FC2ブログ

作品展最終日、超大物ゲスト

写真家の中島久美子さんとの二人展「島をつなぐ」、本日最終日でした。
おかげさまでつつがなく閉幕を迎えることができました。
今日は猫友のamesyoさんとねこぐうさんが来られて、おふたり同士は面識がなかったのに、すぐさま猫談義でもりあがっておられました。
昨日もクロタンママとうりうりママがすぐさま連絡をとりあう仲に。
その後、海月がマトリョミンという楽器を習っていた頃に知り合った、くりりんさんも来てくださり、本日も盛況でございました。
そのなかでも一番びっくりしたのがこのかた。

kfcp01660-1

「ぼく、小達庵でのんびり寝とったのに」

kfcp01660-2

「リュックに入れられて、気がついたらこんなとこに連れてこられてん」

kfcp01660-3

「こ、この人は!」

kfcp01660-4

「川沿いの竹やぶでぴゃーぴゃー鳴いていたぼくを保護した人やないですか」

kfcp01660-5

というわけで、海月保育園一期生、こたつ君が来てくれました。
7kgの巨体に成長したこたつくん、元気そうでばあやはうれしいですよ・°・(ノД`)・°・

kfcp01660-6

こたつパパに里子にしてもらったころのお写真。あれから6年。立派になったねえ。
手のひらサイズだったのが、いまや7kg。
ご近所の豪邸から、暑いなかとうちゃんと一緒にタクシーでかけつけてくれました。
こたつくん、パパさん、ありがとう。

kfcp01660-7


kfcp01660-8

キリン「あのちっちゃかったこた坊が...」

こたつくんとビール三姉妹を保護した場所は、ほんの数十mしか離れていません。
もしかして血縁なのかも。特にキリンが似ています。
とくに体格が。

kfcp01660-9

「レディと7kgの好青年を一緒にせんといて」

昨日の記事に書いたGOあやさんの件、来場されてたのはやはりご本人だったそうです。
ギャラリーには彼女の作品も置かれていました。
名作なのに、トイレの足元に置かれていて、気づきませんでした^^;

kfcp01660-10

猫つながり、生き物つながりの知り合いの皆様のおかげもあり、大盛況でした。
みなさんハンセン病のことを熱心に理解しようとしてくださっているのがひしひしと感じられて、作品展をやってよかったなあと思いました。
農園ブログなのに連日カテゴリ違いの記事をアップしていますが、これも何かのご縁と思って、おつきあいいただければ幸いです。


b_kfd
スポンサーサイト
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク