風車のような花2種


kfcp160529-1

クレマチス“ヴィクター・ヒューゴ”が咲きました。

kfcp160529-2

咲き始めは株が本気出してなくて花びらが4枚でしたが、後から咲いたのは6枚。

kfcp160529-3

花の直径はミニバラよりちょっと大きいくらいで、クレマチスにしては小さい方かも。
赤黒いのはダリアです。
ダリアは水揚げが悪くてすぐしおれてしまったけど、“ヴィクター・ヒューゴ”はわりと花持ちがいいです。

kfcp160529-4

インテグリフォリア系 半つる性で誘引が楽 多花性。

kfcp160529-5

つるばらの“サマースノー”と並べて誘引してありますが...

kfcp160529-6

花期が同じなので来年はテイカカズラとからませてみようかな。
“姫香”は名前どおり良い香りです。ジャスミン系の香り。

kfcp160529-7

テイカカズラの花びらは基本5枚だけど、たまに6枚のも。

kfcp160529-8

kfcp160529-9

kfcp160529-10

この表情…猫とは思えません(゚ーÅ)




スポンサーサイト

ミニバラ


kfcp160527-1

うちのバラはほとんどがミニバラです。
↑新入りの“フォーエバーローズ ナポリ”

kfcp160527-2

kfcp160527-3

kfcp160527-4

↑“フォーエバーローズ キョー”
キョーってなんだろう(・_・;)

kfcp160527-5

kfcp160527-6

↑“フォーエバーローズ ラミー(たぶん)”

フォーエバーローズは多彩でたくさん流通していてうれしいのですが、ちょっと寒さに弱い感じ。
根っこまで枯れはしませんが、花がやられました。
ベランダでも寒波の日は室内にとりこむか、何かで覆うほうがよさそうです。

kfcp160527-7

↑“グリーンアイス”は寒さには強いものの、うどんことアブラムシにやられてお亡くなりになりました(。-人-。)

kfcp160527-8

↑“オーバーナイトセンセーション” 強香。

kfcp160527-9

品種不明のミニバラ

kfcp160527-10

↑↓これなんか今咲いているのと秋に買った時の花が違いすぎる...

kfcp160527-11

kfcp160527-12

↑星形の花びらが珍しいなと思ったのですが、単にしおれていただけかも。

kfcp160527-13

kfcp160527-14

kfcp160527-15

kfcp160527-16

「かってに緑化協会」の活動で、マンション花壇に植えた赤いバラ。
たぶん“マザーズデイ”。すごく頑丈です。
見切り品200円で1鉢に挿し木苗が4本くらい植っているのを、めりめりっと分けて植えました。
水も肥料もほとんどやらず、暑い日も寒い日もほったらかしなのに、ほぼ一年中とぎれずに咲いています。
さすがオカンと名がついたバラは強いわ…



姫路市立手柄山温室植物園の「セントポーリア展」

kfcp160525-1

おととい植物園に行ってきました。
姫路市立手柄山温室植物園の「セントポーリア展」です。

kfcp160525-2

kfcp160525-3

kfcp160525-4

kfcp160525-5

私はフイラー(斑入り好き)なので、斑入り株がたくさん見られて眼福でした :*:・( ̄∀ ̄)・:*:

kfcp160525-6

kfcp160525-7

kfcp160525-8

↑“バックアイレプラコーンチャーム”
セントポーリアに限らず、こういう散り斑の植物をレプラっていうんですね。
私が描いている漫画の題材、ハンセン病もレプラというので、何か因縁を感じます。

kfcp160525-9

kfcp160525-10

kfcp160525-11

kfcp160525-12

kfcp160525-13

kfcp160525-14

常設展示のサボテン

kfcp160525-15

お気に入りはこれ↑とこれ↓

kfcp160525-16

カネゴンみたいですねえ。

kfcp160525-17

売店で斑入りセントポーリアを買いました。

kfcp160525-18

2月に通販で買ったミニセントポーリアは花が終わり、葉っぱの斑がきれいになってきました。





草食う猫

kfcp160522-1

猫用サラダバーが盛況です。一番人気は斑入り風知草。

kfcp160522-2

kfcp160522-3

kfcp160522-4

kfcp160522-5

kfcp160522-6

おニューのタワーマンションを警戒していたブラック三兄弟も、草を置いたら滞在時間が増えました。

kfcp160522-7

kfcp160522-8

kfcp160522-9

斑入り暖竹も人気です。アサヒは自力で食べますが...

kfcp160522-10

キリンは抱っこしてもらっててっぺんの新芽を狙います。
風知草も暖竹もイネ科の多年草で、一度植えればずっとかじれるので猫草におすすめです。



青紫のタコさんウインナー


kfcp160520-1

クレマチス“瀬戸紫”の次に咲いたのは…

kfcp160520-2

エビス「タコさんウインナー?」 

kfcp160520-3

アサヒ「これもクレマチスやて」

クレマチス“ロウグチ”です。漢字で書くと篭口。

kfcp160520-4

キリン「“ガブリエル”も切ってもうたん?」

手すりのところで咲いていて、逆光でよく見えなかったのよ(゚ーÅ)←ローガンだもの
300円の処分価格で正体不明だったクレマチス苗…
欲しかった“篭口”でよかったです。

kfcp160520-5

つるバラ“レイニーブルー”は暖かくなってからなんだか調子悪そう。

kfcp160520-6

コガネムシの幼虫が根をかじっているかもなので、後でほじってみます。

kfcp160520-7

↑ニオイバンマツリ

kfcp160520-8

エアコン室外機の金魚水槽の上で咲いてます。
幹に着生させたセッコク蘭も新芽を出しています。

kfcp160520-9

この時期は青紫の花が多いです。

kfcp160520-10

↑チェリーセージ“グレッギーブルー”

kfcp160520-11

↑セネッティ

kfcp160520-12

↑キャットミント“ウォーカーズロウ”と、またたびるアキ。

kfcp160520-13

↑コンボルブルス

kfcp160520-14

↑フレンチラベンダー

kfcp160520-15

↑シンバラリア(別名ツタバウンラン、コロセウムアイビー)
名前が思い出せなくて、「サギゴケに似た花」で画像検索しました。
便利な世の中になったものだわ。

kfcp160520-16

↑畑のレタスの穴から生えてきたオオイヌノフグリ
かわいいので放置してたら、あちこちから顔を出しています。

kfcp160513-11

先日のせた朝顔の種が、1週間ほどで発芽しました。
青くて大輪で種が10粒以上入っていて1袋130円。
青い花でこれほどコスパのいい植物はなかなかないかも。





コバエ捕獲課


kfcp160517-1

キリン「テラリウムの苔が元気になってきたで」

kfcp160517-2

「けど、中で虫がぶんぶんしとう」

腐葉土からコバエがわいてしまいました(゚ーÅ)
霧吹きで水をやりたいのだけど、ふたをあけたら飛び出してしまう...

kfcp160517-3

蘭のテラリウムは無事です。
植え込み材料が腐葉土かお高いバークチップかで、明暗が分かれました。

kfcp160517-4

コバエ捕獲課 主任 蛙田捕太郎(かえるだとったろう)

kfcp160517-5

「見るからにやる気なさそうやな」

そこがいいんじゃないの。

kfcp160517-6

目視で10匹ほどぶんぶんしているのを、ビニルに同封して、袋の中でテラリウムを開封。

kfcp160517-7

一晩放置したけど、1匹しかとれませんでした。

kfcp160517-8

「あかんやん」

まあそんな予感はしていたので、中身をめんつゆトラップに入れ替えて使おうと思います。

kfcp160517-9

アキ「こっちのカエルもやる気なさそうやで」

シャコバサボテンと孔雀サボテンを植えてみました。

kfcp160517-10

カエルの季節ですねー。








今咲いているバラ

kfcp160515-1

今咲いているバラです。
“パルフェ・タムール”↑↓

kfcp160515-2

kfcp160515-3

kfcp160515-4

“ガブリエル”↓

kfcp160515-5

ポールセンローズパレードシリーズ“ラミー”かな?↓

kfcp160515-6

うどん粉が^^;

kfcp160515-7

ポールセンローズパレードシリーズ“キョー”↓

kfcp160515-8

kfcp160515-9

以下は品種不明。

kfcp160515-10

kfcp160515-11

kfcp160515-12

ミニバラはコンパクトで、繰り返しよく咲いてくれるのでありがたいです。
しかも1鉢に5本くらい植っているので、ばらせばお得感倍増( ̄∀ ̄)

農薬はできれば避けたかったのですが、アブラムシがすごくてとうとう使ってしまいました(゚ーÅ)
よく効いているようで、アブラムシがぱったり出なくなりました。
スプレーではなくじょうろで根元に注ぐので、猫が口にする恐れが少ないのがポイントです。

ハイポネックス原液 殺虫剤入り 450ml
価格:931円(税込、送料別)











 

夏の花壇と朝顔


kfcp160513-1

うちの(マンションの)花壇

kfcp160513-2

kfcp160513-3

挿し穂で増やしたセダムがもりもり育っています。

kfcp160513-4

kfcp160513-5

ヒメツルソバ(ポリゴナム)のこぼれ種がたくさん発芽。
刺身のつまの芽じそのようです。

kfcp160513-6

去年育てたヒメツルソバ。今年もたくさん咲きそうです。

kfcp160513-7

kfcp160513-8

今日は日差しが暑かった…すっかり夏のようでした。

kfcp160513-9

kfcp160513-10

kfcp160513-12

心の師匠(と勝手に呼んでいる)いとうせいこうさんが朝顔について書いてらしたのをどこかで読んで、私も朝顔を植えたくなりました。
去年苗を買って育てた青い朝顔を、今年はその種から。
よう吐く...いや曜白朝顔です。

kfcp160513-11

絞りのも欲しくて種を取り寄せました。
こちらはつるがあまり伸びない大輪だそうですよ( ̄∀ ̄)




うさぎの足


kfcp160511-1

エビス「また食べられん草か…」

kfcp160511-2

コマ「ディスキディアのボール仕立てやて」

kfcp160511-3

そしてもうひとつ。トキワシノブ。

kfcp160511-4

コマ「常磐しのぶ…女優の名前みたいやな」

風鈴とかを吊るすアレです。
行きつけの園芸店の産直コーナーに、市価の半値で出品されていたのでした。

kfcp160511-5

根っこに白い毛が生えてモフモフなので、猫と呼ばれる事もあるとか。

kfcp160511-6

トキワシノブの仲間のダバリアは、別名「ラビットフット」。
ベージュのダバリアより、白いトキワシノブの根のほうが、もんじろうに似ている気がします。

kfcp160511-7

もんじろう「そげん似ちょいや?」

kfcp160511-8

kfcp160511-9

kfcp160511-10

うさぎの足の裏には肉球がないのです。




カラーリーフの新緑


kfcp160508-1

斑入りヤツデとギボウシ“ハルシオン”。
カラーリーフも新緑シーズンです。

kfcp160508-2

↑ヤブラン“ピュアブロンド”

kfcp160508-3

↑絞りの万年青に花芽ができました。
今年も抹茶飴のような絞り模様の実が見られるかも。

kfcp160508-4

↑斑入り葉蘭

kfcp160508-5

↑斑入り風知草

kfcp160508-6

↑やけに黄色いギボウシを入手。品種不明。

kfcp160508-7

↑ラミウム“クリーム”と“スターリングシルバー”
オブジェは今は亡きフェレットのネムばあに似ています。

kfcp160508-8

↑オキザリス“トリアングラリス”と斑入りアメリカヅタ、ミニバラ他の寄せ植え

kfcp160508-9

斑入りうさぎのもんじろう。
いちごのヘタを召し上がっています。

kfcp160508-10

和室住まいになった黒猫達が、夜の窓辺で何やら凝視しています。

kfcp160508-11

ヤモさんでした。全長5cmくらい。

kfcp160508-12

海月ファームのカナヘビ。
アップで見ると怪獣っぽくてかっこいいですね。




プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク