FC2ブログ

病気のデパート

kfc01639-1

kfc01639-2

kfc01639-3

kfc01639-4

kfc01639-5

kfc01639-6

kfc01639-7

kfc01639-8

kfcp01639-1

もんじろうの術後の経過は順調です。
フユと違って傷をぜんぜんなめないので、きれいにふさがっています。

kfcp01639-2

検査結果は獣医師さんがかいつまんで説明してくれました。
良性のもので、きれいに取り去ってもらったので一安心。
うちは子供がいないので、「古林もんじろう」と書かれているのがなんだかうれしいです(*´ω`*)

kfcp01639-3

今日もイチゴを食べました。

kfcp01639-4

kfcp01639-5

傷を気にしてエリザベスカラーをねじまげてなめていたため、治りが遅いフユ氏。
今のプチプチカラーに変えてからはなめていません。
次の通院で脱エリカラのお許しが出るかな。

kfcp01639-6

月末恒例の体重測定。
ナツの体重がどんどん減るのが悲しくて、4月と5月は測りませんでしたが、具合が悪いときほど測った方がいいかもです。
幸い、ナツは盛り返しました。他のみんなも落ち着いています。

kfcp01639-7

自発的に体重計に乗るひとたち。
体重計に乗せてほめながら腰パンマッサージをしてあげていたら、自然に乗るようになりました。

kfcp01639-8

横綱キリンの増量も、伸びがおさまってほっとしました。


b_kfd
スポンサーサイト



ネジバナが飛んできた

kfc01638-1

kfc01638-2

kfc01638-3

kfc01638-4

kfc01638-5

kfc01638-6

kfc01638-7

kfc01638-8

kfcp01638-1

今年もネジバナを見られてよかったです。

kfcp01638-2

雨がたっぷり降ったので、花壇のセダムがぷりぷりしています。

kfcp01638-3

大種苗交換会でもらってきたホウセンカも、しおれることなく根付きつつあるようです。

kfcp01638-4

kfcp01638-5

kfcp01638-6

剪定が遅かったラベンダーですが、きれいに咲きました。

kfcp01638-7

今日はナツとフユの通院日でした。
経過は順調で、ナツはまた通院間隔を空けていきます。

kfcp01638-8

フユは尻の傷がふさがるまで、もうしばらくえりまきライフです。
えりまきがじゃまで毛づくろいできない部分をブラッシングすると、機嫌がよくなります。


b_kfd

百日・千日

kfc01637-1

kfc01637-2

kfc01637-3

kfc01637-4

kfc01637-5

kfc01637-6

kfc01637-7

kfc01637-8

kfcp01637-1

マンション花壇のニチニチソウ。
去年の大種苗交換会でもらった苗から生えた実生苗です。
間引いてあちこちに移植しました。

kfcp01637-2

百日草はとても派手な色でした。
花壇はあえて自分では植えない派手色を多用しています。

kfcp01637-3

このアガパンサスは、3年前の大種苗交換会でもらったもの。
年々花数が増えて豪華になっています。

kfcp01637-4

今日のもんじ。

kfcp01637-5

kfcp01637-6

kfcp01637-7

G20のニュースの陰になってあまり報道されていませんが、ハンセン病家族訴訟、勝訴でよかったです。
国の政策が誤っていたのは確かですが、それにのっかって患者や家族にいじわるした人たちは罰せられなくていいのか…
この判決を見ずに亡くなった人たちも多いことでしょう。
そんなことを思いつつ、今日は作品展で配る予定の案内図を描いていました。

kfcp01637-8

7月の作品展トークイベントの参加申し込み、受付中です。
座席とデザートの数に限りがありますので、ご希望のかたはお早めにお申し込みくださいね。


b_kfd

すはま団子

kfc01636-1

kfc01636-2

kfc01636-3

kfc01636-4

kfc01636-5

kfc01636-6

kfc01636-7

kfc01636-8

kfcp01636-1

ピーナツバターを使ったすはま風団子。型はこちら→
きなこぎっしりなので満腹感があります。

kfcp01636-2

今日6月27日は、ビール三姉妹のうちキリンとエビスを保護したうちのこ記念日です。

kfcp01636-3

あの日から9年。大きくなったね…縦に横に。

kfcp01636-4

kfcp01636-5

kfcp01636-6

kfcp01636-7

アビシニアン姉妹と暮らすまろにゃんさんから、猫ごはんをいただきました。
21歳で大往生したご長寿猫、アビちゃんにあやかりたいものです。

kfcp01636-8

まろにゃんさん、ありがとう。


b_kfd

トウモロコシと農園長

kfc01635-1

kfc01635-2

kfc01635-3

kfc01635-4

kfc01635-5

kfc01635-6

kfc01635-7

kfc01635-8

kfcp01635-1

今日はアマガエル農園長がふたりいました。

kfcp01635-2

黄色い実のインゲンが少しずつとれています。

kfcp01635-3

小玉スイカも小さいのが実っていました。
網袋に入れて野生動物から守らねば。

kfcp01635-4

フルーツホオズキは種が落ちて毎年生えてきます。
ジャングル化して近寄れず、一個も収穫できなかった年もあったっけ。

kfcp01635-5

とれたて人参が甘くておいしいです。
柔らかく煮てバターと塩と砂糖で味付けしたのを、トッコがあらかた食べてしまいました。

kfcp01635-6

kfcp01635-7

動物病院でもんじろうの摘出したたまたまを組織検査に出していたのが、結果が出ました。
肥大した右のたまたまの腫瘍は良性。
なぜか萎縮した左のたまたまもきれいにとれたので、大丈夫でしょうとのこと。
傷を気にするそぶりもほとんどなくなりました。

kfcp01635-8

この躍動感をごらんください。


b_kfd

エリザベスカラー

kfc01634-1

kfc01634-2

kfc01634-3

kfc01634-4

kfc01634-5

kfc01634-6

kfc01634-7

kfc01634-8

kfcp01634-1

肛門のうが破裂して療養中のフユ氏。
えりまきで傷口がなめられないのはいいのですが、本にゃんにとってはストレスらしいです。

kfcp01634-2

kfcp01634-3

こうがんに腫瘍ができて、去勢手術を受けたもんじろう氏。
今日はワイルドストロベリーをたくさん食べました。

kfcp01634-4

17歳の長老コマ姉さん。
食欲に波があるものの、おおむね元気です。

kfcp01634-5

kfcp01634-6

明日はフユの再診、土曜日はナツの点滴です。

kfcp01634-7

記録的に梅雨入りが遅れている関西も、木曜日から雨続きになりそうです。
大雨被害がない程度のおしめりがあるといいなあ。


b_kfd

ブルーベリー泥棒

kfc01633-1

kfc01633-2

kfc01633-3

kfc01633-4

kfc01633-5

kfc01633-6

kfc01633-7

kfc01633-8

kfcp01633-1

今年はじめて実ったブルーベリー。
木が若いので摘果して、少数精鋭で育てていたのに、ヒヨめ( ̄ー ̄;

kfcp01633-2

「趣味の園芸」最新号に、ブルーベリー特集が。
鳥の食害については「網をかぶせて防御する」といったことが1行書かれていただけでした。

kfcp01633-3

今までベランダの果物を鳥に食べられたことはなかったのです。
ニャコムに病気が相次いで、隙を狙ったのかも。

kfcp01633-4

kfcp01633-5

kfcp01633-6

赤いめしべのフェイジョアの花。
受粉樹がなくても1本で実るという品種ですが、今まで実ったことがありません。
今年はジベレリンをスプレーしてみました。どうなるかなー。

kfcp01633-7

きのう、フラワーセンターで見かけた植栽のナツハゼ。
ブルーベリーと同じツツジ科スノキ属。黒く熟した実をジャムや果実酒にして食べられるとか。
鹿児島では絶滅危惧種に指定されているそうです。

kfcp01633-8

フユの尻の傷はだいぶふさがってきたようです。
エリザベスカラーもあと少し。


b_kfd

大種苗交換会2019

kfc01632-1

kfc01632-2

kfc01632-3

kfc01632-4

kfc01632-5

kfc01632-6

kfc01632-7

kfc01632-8

kfcp01632-1

兵庫県立加西フラワーセンターの、会員限定企画、大種苗交換会。
苗をやりとりするのと、園芸談義ができるお友達を探すのと、いろんな交流ができそうです。
隣の席にいた女性が、去年も隣にいたことが判明。
お互いに自己紹介したり園芸の話をしたりして、楽しかったです。
電話番号を公表してしまったおじいさんも、いいお相手がみつかっていたらいいけど。

たくさんの苗や種がただで手に入るとあって、皆さん一斉にほしいものに向かっていました。
今朝切ったばかりのような挿し穂などもあり、お店とは一味違うラインナップでした。
私が持って行ったサボテンの白檀や、woojyanさんからいただいて増やしたトラデスカンチアなど、持参したものすべて貰い手がつきました。
畑ワサビも人気で、4、5本ずつ10袋に分けて袋詰めしたものが、あっという間になくなりました。

kfcp01632-2

ホウセンカやセンニチコウ、ゼラニウム、スイセンノウは、マンションの花壇に植える予定です。

kfcp01632-3

リスのしっぽ、うさぎのしっぽというイネ科の草の種。
前にも種をいただいて植えたのがなかなか生えなかったのだけど、今度は成功させたいです。

kfcp01632-4

いい気分転換になりました。
留守番していた土星猫。

kfcp01632-5

わっかが小さいと傷口をなめてしまい、大きいと移動や飲み食いがしづらいという…

kfcp01632-6

kfcp01632-7

梱包材のプチプチで自作したものが、動きやすく傷もなめられないサイズでよかったです。


b_kfd

肛門のう破裂

kfc01631-1

今日の漫画はこれだけです。
フユのおけつに穴が開いて、動物病院へ連れて行ってきました。
肛門のわきにある肛門のうという袋が詰まって、破裂したのです。
通常は排便時に少しずつ分泌物が出て、臭いつけなどに使われるのですが、内容物がどろっとしていると詰まりやすく、出口をなくして破裂したそうな。

kfcp01631-1

おしりを気にしてしきりになめたり、おしりでスキーしていたら要注意だそうです。
「肛門のうしぼり」の処置を受けるフユの悲鳴が、待合室にまで響きました。

kfcp01631-2

傷口をなめないよう、しばらくえりまき猫になります。

kfcp01631-3

ナツともんじはぼちぼち元気です。

kfcp01631-4

先日の腎臓エコー検査で毛刈りされたおなかが寒々しいです。

kfcp01631-5

うちのヤローズはそろいもそろって病院通い。
日頃不摂生を重ねているトッコも、要注意かもしれません。

kfcp01631-6

kfcp01631-7

kfcp01631-8

kfcp01631-9

うちは女子の方がタフですねえ(ΦωΦ)


b_kfd

畑ワサビのその後

kfc01630-1

kfc01630-2

kfc01630-3

kfc01630-4

kfc01630-5

kfc01630-6

kfc01630-7

kfc01630-8

kfcp01630-1

畑ワサビ(ホースラディッシュ)は、沢ワサビと違って暑さや乾燥に強く、植えっぱなしでどんどん大きくなります。

kfcp01630-2

ジャンボにんにくの花がきれいです。

kfcp01630-3

コンニャク芋の茎葉もぐんぐんのびています。

kfcp01630-4

北隣区画の奥さんが、アマガエルがいると教えてくれました。
「かわいいよねえ」「かわいいですよね」
と話していて、思わずカエルを飼っている話をしそうになりました。
が、これも秘密です。

kfcp01630-5

きのう、ジャガイモを掘りました。

kfcp01630-6

ズッキーニは北隣の奥さんがくれました。

kfcp01630-7

療養中のナツともんじろうは、ぼちぼち元気です。

kfcp01630-8

皆様も暑さに負けないよう、元気でおすごしくださいね。


b_kfd
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク