FC2ブログ

乳酸菌の力

kfc01973-1

kfc01973-2

kfc01973-3

kfc01973-4

kfc01973-5

kfc01973-6

kfc01973-7

kfc01973-8

ラーメンのお取り寄せが増えているみたいですが、一般家庭の流しにスープの残りをそのまま流すのは心配です。
飲食店では排水溝の脂処理を定期的にされてるんでしょうね。

kfcp01973-1

乳酸菌水溶液を飲まされるコマ姉さん。
嫌がりますが錠剤をそのまま飲むよりはのどごしがいいようです。
ミヤリサンは人間用の乳酸菌錠剤です。薬局で買いました。
ビオフェルミンやエビオスでもいいかも。

kfcp01973-2

ヨーグルトの水切りは、ざるにキッチンペーパーを敷いていましたが、ペーパーにくっつくのがもったいなかったです。
試しに裏ごし器に何も敷かずに入れてみたら、こびりつきもなくてきれいにとれました。
死蔵していた裏ごし器が活用できてよかったです。

kfcp01973-3

最近はキュウリが安いのでよくぬか漬けにしています。
ぬか袋を使うとぬかを洗い流す手間が省けて、しかもビニール袋で密閉するせいか糠床が長持ちしています。
ぬか袋を使ったレシピはこちらを参考にしました→

kfcp01973-4

今日のスイレン。

kfcp01973-5

kfcp01973-6

kfcp01973-7


b_kfd



b_kfd

スポンサーサイト



亀の池

kfc01972-1

kfc01972-2

kfc01972-3

kfc01972-4

kfc01972-5

kfc01972-6

kfc01972-7

kfc01972-8

kfcp01972-1

タライはこちらのサイトで買いました→

kfcp01972-2

kfcp01972-3

趣のある陶器のスイレン鉢は、水換えが大変なので藻が生えがちです。
肥料をあげると藻が大発生するので、肥料を控えると成長が思わしくないという…

kfcp01972-4

カキツバタとサラセニアも咲きました。

kfcp01972-5

kfcp01972-6

動物の足跡が防草シートに残っています。
犬かなあ。
ほかにカラスっぽい足跡もありました。

kfcp01972-7

ベランダのトサキンはもし畑のたらいに入れたら、カラスかヤゴの餌食になりそうです(;´д`)
実家の亀の様子はこちらの過去記事に→
父は亀にドッグフードを与えています。


b_kfd



b_kfd

シイタケとひよこ

kfc01971-1

kfc01971-2

kfc01971-3

kfc01971-4

kfc01971-5

kfc01971-6

kfc01971-7

kfc01971-8

kfcp01971-1

「世界はほしいモノにあふれてる」という番組のアンティークボタン特集を見て、無粋なジャケットの樹脂製ボタンを、黒蝶貝のボタンに付け替えてみました。

kfcp01971-2

白髪かくしの帽子には、花の形のボタンをプラス。

kfcp01971-3

インスタントコーヒーと砂糖と熱湯を大さじ2ずつ入れて激しく攪拌すると、クリーム状になるというのも試してみました。
どうでもいいことだけど楽しいです。

kfcp01971-4

イチゴ、ミニトマト、サクランボというのは腹の足しにならなくて彩のためのものといわれます。
戦争になったら生産縮小されるだろうと、何かで読みました。

kfcp01971-5

緑色のがきれいだったので、食べまきしたら発芽しましたよ。

kfcp01971-6

kfcp01971-7

私たちの身の回りにある美しい花のなかには、戦時中に贅沢品として栽培を禁止されていたものを、勇気ある先人たちがひそかに育ててとだえないようにしてくれていたものもあるそうです。
ありがたいことです。

kfcp01971-8

昨日犬歯がとれたコマ姉さん。
息をしているか心配になる寝顔ですが、すっかり元気になって、缶詰をもりもり食べて寝ているところです。


b_kfd



b_kfd

犬歯どこ?

kfc01970-1

kfc01970-2

kfc01970-3

kfc01970-4

kfc01970-5

kfc01970-6

kfc01970-7

kfc01970-8

kfcp01970-1

コマはここから落ちたみたいです。
高さは身長の6倍くらい。

kfcp01970-2

今朝、落ちた音に気付いて目が覚めたとき、現場にいたのがフユでした。
火曜サスペンス劇場で犯人を追い詰める刑事役にしましたが、犯人はフユかも。
置きエサの最後のひとくちでキリンともめることもあるので、限りなく黒に近いグレーです。

kfcp01970-3

18歳のコマは人間に換算すると今、100歳くらい。
歯が折れただけで済んだのは御の字かも。
昼過ぎにはもうとんだりはねたりごはんを食べていることに衝撃を受けました。

kfcp01970-4

化膿して腫れたりしないか、しばらく気を抜かずに観察していきます。

kfcp01970-5

kfcp01970-6

kfcp01970-7

まだまだ元気でいてちょうだいよ。


b_kfd



b_kfd

苗の付録

kfc01969-1

kfc01969-2

kfc01969-3

kfc01969-4

kfc01969-5

kfc01969-6

kfc01969-7

kfc01969-8

kfcp01969-1

gerogeroさんからいただいた苗たち。
白いパプリカが3本と、ナスが1本ずつ3種類も。

kfcp01969-2

ナスの葉っぱにくっついていたテントウムシは、ナミテントウのようです。

kfcp01969-3

今年はアブラムシがほとんどいません。
畑から持ち帰ったイチゴのプランターにいたのが、食べ尽くしてしまったのかも。

kfcp01969-4

kfcp01969-5

兵庫県も緊急事態宣言が解除になりました。
街に活気が戻る反面、第二波のおそれもあるので、引き続き気をつけたいです。

kfcp01969-6

休園していた兵庫県立フラワーセンターも、開園するするそうです。
園内が散歩コースだった人も犬もうれしいでしょうね。

植物沼漫画展巡回展をする予定の、姫路市立手柄山温室植物園の開園も待ち遠しいです。
スタッフブログで園内のようすをきれいな画像つきで紹介してくださっているので、心慰められます。

kfcp01969-7


b_kfd


海月ファームグッズの通販受付中。
バナーをクリックすると通販のページに飛びます。


b_kfd

防草シートの足跡

kfc01968-1

kfc01968-2

kfc01968-3

kfc01968-4

kfc01968-5

kfc01968-6

kfc01968-7

kfc01968-8

kfcp01968-1

モモイロヒルザキツキミソウが満開です。

kfcp01968-2

実家からもらったわずか1鉢が、こんなに増えるとは。

kfcp01968-3

よく似たアカバナユウゲショウと同じく、園芸植物として持ち込まれたのが、逃げ出して野生化したそうです。

kfcp01968-4

ニワゼキショウも帰化植物だそうです。
小さくて邪魔にならないしかわいいので、草取りで残しています。

kfcp01968-5

シロツメクサを摘み取って持ち帰り、花かんむりを作るのが恒例になっています。

kfcp01968-6

シロツメクサはもんじろうがおいしくいただきました。

kfcp01968-7



b_kfd



b_kfd

縫い物がはかどらない

kfc01967-1

kfc01967-2

kfc01967-3

kfc01967-4

kfc01967-5

kfc01967-6

kfc01967-7

kfc01967-8

kfcp01967-1

抜け毛を大量にとられて、茫然自失のもんじろう。

kfcp01967-2

今まで使い捨てマスクを使っていたトッコが、布マスクを試したいというので、洗い替えを縫いました。
西村大臣マスクです。

kfcp01967-3

がまぐちも縫いました。
布も口金も百円均一。

kfcp01967-4

ずっと前から作ってみたいと思っていて、年末に材料を買ってあったのよねえ。

kfcp01967-5

kfcp01967-6

猫はさんざん邪魔しておいて「まだやってるの?」という顔をします。


b_kfd



b_kfd

バラじゃないオベリスク

kfc01966-1

kfc01966-2

kfc01966-3

kfc01966-4

kfc01966-5

kfc01966-6

kfc01966-7

kfc01966-8

何年か前に運動不足解消のためにフラフープを買ったのですが、一度も回せませんでした。

kfcp01966-1

オベリスクの値札がよく見えなくて、安いなあとレジに持って行ったら、千の位を見落としていました・°・(ノД`)・°・

kfcp01966-2

kfcp01966-3

↑ミニバラの“シュネープリンセス”

kfcp01966-4

↑つる“サマースノー”

kfcp01966-5

↑“レイニーブルー”

kfcp01966-6

↑去年4月にwoojyanさんからいただいたミニバラ“ローズフォーエバー”がたくさんつぼみをつけてくれました。

kfcp01966-7

↑“ガブリエル”と同じくらいの花径です。

kfcp01966-8

kfcp01966-9

今年は雨が少なかったせいか、どのバラも病害虫が出ずにきれいに咲いてくれました。


b_kfd


海月ファームグッズの通販受付中。
バナーをクリックすると通販のページに飛びます。


b_kfd

メンデルの豆

kfc01965-1

kfc01965-2

kfc01965-3

kfc01965-4

kfc01965-5

kfc01965-6

kfc01965-7

kfc01965-8

鹿児島弁で「交雑する」ことを「げる」といいます。
よそにもそんな方言があるのかな。

kfcp01965-1

種苗法が改訂されると、品種によっては種をとったり挿し穂や株分けで増やすことができなくなるとか。
そしてご禁制の指定品種が増える傾向だそうです。
育てたいものが育てられなくなるのは困ります(;´д`)

kfcp01965-2

ワイルドストロベリーは地面から離れて実がなるので、害虫被害がわりと少ないです。
カラスもなぜかあまり食べません。
これは去年買った1株から5株を株分けしたものです。

kfcp01965-3

kfcp01965-4

親株はベランダのこれですよ。

kfcp01965-5

出始めは少ないのでもんじにばかり食べさせていて、昨日はじめて私も食べました。

kfcp01965-6

とれたて野菜はおいしいけど、一度にたくさん筋をとるのはかなり面倒です。
実家にいたころはよくやらされました。

農家のお母さんたちは農繁期でくたびれて帰って、豆の筋をとったりするんでしょうか。
海月の母は手が回らなくてお惣菜を買っていました。

kfcp01965-7

もんじにクローバーの花かんむりをかぶせ、イチゴで気を引いて撮影しました。
猫と違ってあまり気にせずかぶってくれます。

kfcp01965-8

花かんむりも、もんじがおいしくいただきました。


b_kfd


海月ファームグッズの通販受付中。
バナーをクリックすると通販のページに飛びます。


b_kfd

共鳴

カエルの画像が出てきます。苦手な方にはごめんなさいねえ。

kfc01964-1

kfc01964-2

kfc01964-3

kfc01964-4

kfc01964-5

kfc01964-6

kfc01964-7

kfc01964-8

kfcp01964-1

ヒーターがいらない季節になりました。
イエアメガエルのアメちゃんは元気いっぱいです。

kfcp01964-2

太りすぎて幼少期のようには高い位置にはくっつけません。

kfcp01964-3

弟分のテンちゃんは食欲不振の時期らしいです。
ときどきがまぐちをこじあけて強制給餌しています。

kfcp01964-4

美声のカジカ、菊三郎は最近鳴きませんが、元気なのでよしとします。

kfcp01964-5

トノサマたちも食欲旺盛です。
背筋が少し緑っぽい右の子がわび、左の子がさびです、たぶん。

kfcp01964-6

カエル担当大臣のキリンです。

kfcp01964-7


b_kfd


海月ファームグッズの通販受付中。
バナーをクリックすると通販のページに飛びます。


b_kfd

プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク