫には毒なので、猫が届かない場所に植えています。

kfcp02020-6

kfcp02020-7

雨の中、アゲハがサルビアの蜜を吸っていました。
卵を産んでいないときは、心穏やかに見ていられます。

kfcp02020-8

フユが反応していました。


b_kfd



b_kfd

謎の球

kfc02019-1

kfc02019-2

kfc02019-3

kfc02019-4

kfc02019-5

kfc02019-6

kfc02019-7

kfc02019-8

kfcp02019-1

アキメネスの球根が、植付けから10日ほどでここまで育ちました。

kfcp02019-2

ベランダの鉢の開いているところに、何本か植えてみました。

kfcp02019-3

ナメの卵。
孵化する前にみつけて片付けたいです(;´д`)

kfcp02019-4

アマビエ様と斑入りダイダイ。

kfcp02019-5

雨が続くので、アジサイの根元からきのこが生えました。

kfcp02019-6

食べなかったので安心してください。

kfcp02019-7

夜の猫集会で、アサヒとフユとエビスが何か話していました。


b_kfd



b_kfd

アキメネス

kfc02018-1

kfc02018-2

kfc02018-3

kfc02018-4

kfc02018-5

kfc02018-6

kfc02018-7

kfc02018-8

kfcp02018-1

アキメネスはイワタバコ科の花です。
暑さと寒さと直射日光と水切れに弱いんだとか(;´д`)

ちょっとイモムシ感があるアキメネスの球根。
寝かせてそっと埋めておくと、数日で発芽しました。
品種はまぜこぜらしいです。
とりあえず発芽させて、色形が似ているもの同士を集めて植え替えてみようと思います。

kfcp02018-2

kfcp02018-3

このまえ産直の店で500円で買ったイワタバコ。
これは濃い紫の花が咲くとのこと。
葉っぱがだらーんと長く伸びるようです。
イワタバコの仲間でウシノシタという花もあって、そちらは双葉の一枚がずっと伸び続けるんだとか。
牛の舌って長いんですよね。
肉牛農家で牛と一緒に育ったので、リアルに動く牛タンを思い出せます。

kfcp02018-4

kfcp02018-5

セントポーリアもイワタバコ科。
私は水やりしすぎるので、乾湿がわかりやすい素焼き鉢にいくつか植え替えてみました。

kfcp02018-6

こたつ兼、祭壇兼、セントポーリア置き場になりました。

kfcp02018-7

在りし日のアキと、まだ右目が見えていた頃のアサヒ。2016年頃です。
今日はアサヒのうちのこ記念日です。

kfcp01648-7

2011年に保護する直前は、こんなにがりがりだったのよねえ。

kfcp02018-8

大きくなりました、横に。


b_kfd



b_kfd

すり身と猫

kfc02017-1

kfc02017-2

kfc02017-3

kfc02017-4

kfc02017-5

kfc02017-6

kfc02017-7

kfc02017-8

kfcp02017-1

楽天で鹿児島から取り寄せたすり身→
味付けして練ってあるので、袋から搾り出しながら加熱するだけでもオッケーです。
フードプロセッサーがなかった時代、魚をすり身にするのは大変だったので、かまぼこ類はご馳走だったそうです。

kfcp02017-2

今回は人参と玉ねぎを刻んだのを混ぜて揚げました。
青じそではさんで揚げ焼きしたり、ゴボウや紅ショウガやコーンを混ぜたり、ゆで卵をくるんで揚げるのも作りたいです。
揚げたてはとくにおいしいのですが、鹿児島のものなので激甘です。
わさび醤油が合うかも。

kfcp02017-3

バターしょうゆ味の焼きおにぎりとフライドポテト添え。

kfcp02017-4

トッコも夜な夜な食べているようです。

kfcp02017-5

今は亡きハル母さんとナツ、アキのだっこ写真。
猫だけの写真はあっても、自分が一緒に撮る写真はあまりなかったので、撮っておいてよかったです。

kfcp02017-6

kfcp02017-7


b_kfd



b_kfd

一粒で二度おいしい

kfc02016-1

kfc02016-2

kfc02016-3

kfc02016-4

kfc02016-5

kfc02016-6

kfc02016-7

kfc02016-8

kfcp02016-1

アサガオ“江戸風情”の絞りと藍色の花。
同じ品種で違う咲き方をします。真っ白のタイプもあった気がします。

kfcp02016-2

kfcp02016-3

絞り咲きのクレマチス“タイダイ”

kfcp02016-4

トラデスカンチア“プラチナ”というのかな。
メタリックな光り方をします。

kfcp02016-5

斑入りの一種として絞り咲きを含めることもあります。
斑入り好きをフイラー、絞り好きをシボラーと呼ぶらしいです。

kfcp02016-6

バイカラー咲きのセンニチコウ“エレスチャル”
1本の茎から白っぽい花と濃いピンクの花が咲いてます。

kfcp02016-7

センニチコウ“ストロベリーフィールズ”と、在りし日のナツ。
センニチコウは日照りの海月ファームでも元気に咲いてくれました。

kfcp02016-8

大雨に引き続き警戒しましょうね。


b_kfd



b_kfd

雨の月曜日

kfc02015-1

kfc02015-2

kfc02015-3

kfc02015-4

kfc02015-5

kfc02015-6

kfc02015-7

kfc02015-8

おたまじゃくしからカエルになりたての、体長1cmくらいのがあちこちではねていました。
みんな無事成長してほしいなあ。

kfcp02015-1

実つきのサルナシ。
去年、うりうりママに山でごちそうになっておいしかったので、苗を買ってみました。
雄花と雌花があるのでなかなかに沼なのですが、来年も実がなるといいなあ。
イチジクにもひかれましたが、うちにはもう十数本あるので断念。

kfcp02015-2

トケイソウのなかで食べられるものを、クダモノトケイソウ(パッションフルーツ)と呼びます。
これはトケイソウとだけ書かれていたので、実っても食べられないかも。
でも花がきれいだし、他のパッションフルーツの受粉用になると思って買いました。
がくと花びらとおしべは5個ずつなのに、めしべはみっつに分かれているのが不思議。

kfcp02015-3

畑に植えているのは今こんな感じ。
熟すと落ちるので、ネットをかけています。
帰りに畑に植え付けてこようと思ったけど、雨がすごくて断念。
大雨になっているところの皆さん、引き続き警戒してくださいね。

kfcp02015-4

出かけたついでに百円均一のダイソーにも寄りました。
台所のスポンジを壁にくっつけられるシール。
スポンジ入れがじゃまで気になっていたのが、すっきりしました。

kfcp02015-5

ぺらっぺらのシールなのに、耐荷重400gですって。
スポンジがくっつくのはマジックテープみたいな仕組みかな。
ファンデルワールス力(ヤモリが壁にくっつく仕組み)ではないようです。

kfcp02015-6

白猫が支えている形のタワシ。
使わないときは立てておけるのです。
百円均一は猫グッズが多くて、行くとつい余分に買い物してしまいます。

kfcp02015-7

留守番のコマ姉さん。
帰ってからずっと何か文句を言ってました。


b_kfd



b_kfd

バナナの皮

kfc02014-1

kfc02014-2

kfc02014-3

kfc02014-4

kfc02014-5

kfc02014-6

kfc02014-7

kfc02014-8

kfcp02014-1

天気予報ではくもりでしたが、昼からすごく晴れました。
わかってたら今日、洗濯したのに(;´д`)

kfcp02014-2

kfcp02014-3

kfcp02014-4

kfcp02014-5

この前漬けた梅とヤマモモのシロップの果実をひきあげました。
甘酸っぱいデザートになりました。
うさぎの皿はズッキーニときゅうりの糠袋漬けと、ピーマンに豆腐とツナを詰めてしょうゆ味で煮たもの。
トッコはこういうの好んでは食べないので、あとでからあげをもりもり食べていました(;´д`)

kfcp02014-6

kfcp02014-7

おしゃれなシロップびんは高くて使いにくそうだったので、そこらへんにあったもので代用。
たれなくて使いやすいです。


b_kfd



b_kfd

テヅルモヅル

kfc02013-1

kfc02013-2

kfc02013-3

kfc02013-4

kfc02013-5

kfc02013-6

kfc02013-7

kfc02013-8

小さい苗は植え付け時にオルトランなどをちょこっとばらまいておくと、虫に食われずに済むとトッコママから教わったのですが、失念していました。

kfcp02013-1

密に植え付けてしまい、毎年手に負えなくなっています。

kfcp02013-2

草も伸びております。

kfcp02013-3

スイカに名札をたてていたのに、なんか違うのが実っている気がします。
どこで入れ替わったのか…

kfcp02013-4

kfcp02013-5

しましまのマクワウリは、こんな小さいうちからしまがあるのですね。

kfcp02013-6

しましまのカンナ“シュツットガルト”と“ベンガルタイガー”
雨に濡れたスイレンもきれいでした。

kfcp02013-7

しましまといえばコマ姉さん。
頭のスイカ縞からつま先まで、かわいいなあ。

kfcp02013-8

九州で大雨にあわれた皆様にお見舞いもうしあげます。
鹿児島の両親はとくに大きな被害がなく元気でした。

少し前、実家のきれいに実ったナスや甘夏を、野生のニホンザル4頭が食べていてびっくりしたとか。
あのへんに猿が出たことなど今までなかったのに。
この前はキツネも出たし、すみかを追われているのでしょうか。
実家のクジャクも元気らしいです。
電話の後ろでずっと発情鳴きしていました。
父に向かって求愛の尾羽をひろげているそうです。


b_kfd



b_kfd

ミニトマトが硬い

kfc02012-1

kfc02012-2

kfc02012-3

kfc02012-4

kfc02012-5

kfc02012-6

kfc02012-7

kfc02012-8

kfcp02012-1

ベランダのプランターに2株植えたトマト。
窓の上の高さまで到達しました。

kfcp02012-2

kfcp02012-3

アサガオも同居しています。
これは江戸風情という品種で、種まきしてから開花するまでが早かったです。

kfcp02012-4

kfcp02012-5

kfcp02012-6

↑観賞用で食べられない実もの、フユサンゴの斑入り。

kfcp02012-7

フユ氏の記念樹(宿根草だから記念草?)です。
生きているうちに植えたほうが、一緒の写真をたくさん撮れることに気づいたので植えました。
フユは元気です( ̄∀ ̄)


b_kfd



b_kfd

プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク