FC2ブログ

リンゴとウサギ

kfc01366-1*

kfc01366-2*

kfc01366-3*

kfc01366-4*

kfc01366-5

kfc01366-6

kfc01366-7

kfc01366-8

kfcp01366-1

クラブアップル“ロイヤリティー”が今年は豊作です。
植えて7年、樹高1mくらいで成長が止まっています。

kfcp01366-2

kfcp01366-8

味は渋めで、食べられないことはないけど、それほどおいしくない感じ。
果肉はさらさらしていて、うさぎりんごにするにはちょっと難しかったです。

kfcp01366-3

もんじろうのおやつにジャストサイズ。

kfcp01366-4

りんごはうさぎにあげるには糖度が高いので、あげすぎは禁物なのです。
バラ科の果物の種には、弱い毒性があるらしいので、なるべくとりのぞいてあげています。

kfcp01366-5

kfcp01366-6

月末恒例、体重測定と爪切り大会のようすです。
今月は前倒しで、晴れている日に実施しました。

kfcp01366-7

もんじろう2.35kg(前月比+0.05)、コマ3.15kg(+0.05)、ナツ5.55kg(-0.05)、フユ5.5kg(+0.05)、キリン5.75kg(+0.05)、エビス5.5kg(+0.1)、アサヒ4.3kg 。
先月までに急増していたナツをのぞいて、ほぼ全員微増傾向。
海月は明日から月曜断食をする予定です。
何日続くかな( ̄∀ ̄;)


b_kfd
スポンサーサイト

おしらせ石

kfc01365-1

kfc01365-2

kfc01365-3

kfc01365-5

kfc01365-4

kfc01365-6

kfc01365-7

kfc01365-8

kfcp01365-1

リトープスの飾りに使っていた化粧石。
魚の水槽に敷く石として売られていましたが、そこらへんの小石でも色が変わるものなら使えると思います。

kfcp01365-2

ビカクシダやコチョウランなどの着生植物は、野生では木にくっついています。
根っこが日差しを浴びても大丈夫なので、透明な容器に入れて育てられます。
容器の中にこの石を入れていて、外側から湿り具合を把握できます。

kfcp01365-3

容器が透明でない場合、赤玉土や鹿沼土でも代用できます。
用土に混ぜておけば、色を見て湿り具合を判断できます。

kfcp01365-4

ところで屋外用ソーラーランタンを買いました。

kfcp01365-5

1日めいっぱい直射日光にあてて、この程度です。
本を読める明るさには程遠いかな…

kfcp01365-6

先日取り寄せた折りたたみ式ソーラーパネルは、充電できない不良品だったことが判明。
お店に問い合わせて返品しました・°・(ノД`)・°・

台風が接近中。皆様引き続き警戒しましょうね。


b_kfd

枝葉末節

kfc01364-1

kfc01364-2

kfc01364-3

kfc01364-4

kfc01364-5

kfc01364-6

kfc01364-7

kfc01364-8

kfcp01364-1

リトープスは蒸れやすいので、土で埋めるのは根元だけにして、上は風通しをさまたげない化粧石などで固定するといいようです。

kfcp01364-2

セダムはマンションの花壇からむしってきました。

kfcp01364-3

はさみでみじん切りにしてばらまくと、数ヶ月で元のようにふっくらもりもり育ちます。

kfcp01364-4

ついでに花壇のぶんもばらまいておきました。

kfcp01364-5

多肉三姉妹ポッチャリーズ。

kfcp01364-6

kfcp01364-7

NHKの樹木希林さんのドキュメンタリーを見ました。
演技の話ももちろんよかったのだけど、希林さんの私服がどれもすてきでした。
藍染に白い刺し子のワンピースとか、もしかして手縫いかしら。
というわけで、本筋とはあまり関係ないすみっこばかり見てしまうのでした。


b_kfd

出まかせ園芸

kfc01363-1

kfc01363-2

kfc01363-3

kfc01363-4

kfc01363-5

kfc01363-6

kfc01363-7

kfc01363-8

kfcp01363-1

マンション花壇のセダムとオキザリス。

kfcp01363-2

ニチニチソウ、挿し芽で増やしたポーチュラカとムラサキゴテン、毎年咲いている白いヒガンバナ。

kfcp01363-3

kfcp01363-4

花壇の脇の土がむきだしの通路に、朝顔が咲いていました。
たぶんめんまねえちゃんからいただいた種が育ったものです。
支柱をしてなくて、地面を這うようにして咲いています。
小さくて薄いブルーが可憐です。

kfcp01363-5

側溝のふたの木でできた部分に、きのこがはえていました。

kfcp01363-6

kfcp01363-7

アキ、舌なめずりしとるけど、食べられんと思うよー。


b_kfd

金魚に謝りたい

kfc01362-1

kfc01362-2

kfc01362-3

kfc01362-4

kfc01362-5

kfc01362-6

kfc01362-7

kfc01362-8

kfcp01362-1

おとな金魚チームは、エアコン室外機の上です。

kfcp01362-2

kfcp01362-3

ベストな環境ではないけれど、みんな元気で2度目と3度目の厳しい夏を越してくれました。

kfcp01362-4

kfcp01362-5

水換えは夏場は毎日、くみおきの水を使います。
古い水を1/3くらい残して、新しい水を温度合わせもせずにどばーっと注いでいます。

kfcp01362-6

火鉢には土佐金の右目と左目がいます。
大きい方が右目、小さい方が左目。

kfcp01362-7

kfcp01362-8

金魚を上から見る「上見」をすすめる本。
品評会に出されている金魚の、上から撮った写真がいっぱい載っていて、目の保養になります( ̄∀ ̄)
くるねこ大和さんちの頂天眼の頂天丸ちゃんの記事はこちら→


b_kfd

フジバカマとアサギマダラ

kfc01361-1

kfc01361-2

kfc01361-3

kfc01361-4

kfc01361-5

kfc01361-6

kfc01361-7

kfc01361-8

kfcp01361-1

フジバカマにアサギマダラが寄ってきたら、白い手ぬぐいを振り回して招いてみたいです。
知らない人が見たら、何をしているのかと怪しまれそうですが^^;

kfcp01361-2

野生種のフジバカマには、クマリンという桜餅のような香りの成分が含まれています。
蜜を吸うことでアサギマダラのフェロモン形成にも一役買っているとか。

kfcp01361-3

うちのは園芸種だけど、同じ効き目があるといいなあ。

kfcp01361-4

斑入りのラベンダーが元気に育っています。
夏にけっこうな日照りにあったのに、こたえていません。

kfcp01361-5

アサツキの球根は芽が出ていました。

kfcp01361-6

久しぶりにナスがとれました。
日照りのときは身が硬くてイマイチでしたが、このところ雨がよく降ったので、やわらかいです。

kfcp01361-7

ナスは揚げ浸しにすることが多いのですが油っこいので、今回は蒸してごまだれであえてみようかな。


b_kfd

鹿角をつるす

kfc01360-1

kfc01360-2

kfc01360-3

kfc01360-4

kfc01360-5

kfc01360-6

kfc01360-7

kfc01360-8

昨夜はFC2に画像をアップできず、今朝に持ち越しました。

kfcp01360-1

鹿の角とキャベツをミックスしたようなビカクシダ“リドレイ”です。
リドレイは2回も枯らしてしまい、これが3株目。
今度こそうまく育ちますように。

kfcp01360-2

kfcp01360-3

kfcp01360-4

今までコルクや軽石鉢で着生仕立てにして、水やり加減で失敗していたように思います。
今度は根鉢を極力いじらず、乾燥具合が見てわかるよう金魚鉢に入れてみました。

kfcp01360-5

相方土産、崎陽軒シウマイの醤油入れ。
人をなめきったようなこの表情、いまだに見るたびに新鮮にいらっとします。
クリスマスツリーにびっしりつるしたら壮観でしょうね。


b_kfd

老眼と多肉

kfc01359-1

kfc01359-2

kfc01359-3

kfc01359-4

kfc01359-5

kfc01359-6

kfc01359-7

kfc01359-8

kfcp01359-1

斑入りのハオルチア。
減農薬で育てられているそうなので食べられそうですが、腹の足しにはならない感じです。

kfcp01359-2

リトープスのこども。雪眼鏡というルーペで撮影しました。
きな粉のように細かい種なのに、まいて4日で発芽するとは、早いです。
ちゃんとおしりの形に割れています。

kfcp01359-3

おとなのリトープスは植え替えました。
上のほうは土に埋めずに化粧石で固定すると、蒸れずに調子がいいようです。

kfcp01359-4

kfcp01359-5

ランポー玉も植え替えました。

kfcp01359-6

kfcp01359-7

kfcp01359-8

天高く猫肥ゆる秋の多肉猫。
月末恒例の体重測定が怖いです。


b_kfd

レゲエ感

kfc01358-1

kfc01358-2

kfc01358-3

kfc01358-4

kfc01358-5

kfc01358-6

kfc01358-7

kfc01358-8

kfcp01358-1

斑入りのタマシダ“ハッピーマーブル”
ずっと気になっていたのが半額以下になっていたので、いそいそと買いました。

kfcp01358-2

kfcp01358-3

花さんからいただいたタマシダも元気です。

kfcp01358-4

↑woojyanさんからいただいたトラデスカンチア

kfcp01358-5

↑カンナ“シュツットガルト”

kfcp01358-6

↑斑入りハランと、めんまねえちゃんからいただいたノーマルハラン

kfcp01358-7

↑斑入りコバノランタナ

kfcp01358-8

昨日紹介したリトープスです。
黒猫アキがかぶっていた変な帽子はこれです。
分裂増殖したり、脱皮したり、動物っぽいところがあります。
ちょっとおしりっぽいところも気に入っています( ̄∀ ̄)


b_kfd

生きる宝石箱

kfc01357-1

kfc01357-2

kfc01357-3

kfc01357-4

kfc01357-5

kfc01357-6

kfc01357-7

kfc01357-8

kfcp01357-1

鉄とガラスでできたミニ温室(テラリウム

kfcp01357-2

ポリ鉢ではなく、もう少し見栄えする鉢にすればよかったかも^^;

kfcp01357-3

ミニ多肉は場所をとらないのがうれしいです。

kfcp01357-4

kfcp01357-5

2年前に種をまいたアストロフィツム“特大亀甲紅葉ランポー玉”は、ようやくパチンコ玉サイズに。

kfcp01357-6

百円均一の斑入りうちわサボテン。

kfcp01357-7

斑入りアデニウム。今年中に花が拝めるといいなー。


b_kfd
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク