トナカイもしおパフ

kfc00831-1

kfc00831-2

kfc00831-3

kfc00831-4

kfc00831-5

kfc00831-6

kfc00831-7

kfc00831-8

kfcp00831-1

ビカクシダ“ビーチー”

kfcp00831-2

葉先が赤ちゃんの手みたいで、それがゆれておいでおいでするのがかわいいです。

kfcp00831-3

キャベツさん(リドレイ)。

kfcp00831-4

キャベツの隙間から小さい角がちらり。

kfcp00831-5

“ビフルカツム”はスペースの都合で、無暖房のリビングで越冬しました。
南日本では屋外でも越冬することがあるらしいです。

kfcp00831-6

“スパーバム”もおへそから新しい芽が出てきました。
暖かくなったら全員、リビングに集合する予定です。


b_kfd
スポンサーサイト

めだかサバイバル

kfc00830-1

kfc00830-2

kfc00830-3

kfc00830-4

kfc00830-5

kfc00830-6

kfc00830-7

kfc00830-8

kfcp00830-1

以前咲いた睡蓮の花です。また泥にまみれて植え替えをせねば…(゚ーÅ)

kfcp00830-2

kfcp00830-3

ホテイアオイ。

kfcp00830-4

厳しい冬と飼い主の仕打ちを生き延びためだか達。

kfcp00830-5

kfcp00830-6

畑に比べるとベランダは少し温かかったと思いますが、それでも何度か氷が張りました。

kfcp00830-7

元気で春を迎えられてよかった。


b_kfd

椎茸テラリウムその後

kfc00829-1

kfc00829-2

kfc00829-3

kfc00829-4

kfc00829-5

kfc00829-6

kfc00829-7

kfc00829-8

kfcp00829-1

椎茸テラリウムは椎茸が生えたりオブジェを置いたりして楽しめました。

kfcp00829-2

kfcp00829-3

コバエは苔についていた腐葉土にいたようです(゚ーÅ)

kfcp00829-4

苔を取り出して百円均一のガラス皿に盛り付け。サラダのようです。
葉っぱはネオレゲリアという観葉植物で、パイナップルの仲間です。

kfcp00829-5

蛙田捕太郎主任の乗っている蓮の葉型の容器には、めんつゆトラップが仕込んであります。

kfcp00829-6

カエル飼いたいと言い続けて幾星霜。
もしかしたらそのうち飼うかもしれません。

kfcp150429-8

おととしの農園長。元気に冬越しできたかな。


b_kfd

適温

kfc00828-1

kfc00828-2

kfc00828-3

kfc00828-4

kfc00828-5

kfc00828-6

kfc00828-7

kfc00828-8

kfcp00828-1

2年目のシクラメン。ちゃんと咲かせられたのは初めてです。

kfcp00828-2

左手壁際の小さいハンギング鉢は、去年の秋に種をまいた原種シクラメン。
発芽率は低いけど芽が出てきました。

kfcp00828-3

kfcp00828-4

↑ミニシクラメン“セレナーディアアロマブルー”
1代目は5000円近くしたのに枯れてしまい、これは2代目。
ホームセンターの見切り品だったのに、たくましく越冬して咲きました。

kfcp00828-5

↑原種シクラメン“コウム”
花を真上から見ると風車みたいです。

kfcp00828-6

↑斑入り葉のミニシクラメン。
うしろはめんまねえちゃんからいただいた斑入り葉のスイカズラと、うりうりママさんからいただいたクレマチス“這沢(はいざわ)”
つるが伸びてきました。

kfcp00828-7

今日は半分白玉が思いの外くっきり写りました。


b_kfd

鳥の話

kfc00827-1

kfc00827-2

kfc00827-3

kfc00827-4

kfc00827-5

kfc00827-6

kfc00827-7

kfc00827-8

kfcp00827-1

うちの鳥さんグッズ。
キンドルのカバーは鳥さん柄です。

kfcp00827-2

デザインした人には非常に申し訳ないのですが、白目が気になってマジックで黒目を入れました。
(自分の漫画も白目なのに)

kfcp00827-3

kfcp00827-4

猫友でアメリカ在住のひとみさんからいただいた鳥のオブジェ。

kfcp00827-5

米をとめるクリップ兼計量カップはアヒルです。
実家からの仕送り米が切れたとき、たまに米を買います。
「姫路でも米や野菜を売ってるのに、なぜ送料を使ってまで送ってくるん?」
とかいう相方トッコには、買った方の米を食べさせます( ̄ー ̄;
こういう共感性ゼロの発言がぽろっと出てくるあたり、野鳥だなあと思います。


b_kfd

花いかだ

kfc00826-1

kfc00826-2

kfc00826-3

kfc00826-4

kfc00826-5

kfc00826-6

kfc00826-7

kfc00826-8

kfcp00826-1

桜錦のサクラ。レウイシアの花をつついています。
冬眠あけでおなかがすいたようなので、久々にごはんをあげました。

kfcp00826-2

kfcp00826-3

kfcp00826-4

kfcp00826-5

東錦のミケと黒出目金のクロも元気に冬を越しました。

kfcp00826-6

kfcp00826-7

折ってしまったオステオスペルマム。
いろんな色が出ていますが、小さいころ父に初めて買ってもらったのがこの色だったので、今でも気になります。


b_kfd

手づくり花づくり

kfc00825-1

kfc00825-2

kfc00825-3

kfc00825-4

kfc00825-5

kfc00825-6

kfc00825-7

kfc00825-8

手づくり花づくり」は「手づくり花づくりプラス」として再スタートするらしいです。
番組名を少し変えてリニューアルというの、よくあることなんでしょうかね。

kfcp00825-1

この素焼きのとかげさんは、番組の視聴者プレゼントでいただきました。

kfcp00825-2

kfcp00825-3

フランス産の土壌改良剤と、もんじろうのフンを入れた生ゴミ堆肥の日仏堆肥対決では、スタートはフランス有利でしたが、終りは似たり寄ったりでした。

kfcp00825-4

1袋2千円強のバイオポストと同等の結果が得られたのは、ある意味すごいことかもしれません。

kfcp00825-5




ブランドストーンのサイドゴアブーツは、高かったけど丈夫で履き心地もいいです。
ちょっと畑で野菜を収穫したあとそのまま買い物へという時も、同じ靴で行ってます。
ちょっとした雨や雪にも強いし、旅行でもいけると思います。


b_kfd

スプレー容器

kfc00824-1

kfc00824-2

kfc00824-3

kfc00824-4

kfc00824-5

kfc00824-6

kfc00824-7

kfc00824-8

kfcp00824-1

セスキの激落ちくんはベビー用品やペット用品にもオッケーらしいので、ゲロの始末に使っています。

kfcp00824-2

kfcp00824-3

ランやビカクシダの霧吹きは、ペットボトルにつなげるタイプを使っています。
鉢がごちゃついた場所にも、長いノズルが届くのです。

kfcp00824-4

窓際で寒さをよけている野菜苗(セロリ、パクチー)と、アマリリスの球根と、猫草。

kfcp00824-5

パクチーは種からと食用の根っこの再利用の2種類。

kfcp00824-6

kfcp00824-7

セロリも食用の根っこの再利用です。うまく育ちますように。

ところであさって放送の「ネコメンタリー『養老センセイとまる』」、楽しみです。→


b_kfd

チェリーじゃなかった

kfc00823-1

kfc00823-2

kfc00823-3

kfc00823-4

kfc00823-5

kfc00823-6

kfc00823-7

kfc00823-8

kfcp00823-1

バイオチェリーはサクランボとプラムを交配した果樹で、黒々とした実がなるらしいです。

kfcp00823-2

kfcp00823-3

kfcp00823-4

19日に最初の花が咲きました。
うちのバラ科の花では去年から咲いているものを除いて、一番乗りです。

kfcp00823-5

ナツとフユのはしおしおパフパフですが、もんじろうのは中身が入っています。
(何がだ)

kfcp00823-6


b_kfd

春雨とハヤトウリ

kfc00822-1

kfc00822-2

kfc00822-3

kfc00822-4

kfc00822-5

kfc00822-6

kfc00822-7

kfc00822-8

kfcp00822-1

真冬以外ほぼ一年中咲いている西洋タンポポ。

kfcp00822-2

ヒメオドリコソウと、オオイヌノフグリ。
花がかわいいのでつい抜けずにいます。

kfcp00822-3

雨の後は地面が柔らかいので、支柱を楽にさせます。
晴天続きの時は水をたっぷりやっても同じ効果が得られるそうです。
ベランダで緑のカーテンをはわせていた支柱を、今年から畑で使うことにしました。

kfcp00822-4

緑と白のハヤトウリ。緑のがえらいことに(゚ーÅ)
市販のハヤトウリの苗も、腐っていることがあると書かれていたりするので、一部腐っても成長点が無事なら育つものかも。
鉢で育てて暖かくなったら畑に定植する予定です。


b_kfd
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク