プランツ・ウォーク

kfcp151224-1

上京のついでに、牧野記念庭園に行ってきました。
いとうせいこう・柳生真吾 両氏の『プランツ・ウォーク 東京道草ガイド』によると、植物好きの聖地らしいですよ。
植物学者牧野富太郎博士は、大正十五年に都塵を避けてここに居を構え、園内に珍草奇木を植えたそうな。
(案内文より)

いいなあ、都塵を避け珍草奇木に囲まれる暮らし。
研究につぎこみすぎて借金取りにも囲まれてたようですけども。

kfcp151224-2

博士像のまわりに植えてあるスエコザサという笹は、葉のふちがくるっと巻いているのが特徴。
この新種の笹に、借金取りで苦労をかけた亡き夫人の名前をつけたそうな。

kfcp151224-3

アブラチャンという木。あぶらちゃんって、妖怪みたいだなあ。

kfcp151224-4

ぱっと見、質素な冬枯れの野山の風情。でも採集されて植えたものらしいです。
一見雑草っぽい黄色い花は、アワコガネギク。
ボランティアの方がきれいに通路の落ち葉を掃いておられました。
雑草に見えて植えてあるものとか、ここの草むしりは難易度が高そうです。

kfcp151224-5

原種シクラメンかと思ったら、ミヤコアオイでした。

kfcp151224-6

若い頃どんなにイケメンでも、じじいになるとぼさぼさになるんだなあ…
でもいい感じに枯れて素敵でした。
採集地の大きな木に、スタッフ数名でうれしそうに登っておられる写真も展示されていました。
博士がものすごくいい笑顔。
きっとみんなでゆっさゆっさ揺らして笑ったんだろうなあ。

採集にはスーツに蝶ネクタイでのぞんだそうな。
植物は恋人で、恋人に会うんだから正装でという持論だったそうです。
ヘンタ…いや、さかなくんだって魚に会うときいつもあの帽子ですもんね。
関係ないけど担当さんはちょっとさかなくんに似ている気がします。

kfcp151224-7

kfcp151224-8

ご愛用の胴乱。胴が乱れると書いて胴乱。
収集びん、移植ごて、剪定ばさみなど、どれもかっこいい。
建物ごと保存されたご自宅も、こじんまりして非常にいい雰囲気でございました。

牧野植物図鑑に博士が自ら描いた挿絵はどれもすばらしいです。
写真より特徴がとらえられています。
絵がうまくなれますように、と拝んできました。

kfcp151224-9

kfcp151224-10

企画展藤島淳三氏のボタニカルアートもすばらしかったです。
特にきのこの絵が好み。

kfcp151224-11

さて、本業が忙しくなってきましたので、農園漫画はしばらくお休みします。
時々、写真のみの更新があるかもしれません。
再開まで生温く見守ってくださいまし。
それでは皆様、よいクリスマスを。
スポンサーサイト

おら東京さ行ってくるだ

kfcp151221-1

22〜23日は仕事で東京に行ってきます。
次の更新は帰って来てからになります。

kfcp151221-2

留守を相方に任せるのは心配ですが、うさぎと猫の命に別状がなければよしとします(゚ーÅ)


b_kfd

ニャルソック見守りサポート

kfc00512-1

kfc00512-2

kfc00512-3

kfc00512-4

kfc00512-5

kfc00512-6

kfc00512-7

kfc00512-8

kfcp151220-1

布団ごしに湯たんぽの温度をチェックするニャルソック。

kfcp151220-2

海月の仕事ぶりを監視するニャルソック・ダブル。
高齢者みまもりサポートはこんな感じらしいです。→HOME ALSOK


b_kfd

捨て子のいちご

kfc00511-1

kfc00511-2

kfc00511-3

kfc00511-4

kfc00511-5

kfc00511-6

kfc00511-7

kfc00511-8

kfcp151219-1

いちごの畝と畝の間(通路部分)に生ゴミ堆肥を埋めたら、何かの生き物が掘り返していました。

kfcp151219-2

初夏に実ったいちご。
来春はもっとたくさん収穫できるといいなと思います。
「捨てられていたら拾え」ほかとりあえず十の掟をかかげる植物男子ベランダー、年末にかけて放送があるようです。


b_kfd

冬の腰パンまつり

kfc00510-1

kfc00510-2

kfc00510-3

kfc00510-4

kfc00510-5

kfc00510-6

kfc00510-7

kfc00510-8

kfcp151218-1

ベランダの腰パンコーナー。
腰パンしてほしいひとはここに並びます。

kfcp151218-2

夜の腰パンタイムに全員集合の図。


b_kfd

キャットミントの匂い袋

kfc00509-1

kfc00509-2

kfc00509-3

kfc00509-4

kfc00509-5

kfc00509-6

kfc00509-7

kfc00509-8

kfcp151217-1

30年近く使っていたミシンが壊れ、コンパクトミシンに買い替えました。
初心者用とのことですが、私には充分です。

kfcp151217-2

輪ゴムねこって何?と思った方は、こちらをご覧下さい。→


b_kfd

うちのリス

kfc00508-1

kfc00508-2

kfc00508-3

kfc00508-4

kfc00508-5

kfc00508-6

kfc00508-7

kfc00508-8

腐葉土からみつかったリスはジップくんと名付けられ、最近の好物はブルーベリーだとか。

kfcp151216-1

kfcp151216-2

わが家のグースベリー↑とブルーベリー↓が紅葉しました。

kfcp151216-3

kfcp151216-4

kfcp151216-5

kfcp151216-6

リスが木の実を食べる姿はかわいいでしょうね。


b_kfd

酒かすジャーキー

kfc00507-1

kfc00507-2

kfc00507-3

kfc00507-4

kfc00507-5

kfc00507-6

kfc00507-7

kfc00507-8

ドライフルーツメーカーのかわりに、干物ネットに入れて外に干してもいいかと思います。
その場合、暖冬なので寒い日にしないと、傷んだり虫が来てしまいます。

ガッテンレシピの「血液さらさら玉ねぎドレッシング」も、アルコールの味が口に合いませんでした。
料理に入れる酒は、加熱してアルコールをとばせば平気なんですけどねー。

食材をビニル袋に入れてもむ時は、油脂が袋の原料と反応して溶け出さないよう、食品用ビニルを使うといいそうな。

kfcp151215-1

お肉の↑乾燥前と、↓乾燥後。

kfcp151215-2

木片チップで薫製にすると風味が増しますが、うちのねこは煙の匂いがダメみたいで、ドライフルーツメーカーで乾燥したもののほうが食い付きがいいです。

kfcp151215-3

kfcp151215-4

kitcatさん&ののちゃんから、ジャムをいただきました。
黄色が鬼ゆずジャム、赤っぽい方がカリンジャム。
どちらも自然な甘さで美味しゅうございます。
どうやっていただこうかな :*:・( ̄∀ ̄)・:*:


b_kfd

クリスマスツリーのかわりに

kfc00506-1

kfc00506-2

kfc00506-3

kfc00506-4

kfc00506-5

kfc00506-6

kfc00506-7

kfc00506-8

kfcp151214-1

シクラメンの葉っぱのツリー模様、見えますか?

kfcp151214-2

kfcp151214-3

粗大ゴミ置き場で拾ったシャコバサボテンが咲きそうです。
色は淡いピンクかな?

kfcp151214-4

亡くなった伯母の形見となったシャコバサボテン。
月下美人と孔雀サボテンと一緒に寄せ植えにしています。
こちらはローズピンクでした。
シャコバサボテンは海外ではクリスマスカクタスと呼ばれるようです。


b_kfd

ストロベリーポット

kfc00505-1

kfc00505-2

kfc00505-3

kfc00505-4

kfc00505-5

kfc00505-6

kfc00505-7

kfc00505-8

kfcp151213-1

kfcp151213-2

ストロベリーポットの詳しい使い方は→[ガーデニング・園芸]All About

kfcp151213-3

もんじろうは飼い主に似てインドア派なので、いちごが食べられるなら場所はどこでもいいみたいです。

kfcp151213-4


b_kfd
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク