棒ネットの使い道

kfc00431-1

kfc00431-2

kfc00431-3

kfc00431-4

kfc00431-5

kfc00431-6

kfc00431-7

kfc00431-8

kfcp150930-1

「愛地球博」のモリゾーのように、畑にそそりたつ緑のタワー。
奥がパッションフルーツ、手前がパンダ豆です。

kfcp150930-2

パッションフルーツの葉っぱにいこう農園長。

kfcp150930-3

パッションフルーツの花と実。

kfcp150930-4

kfcp150930-5

kfcp150930-6

kfcp150930-7

甘酸っぱくていかにも南国という感じの味でした。
黒いつぶつぶの硬い種が入っているので、飲み込めないという人もいるかもしれません。

kfcp150930-8

うりうりママさんから神戸六甲山のアケビをいただきました。
ツユクサとツノゴマの種も一緒に。
いつもありがとうございます^^

kfcp150930-9

アケビも黒い種がいっぱい入っていますが、私は平気で飲み込んでしまいます。

kfcp150930-10

アケビの皮はゆでて水にさらしてあくぬきしてから、ごま油と味噌で豚肉と炒めました。
おいしゅうございました :*:・( ̄∀ ̄)・:*:


b_kfd
スポンサーサイト

年寄りのほめ方

kfc00430-1

kfc00430-2

kfc00430-3

kfc00430-4

kfc00430-5

kfc00430-6

kfc00430-7

kfc00430-8

kfcp150929-1

母とチワ子。車に乗る直前なので、いつも裸足の母もしぶしぶ靴をはいています。
裸足で運転するとほとんどの自治体で条例違反になるんだとか。

kfcp150929-2

十代後半のチビコロ嬢。
遊ぶ時もあまり興奮させないよう気を遣います。

父は退院した翌日には大きなトラクターを運転して、すれ違った近所の親戚が目を疑ったそうです^^;


b_kfd

父とチワ子

kfc00429-1

kfc00429-2

kfc00429-3

kfc00429-4

kfc00429-5

kfc00429-6

kfc00429-7

kfc00429-8

kfcp150928-1

父が入院した前日、隣家のおじいさんが亡くなったそうな。
お隣でも犬を飼っていて、おじいさんが毎日散歩させていたので、亡くなってから犬の落ち込みようといったらなかったそうです。

kfcp150928-2

父の退院で一番喜んだのは母で、次はチワ子かも。


b_kfd

農家の世間体

kfc00428-1

kfc00428-2

kfc00428-3

kfc00428-4

kfc00428-5

kfc00428-6

kfc00428-7

kfc00428-8

数年前に帰省した時、冷蔵庫に3年物の充填豆腐があり、グレーで液状化していました。
冷凍やけした1年前の肉や魚、いつのものかわからない寿司付属の醤油など、まとめて処分したのですが、感謝されるどころか恨まれてしまいました。
親子といえども踏み入れられない領域です。

kfcp150927-1

実家の納骨堂。家のすぐ裏にあります。
第18回 日本で一番切り花を購入するのはどの都道府県?ランキング(2011年)によると、鹿児島が全国一位だそうな。
都道府県別ベスト&ワーストランキングでは酢の消費量、獣医師数、豚飼育頭数、小学生・お手伝い率、アルコール消費量も全国一位。
コーヒー消費量、ウイスキー消費量、中学生長時間ゲームプレイ率は全国最下位。

私の住んでいる兵庫県では、日本酒生産量が全国一位、カレールウ消費量が全国最下位のようです。

kfcp150927-2

チワ子もびっくり。


b_kfd

ジャラジャラ願望

kfc00427-1

kfc00427-2

kfc00427-3

kfc00427-4

kfc00427-5

kfc00427-6

kfc00427-7

kfc00427-8

kfcp150926-1

ジャラジャラ願望を満たす植物、ユーカリ’ポポラス’。
大きな丸い葉が風にゆれてきらめき、大判小判がザックザクな風情です。

kfcp150926-2

一緒に買った斑入り万年青。

kfcp150926-3

実も斑入りであめ玉のようなんですよ。
熟したら縞模様は消えてふつうの赤い実になりそうですが、ずっと青いままで鑑賞したいくらいかわいらしいです。

kfcp150926-4

ポポラスの足下には斑入りフウチソウ(風知草)。
どちらも風を感じる植物です。

kfcp150926-5

ミニバラ’グリーンアイス’が淡いピンクから白を経てマスカットグリーンになりました。
花の形がわりと整っているし、花付きもいいし、いいバラです。


b_kfd

金魚のおやつ

kfc00426-1

kfc00426-2

kfc00426-3

kfc00426-4

kfc00426-5

kfc00426-6

kfc00426-7

kfc00426-8

kfcp150925-1

金曜日の金は金魚の金、ということで、金魚の水換えをする日にしています。

kfcp150925-2

新しい水に体を慣らすべく、じわじわと水を交換していきます。

kfcp150925-3

らんちゅうのちーとぶーがうちに来たのは去年の4月。
小さくて可愛かったなあ(o´_`o)
いや、今も可愛いですけど。
ごはんを食べるときに、口が干したイワシみたいになるのがこわいです。


b_kfd

茶葉をまるごと

kfc00425-1

kfc00425-2

kfc00425-3

kfc00425-4

kfc00425-5

kfc00425-6

kfc00425-7

kfc00425-8

kfcp150924-1

緑茶ラテ。すり鉢はこちら→

kfcp150924-2

百円均一のクリーマーは意外と使えます。
液体に入れる時は流しでやらないと、飛び散ってえらいことになる場合もあります。

茶殻の佃煮の作り方はこちらの過去記事に→


b_kfd

実家の孔雀

kfc00424-1

kfc00424-2

kfc00424-3

kfc00424-4

kfc00424-5

kfc00424-6

kfc00424-7

kfc00424-8

kfcp150923-3

実家の孔雀、今年の3月29日のようす。尾羽(上尾筒)が生えそろっています。

kfcp150923-4

kfcp150923-1

9月13日。重たい尾羽が抜けて、体が軽くなり、煩悩から解き放たれて楽になったのでは。

kfcp150923-2

kfcp150923-5

孔雀の鳴き声は「イヤーン」「キーオウ」などと表現されますが、私には「ミャオーン」と聞こえます。
こんな声です↓




b_kfd

母VS.蜂


kfc00423-1

kfc00423-2

kfc00423-3

kfc00423-4

kfc00423-5

kfc00423-6

kfc00423-7

kfc00423-8

30年ほど前にも、実家にミツバチが巣を作ったことがありました。
玄関に日本ミツバチを集める集合フェロモンを出す金稜辺(キンリョウヘン)という蘭が植えてあるせいかも。

kfcp150922-1

母が退治した蜂と蜂の巣

kfcp150922-2

体長2.5cmくらいです。何ていう蜂なんでしょうね。

kfcp150922-3

kfcp150922-4

こちらも実家の庭にいたものです。西洋ミツバチかな?

kfcp150922-5

蜂の尻ばかり写してもアレなので、チワ子とチビコロのぷりけつをどうぞ。

kfcp150922-6


b_kfd

キュウリが苦い

kfc00422-1

kfc00422-2

kfc00422-3

kfc00422-4

kfc00422-5

kfc00422-6

kfc00422-7

kfc00422-8

kfcp150921-1

ゴーヤの苦みは問題ないですが、ゴーヤの黄色い完熟果と種子には毒性アルブミンのモモルジンが含まれ、吐き気や嘔吐、下痢を引き起こし、大量に摂取すると低血糖症が発生するそうです。
種のまわりの赤いぬるぬるは無毒ですが、誤って種子と一緒に飲み込むと危険なので、口にしないほうが無難。
(『人もペットも気をつけたい 園芸有毒植物図鑑』より)

kfcp150921-2

ククルビタシンはゴーヤに多く含まれ、モモルデシン(momordicin)とともに強烈な苦味の元になっている。また、ヨーロッパに生息するキノコの一種Leucopaxillus gentianeus(キシメジ科オオイチョウタケ属)の苦味成分としても知られる(成分はククルビタシンB)。
キュウリ、メロン、スイカでは、通常は含量が少ないため苦味までは感じない。
ヘチマやユウガオなどの一部の株において稀にククルビタシンを多く産生するものが混じって流通することが知られており、自家栽培したものなどを苦味を我慢して食べたことによる食中毒事例(おう吐や下痢等)もある。ヒョウタンによる食中毒事例もある]。2014年7月には岡山県の飲食店でズッキーニによる食中毒事例が発生した。異常に苦いものは食べるのをやめるのが無難である。
とのこと(Wikipediaより)


b_kfd
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク