FC2ブログ

スイカはどこから

kfc02009-1

kfc02009-2

kfc02009-3

kfc02009-4

kfc02009-5

kfc02009-6

kfc02009-7

kfc02009-8

kfcp02009-1

生ゴミ出身のスイカ苗。
去年はスイカは買わなかった気がするので、うちでとれたスイカでしょう。

こぼれ種とか風や鳥に運ばれて生えるのを、天道生えっていうんですってね。
かってに生えたもののほうが、こたつで促成栽培したものより成長がいいです。

kfcp02009-2

コンポスト跡地に睡蓮鉢を置き、すぐ横にカンナを植えました。
分解されるまでは、根菜とかは植えないほうがいいかなと思ったのです^^;

kfcp02009-3

kfcp02009-4

3週間でこの成長ぶり。生ゴミすごい。

kfcp02009-5

堆肥要員のもんじろうもびっくりです。

kfcp02009-6

寝そべっているところをもんじがかけぬけて、ぼうぜんとするキリンでした。

kfcp02009-7


b_kfd



b_kfd

スポンサーサイト



ヤマモモを漬ける

kfc02008-1

kfc02008-2

kfc02008-3

kfc02008-4

kfc02008-5

kfc02008-6

kfc02008-7

kfc02008-8

kfcp02008-1

大阪府泉南郡藤原勝巳さんのヤマモモ、業務スーパーで250円でした。
1粒20gくらい。
記憶にあるヤマモモより大きいです。栽培用の品種かな。
ヤマモモの果実はつぶれやすく傷みやすいため、ほとんど出回りません。

kfcp02008-2

kfcp02008-3

別の店で、品種不明のスモモも安かったです。

kfcp02008-4

うちのスモモ(ハリウッドとバイオチェリー)も、もうじきかなー。
期待が高まります:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

kfcp02008-5

kfcp02008-6

月末恒例、体重測定&爪切り大会。
明日は雨らしいので、予定を早めました。

kfcp02008-7

kfcp02008-8

kfcp02008-9



b_kfd



b_kfd

大種苗交換会(2)

kfc02007-1

kfc02007-2

kfc02007-3

kfc02007-4

kfc02007-5

kfc02007-6

kfc02007-7

kfc02007-8

kfcp02007-1

兵庫県立加西フラワーセンターの大種苗交換会への参加は、今年で4回目。
新型ウイルスの影響や、朝方大雨だったこともあってか、参加者が若干少なかったです。

kfcp02007-2


でもひとりひとりが台車で大量に苗を持ってこられたりしていて、会場のテーブルいっぱいにいろんな種苗が並びました。
会場入り口の外には、フラワーセンター提供の苗がたくさん用意されていました。

kfcp02007-3

kfcp02007-4

車を借りる条件として、トッコを職場に送迎しなくてはなりませんでした。
電車とバスを乗り継いでいってくれたらいいのに…
電動自転車もあるのに…(;´д`)
朝は送迎したその足で会場に向かったら早く着きすぎて、園内や売店を散策もできました。

kfcp02007-5

狛犬とコマ姉さん。

kfcp02007-6

<今回持って行ったもの>
種…アサガオ、イネ、ゴボウ、スミレ、緋紅タンポポ、ヘチマ、ヤマトトウキ、ユウガオ
挿し穂…アジサイ
苗…アジサイ、アロエ、アマナツ、イチジク、スイレン、セネキオ、ハス、ハッカクレン、フジバカマ、モモイロヒルザキツキミソウ

このはさんからいただいたゴボウとユウガオの種が全部もらわれていきました。

<今回もらったもの>
球根…アキメネス、ジャーマンアイリス
苗…サルビア、センニチコウ、ダリア、ドクダミ(斑入りと八重)、フウセントウワタ、ポーチュラカ、ホタルブクロ、ムクゲ

大部分は畑の花壇スペースに植えました。
今年も断捨離にはならなかったです^^;

kfcp02007-7


b_kfd



b_kfd

大種苗交換会(1)

kfc02006-1

kfc02006-2

kfc02006-3

kfc02006-4

kfc02006-5

kfc02006-6

kfc02006-7

kfc02006-8

kfcp02006-1

兵庫県立加西フラワーセンターの「花家族の会」会員になると、年会費2100円で年間パスポートと1800円分のガーデンショップ利用券がついてきます。
無料で種苗をあげたりもらったりする「大種苗交換会」も、会員限定企画です。

kfcp02006-2

たくさん出品して身軽になって帰るはずが、毎回両手いっぱいに何かもらって帰ってきます。
今回の目玉はアジサイとイチジクの謎の寄せ植え。

kfcp02006-3

斑入り葉アジサイの挿し穂も持っていきます。

kfcp02006-4

つぼみいっぱいのスイレンも。
↓この咲いている株です。

kfcp02006-5

kfcp02006-6

4年前の交換会でもらったアガパンサスが、年々花数を増やして咲いています。

kfcp02006-7

コマ姉さんにはまた留守番をお願いします。

kfcp01636-4

6月27日は、エビスとキリンのうちのこ記念日です。
保護して10年たちました。
上は左がキリン、右がエビスかな。

kfcp01636-5

↑指を吸っているのがエビス
目がまだキトンブルーです。

kfcp01636-6

↑左がキリン、右がエビス
大きくなったなあ、横に…


b_kfd



b_kfd

うちの苔寺

kfc02005-1

kfc02005-2

kfc02005-3

kfc02005-4

kfc02005-5

kfc02005-6

kfc02005-7

kfc02005-8

kfcp02005-1

苔テラリウムも金魚鉢の苔玉も、セットしたあとはほとんど世話することがなくて、楽です。
かまいたがりの私には物足りないくらいです。

kfcp02005-2

「趣味の園芸」7月号にも、水苔とモウセンゴケ、ハエトリグサ、サラセニアといった食虫植物で水辺を作ってめだかを飼うやりかたが紹介されています。

kfcp02005-3

kfcp02005-4

しかしサラセニアは大きくなるので、水苔がのみこまれるかも。

kfcp02005-5

ベッドで眠るひとたち。

kfcp02005-6

ガラステーブルもひんやりしていて人気です。

kfcp02005-7



b_kfd



b_kfd

うっかり親子

爬虫類と両生類の画像が出てきます。苦手な方にはごめんなさいねえ。

kfc02004-1

kfc02004-2

kfc02004-3

kfc02004-4

kfc02004-5

kfc02004-6

kfc02004-7

kfc02004-8

kfcp02004-1

記憶の地引網をたぐっていますが、カエルのじょうろのハスくちはまだみつかりません。

kfcp02004-2

網にかかったのは狸の楊枝入れ。
いつなぜ買ったのかあるいはもらったのか、全く記憶にありません。
信楽焼の狸コレクションをしている叔母に献上しようかな。
(だんなさんが狸そっくりなのです)

kfcp02004-3

実家の物置でみつけた小汚いきゅうすにも、花を植えています。

kfcp02004-4

ベランダがますますにぎやかに。

kfcp02004-5

アマビエ様は唐津焼の招き猫の横に鎮座しました。

kfcp02004-6

サンテレビの「手づくり花づくり」の視聴者プレゼントでもらった、とかげの飾りにも多肉を植えています。

kfcp02004-7

トレリスの後ろに本物がおったわ…

kfcp02004-8

猫がみつけたら大騒ぎだったことでしょう。
知らぬが仏です。

kfcp02004-9

ネットを見すぎて老眼が疲れたとき、緑色を見ると目が休まります。


b_kfd



b_kfd

生ごみ堆肥のその後

kfc02003-1

kfc02003-2

kfc02003-3

kfc02003-4

kfc02003-5

kfc02003-6

kfc02003-7

kfc02003-8

kfcp02003-1

生ごみ堆肥を作り始めたのは、2012年5月でした。
当時の堆肥要員は、れお氏。

kfcp02003-2

今の堆肥要員、もんじろう氏。
初期はうさぎ柄の素焼き鉢を使っていました。

kfcp02003-3

kfcp02003-4

「うんちが臭わない袋」というダイレクトな商品名。
姉妹品でおむつ用、生ごみ用があって、じつはどれも同じ素材、同じ防臭力だそうな。
毎回商品名が目に入るので、次からは生ごみ用にしたいと思います。

kfcp02003-5

この前、花が終わったモモイロヒルザキツキミソウを抜いて積み上げました。
宿根草だからそのままにしておけばさらに倍率ドンなのですが、種が散らばって通路や隣区画にまで侵入するのを阻止したいのです。

kfcp02003-6

また犬が足跡を残していました。
動物性の肥料はほじられるので、容器がひっくりかえされないようにしています。

kfcp02003-7

パッションフルーツが2個着果しました。
楽しみ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


b_kfd



b_kfd

驚異と怪異

kfc02002-1

kfc02002-2

kfc02002-3

kfc02002-4

kfc02002-5

kfc02002-6

kfc02002-7

kfc02002-8

kfcp02002-1

兵庫県立歴史博物館の「驚異と怪異」展を初日に見てきました。
ものすごく行きたがっていた関東のぱんとらさんやめんまねえちゃんを差し置いて、悪いわねー( ̄∀ ̄)

kfcp02002-2

行こうか迷っていたのですが、アマビエの原画が展示されるとあって、馳せ参じてきました。

kfcp02002-3

ベンチのさりげない張り紙にもセンスが。

kfcp02002-4

国内外のふしぎな事象がとりあげられていて、現物の持つパワーがすごかったです。
怖かったり不気味ななかにも、一抹のおかしみが。

展示資料は撮影禁止ですが、この「件(くだん)」だけはOKでした。
予言の真偽はともかく、人魚の剥製みたいな作り物じゃないらしいですよ(ΦωΦ)

kfcp02002-5

出口でたまたま毎日新聞さんに取材を受けました。
掲載されるかどうかは不明でございます。

kfcp02002-6

公私ともにお世話になっているハセキョーさんご夫妻から、備前焼のアマビエ像をいただきました。
アマビエの特徴をつかみつつ、かわいらしくてクオリティ高いです。
竹取窯の佐藤和久さんという作家さんの作品です。

kfcp02002-7

kfcp02002-8

フクロウのぬいぐるみも一緒にいただきました。
トッコより数百倍かわいいわー( ̄∀ ̄)


b_kfd



b_kfd

涅槃はすぐそこ

kfc02001-1

kfc02001-2

kfc02001-3

kfc02001-4

kfc02001-5

kfc02001-6

kfc02001-7

kfc02001-8

kfcp02001-1

先日買いそびれたウサギゴケ(ウトリキュラリア・サンダーソニー)を無事ゲットできました。

kfcp02001-2

ミミカキグサ同様に苔玉にしました。

kfcp02001-3

種をまいたハスが、16日でこんなに成長しました。
畑は日当たり抜群なので、さらに成長すると思います。

kfcp02001-4

カンナ“シュツットガルト”と“ベンガルタイガー”の成長も早いです。

kfcp02001-5

kfcp02001-6

kfcp02001-7

自室の天井の蛍光灯がきれたので、ようやくシーリングライトにきりかえました。
キリンがカバーを気に入って、なかなかどいてくれませんでした。


b_kfd



b_kfd

うさこの花びん

kfc02000-1*

kfc02000-2*

kfc02000-3*

kfc02000-4*

kfc02000-5*

kfc02000-6*

kfc02000-7*

kfc02000-8*

kfcp02000-1

和室の押し入れには死蔵品がいろいろありました。

kfcp02000-2

パフィオペディラム(蘭)を植えたら、最初から植えてあったようにジャストフィット。

kfcp02000-3

フクロウも発掘されました。
おそらく30年位前のものです。

kfcp02000-4

kfcp02000-5

昨夜は模様替えでエキサイトした猫がもめてうるさかったです。

kfcp02000-6

寝入りばなとか3時頃に起こすの、ぜひやめていただきたいです。

kfcp02000-7

今日は通常モードに戻って一安心。


b_kfd



b_kfd

プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク