FC2ブログ

ヘーゼルナッツの花粉

kfc01978-1

kfc01978-2

kfc01978-3

kfc01978-4

kfc01978-5

kfc01978-6

kfc01978-7

kfc01978-8

kfcp01978-1

↑斑入りナラガシワ“アルゲンテオ・マルギナータ”
アルデンテ、カルボナーラ、ボラギノールとごっちゃになりがちです。
今日はカラーリーフの画像を並べてみます。

kfcp01978-2

↑斑入りオモト、ヤブラン“ピュアブロンド”

kfcp01978-3

↑斑入りハランと斑入りユキノシタ

kfcp01978-4

↑斑入りゲッケイジュ
なかなか大きくならず、まだ料理に使っていません。

kfcp01978-5

↑斑入りのユーフォルビア

kfcp01978-6

↑トウガラシ“パープルフラッシュ”

kfcp01978-7

斑入りじゃないけどどんぐりつながりで。
植わっているのはセダムと大島の甘夏です。

kfcp01978-8

フライパンとバターとマヨネーズで焼いたトースト。
トッコを描こうとして、手元が狂いました。


b_kfd



b_kfd

スポンサーサイト



おうち花鳥園

kfc01977-1

kfc01977-2

kfc01977-3

kfc01977-4

kfc01977-5

kfc01977-6

kfc01977-7

kfc01977-8

kfcp01977-1

月末恒例、体重測定&爪切り大会。
明日は天気が崩れそうなので、1日前倒しで実施しました。

kfcp01977-2

もんじろうの爪は猫より太いので、屋外の明るいひざしで血管を確認しながら切るほうが、深爪を防げるのです。

kfcp01977-3

うさぎはひっくりかえされると気絶状態になって、爪切りがしやすいです。
でもこれは内臓が圧迫される姿勢なので、長時間はよくないのだとか。

kfcp01977-4

kfcp01977-5

kfcp01977-6

バレリーナのような花が咲くフクシア。

kfcp01977-7

kfcp01977-8

神戸花鳥園(今の神戸どうぶつ王国)に行ったのはいつだったか…
池に花を浮かべてあったような記憶がありますが、もしかしたら別の施設だったかも。

kfcp01977-9

金魚ゼリーの金魚がちぎれて、スプラッタな感じに。
赤い部分はやはり凍らせて形をキープしてから型抜きするのがいいようです。


b_kfd



b_kfd

セントポーリアが密

kfc01976-1

kfc01976-2

kfc01976-3

kfc01976-4

kfc01976-5

kfc01976-6

kfc01976-7

kfc01976-8

kfcp01976-1

セントポーリアの師匠からいただいた苗が、この冬も楽しませてくれました。

kfcp01976-2

kfcp01976-3

葉っぱが多すぎてきゅうくつそうなものは、古い葉っぱを落として株分けして植え替えたりしています。

kfcp01976-4

kfcp01976-5

猫タワーマンションの外壁も、セントポーリアでぎゅうぎゅうです。

kfcp01976-6

網戸は猫が破かないよう金網でガードしています。
今年は感染症対策で網戸にするおたくも多いかも。
猫のいるおうちの人は、お互い気を付けましょうねえ。

kfcp01976-7

ところで7年前に保護譲渡したキジトラ猫のこたつくんのパパから、幸せな様子をブログで見せていただきました。→
今、体重は7kgくらいだそうです。
画像はキリンですが、こたつくんが成長するにつれて、キリンと似ている気がしてきました。
特に体型が( ̄∀ ̄;)


b_kfd



b_kfd

どこからきてどこへいくのか

爬虫類の画像が出てきます。苦手な方にはごめんなさいよ。

kfc01975-1

kfc01975-2

kfc01975-3

kfc01975-4

kfc01975-5

kfc01975-6

kfc01975-7

kfc01975-8

kfcp01975-1

去年もここに小さなヤモリがいて、猫を出さないほうのベランダにリリースしたのでした。
壁伝いに移動してきたのか、別の個体なのか。
しかも2匹いるし。
ムチムチ太ってかわいかったです。

kfcp01975-2

今日のぽっちゃりさん。

kfcp01975-3

kfcp01975-4

いろんな虫除けグッズが売られていますが、ヤモさんや農園長や猫や金魚のことを思うと、使えるものは限られてきます。
今年も腕に巻く「どこでもベープ未来」と、蚊取り線香の併用になりそうです。
畑では帽子にかぶせるネットも使います。

kfcp01975-5

以前は手作りミントスプレーも使っていましたが、ハチが寄ってくる気がするのでやめました。

kfcp01975-6

おすすめがありましたら、教えてくださいねー。

kfcp01975-7


b_kfd



b_kfd

あと144年

kfc01974-1

kfc01974-2

kfc01974-3

kfc01974-4

kfc01974-5

kfc01974-6

kfc01974-7

kfc01974-8

kfcp01974-1

植えてから6年たつシクラメン“ヘデリフォリウム”の球根。
馬糞に似ているのでバフンちゃんと呼んでいます。
ぐるぐる巻きの茎の先に、実がなっています。

kfcp01974-2

シクラメン“グラエカム”の実生苗。
種をまいて半年たちました。
開花は数年後かな。

kfcp01974-3

そろそろシクラメンの花期もおわりです。

kfcp01974-4

kfcp01974-5

kfcp01974-6

葉っぱをつけたまま夏越しできるといいのですが、葉っぱが全部枯れた場合は、水やりをやめて休眠させることになります。

kfcp01974-7

シクラメン“プラチナリーフ”は葉っぱが落ちてきたので、球根を掘り上げて冷蔵してみようと思います。

kfcp01974-8

原種シクラメン“プルプラセンス”
原種は長生き傾向なので、枯らさないようお世話できたらいいなあ。


b_kfd



b_kfd

乳酸菌の力

kfc01973-1

kfc01973-2

kfc01973-3

kfc01973-4

kfc01973-5

kfc01973-6

kfc01973-7

kfc01973-8

ラーメンのお取り寄せが増えているみたいですが、一般家庭の流しにスープの残りをそのまま流すのは心配です。
飲食店では排水溝の脂処理を定期的にされてるんでしょうね。

kfcp01973-1

乳酸菌水溶液を飲まされるコマ姉さん。
嫌がりますが錠剤をそのまま飲むよりはのどごしがいいようです。
ミヤリサンは人間用の乳酸菌錠剤です。薬局で買いました。
ビオフェルミンやエビオスでもいいかも。

kfcp01973-2

ヨーグルトの水切りは、ざるにキッチンペーパーを敷いていましたが、ペーパーにくっつくのがもったいなかったです。
試しに裏ごし器に何も敷かずに入れてみたら、こびりつきもなくてきれいにとれました。
死蔵していた裏ごし器が活用できてよかったです。

kfcp01973-3

最近はキュウリが安いのでよくぬか漬けにしています。
ぬか袋を使うとぬかを洗い流す手間が省けて、しかもビニール袋で密閉するせいか糠床が長持ちしています。
ぬか袋を使ったレシピはこちらを参考にしました→

kfcp01973-4

今日のスイレン。

kfcp01973-5

kfcp01973-6

kfcp01973-7


b_kfd



b_kfd

亀の池

kfc01972-1

kfc01972-2

kfc01972-3

kfc01972-4

kfc01972-5

kfc01972-6

kfc01972-7

kfc01972-8

kfcp01972-1

タライはこちらのサイトで買いました→

kfcp01972-2

kfcp01972-3

趣のある陶器のスイレン鉢は、水換えが大変なので藻が生えがちです。
肥料をあげると藻が大発生するので、肥料を控えると成長が思わしくないという…

kfcp01972-4

カキツバタとサラセニアも咲きました。

kfcp01972-5

kfcp01972-6

動物の足跡が防草シートに残っています。
犬かなあ。
ほかにカラスっぽい足跡もありました。

kfcp01972-7

ベランダのトサキンはもし畑のたらいに入れたら、カラスかヤゴの餌食になりそうです(;´д`)
実家の亀の様子はこちらの過去記事に→
父は亀にドッグフードを与えています。


b_kfd



b_kfd

シイタケとひよこ

kfc01971-1

kfc01971-2

kfc01971-3

kfc01971-4

kfc01971-5

kfc01971-6

kfc01971-7

kfc01971-8

kfcp01971-1

「世界はほしいモノにあふれてる」という番組のアンティークボタン特集を見て、無粋なジャケットの樹脂製ボタンを、黒蝶貝のボタンに付け替えてみました。

kfcp01971-2

白髪かくしの帽子には、花の形のボタンをプラス。

kfcp01971-3

インスタントコーヒーと砂糖と熱湯を大さじ2ずつ入れて激しく攪拌すると、クリーム状になるというのも試してみました。
どうでもいいことだけど楽しいです。

kfcp01971-4

イチゴ、ミニトマト、サクランボというのは腹の足しにならなくて彩のためのものといわれます。
戦争になったら生産縮小されるだろうと、何かで読みました。

kfcp01971-5

緑色のがきれいだったので、食べまきしたら発芽しましたよ。

kfcp01971-6

kfcp01971-7

私たちの身の回りにある美しい花のなかには、戦時中に贅沢品として栽培を禁止されていたものを、勇気ある先人たちがひそかに育ててとだえないようにしてくれていたものもあるそうです。
ありがたいことです。

kfcp01971-8

昨日犬歯がとれたコマ姉さん。
息をしているか心配になる寝顔ですが、すっかり元気になって、缶詰をもりもり食べて寝ているところです。


b_kfd



b_kfd

犬歯どこ?

kfc01970-1

kfc01970-2

kfc01970-3

kfc01970-4

kfc01970-5

kfc01970-6

kfc01970-7

kfc01970-8

kfcp01970-1

コマはここから落ちたみたいです。
高さは身長の6倍くらい。

kfcp01970-2

今朝、落ちた音に気付いて目が覚めたとき、現場にいたのがフユでした。
火曜サスペンス劇場で犯人を追い詰める刑事役にしましたが、犯人はフユかも。
置きエサの最後のひとくちでキリンともめることもあるので、限りなく黒に近いグレーです。

kfcp01970-3

18歳のコマは人間に換算すると今、100歳くらい。
歯が折れただけで済んだのは御の字かも。
昼過ぎにはもうとんだりはねたりごはんを食べていることに衝撃を受けました。

kfcp01970-4

化膿して腫れたりしないか、しばらく気を抜かずに観察していきます。

kfcp01970-5

kfcp01970-6

kfcp01970-7

まだまだ元気でいてちょうだいよ。


b_kfd



b_kfd

苗の付録

kfc01969-1

kfc01969-2

kfc01969-3

kfc01969-4

kfc01969-5

kfc01969-6

kfc01969-7

kfc01969-8

kfcp01969-1

gerogeroさんからいただいた苗たち。
白いパプリカが3本と、ナスが1本ずつ3種類も。

kfcp01969-2

ナスの葉っぱにくっついていたテントウムシは、ナミテントウのようです。

kfcp01969-3

今年はアブラムシがほとんどいません。
畑から持ち帰ったイチゴのプランターにいたのが、食べ尽くしてしまったのかも。

kfcp01969-4

kfcp01969-5

兵庫県も緊急事態宣言が解除になりました。
街に活気が戻る反面、第二波のおそれもあるので、引き続き気をつけたいです。

kfcp01969-6

休園していた兵庫県立フラワーセンターも、開園するするそうです。
園内が散歩コースだった人も犬もうれしいでしょうね。

植物沼漫画展巡回展をする予定の、姫路市立手柄山温室植物園の開園も待ち遠しいです。
スタッフブログで園内のようすをきれいな画像つきで紹介してくださっているので、心慰められます。

kfcp01969-7


b_kfd


海月ファームグッズの通販受付中。
バナーをクリックすると通販のページに飛びます。


b_kfd

プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク