オーマイガー

kfc00316-1

kfc00316-2

kfc00316-3

kfc00316-4

kfc00316-5

kfc00316-6

kfc00316-7

kfc00316-8

kfcp150531-1

虫がだいぶ苦手じゃなくなってきましたが、危険な虫はやっぱりえぐいですねー。
お口直しにかわいいキリン子をどうぞ。

kfcp150531-2

小野道風は、自分の才能のなさに自己嫌悪に陥り、書道をやめようかと真剣に悩んでいる程のスランプに陥っていた時のこと、ある雨の日散歩に出かけていて、柳に蛙が飛びつこうと、何度も挑戦している姿を見て
「蛙はバカだ。いくら飛んでも柳に飛びつけるわけないのに」
とバカにしていた時、偶然にも強い風が吹き、柳がしなり、見事に飛び移れた。

kfcp150531-3

これを見た道風は
「バカは自分だ。蛙は一生懸命努力をして偶然を自分のものとしたのに、自分はそれほどの努力をしていない」
と目が覚めるような思いをして、血の滲むほどの努力をするきっかけになったという。
(Wikipediaより)


kfcp150531-4

草をかじるためにひたむきに背伸びをする猫に教わる今日この頃です。


b_kfd
スポンサーサイト

一日一善

kfc00315-1

kfc00315-2

kfc00315-3

kfc00315-4

kfc00315-5

kfc00315-6

kfc00315-7

kfc00315-8

原稿の加筆修正が一段落したので、久々の脳円満が、じゃなくて農園漫画です。

kfcp150530-1

予報がはずれて雨が降り出しました。
このところさっぱり雨が降っていなかったので、農作物とカエルが助かります。

kfcp150530-2

小笠原と関東方面の地震、昨日の噴火といい、心配です(゚ーÅ)
大きな余震のないよう祈ります。


b_kfd

自家製ツナ


kfcp150529-1

アキ「海月がツナを作ったで」

kfcp150529-2

今回はまぐろが高かったのでさわらとからすかれいでかさあげしました。
まぐろはアラでもOK。
魚をビニル袋に入れ、塩(魚の重さの2%)、こしょう、酒少々をまぶしねかせます。
夏場は冷蔵庫に入れて。

kfcp150529-3

フユ「待つこと1時間」

kfcp150529-4

魚の水分をふきとります。
小鍋に魚、にんにく、ハーブ(タイム、ローレル、ローズマリーなど)少々を並べてオリーブオイルをひたひたに注ぎます。
泡が出るか出ないかくらいの弱火の低温で加熱。

kfcp150529-5

エビス「煮ること2分」

kfcp150529-6

魚に火が通って色がかわってきたら裏返して、さらに2分。
火を止めて余熱で火が通るようにします。
冷めたら冷蔵庫へ。オイルごと保存して数日以内に食べ切りましょう。

kfcp150529-7

自家製ツナにみそマヨ、ちくわとえんどうの卵とじ、新玉ねぎときゅうりのポン酢あえ。

kfcp150529-8

アキ「僕はかれいの方が好きでした」

さわらもおいしかったですよ。

口永良部島の噴火にびっくりです。島の皆さんが落ち着いて生活できる日が早く来るといいのですが...
牧場にいる牛や動物達も、どうにかして避難できますように。


b_kfd

白い花の季節

kfcp150527-1

シャロンの薔薇(シスタス’スノーホワイト’)が満開です。
おととし見切り品で買った50円のショボ苗が、こんなに大きくなるとは。

kfcp150527-2

ハイビスカス’夏子’。
アブラムシがいっぱいいて開花が危ぶまれていましたが、テントウムシが退治してくれました。

kfcp150527-3

テイカカズラ’姫香’。ジャスミンのような匂いです。

kfcp150527-4

↑ここにそそりたっているしましまの葉っぱはカンナです^^;

kfcp150527-5

姫香にもアブラムシがいましたが、テントウムシのおかげでぶじ開花。
助かるわー。

kfcp150527-6

アジサイ(ハイドランジア)たぶん’マジカルノブレス’

kfcp150527-66

去年8月に見切り品で買って来た時の花。
7月末までに剪定しないと翌年の花が咲かないというので、買ってすぐばっさりやったのでした。
マジカルノブレスは色変わりするアジサイ(変色種)なので、今年もこういう緑色になるのかも。

kfcp150527-7

ウズアジサイも色づいてきました。
翡翠色というんでしょうか。とても好きな色です。
青色をきれいに出したくて、酸性土のブルーベリーの鉢に寄せ植えしてあります。

kfcp150527-8

スーパーアリッサム’フロスティナイト’は梅雨入りを控えて強めに剪定しました。
しかし本当に梅雨は来るんでしょうか。
晴天の猛暑が続くので、明日は臨時で畑の水やりに行ってきます。


b_kfd

手乗りハス

kfcp150526-1

キリン「手乗りハスやて」

片手に乗せられるほど小さい鉢でも育つことから、手乗りハスというんですって。
ホームセンターでみつけました。品種名は’雪の精’。

kfcp150526-2

ためてある水にミジンコ的な生き物が泳いでいたので、危険な農薬は使ってないようでした。
念のため水を換えて1日おいてから金魚の鉢へ。

kfcp150526-3

お寺の池などで咲いている蓮の10分の1サイズ。
こんなに小さいのにちゃんと花芽が、しかもふたつも。
これで997円ですよ。

kfcp150526-4

kfcp150526-5

コマ「水玉おいしい♪」

kfcp150526-6

金魚のちーとぶーも、隠れる場所ができてうれしそうです。
今まで入れていたミソハギは畑に戻すことにしました。

kfcp150526-7

金魚葉椿は新芽から金魚葉でした。

kfcp150526-8

畑の睡蓮。去年子株をさしあげたべにほさんとこでは、もう花が咲いたというのに、うちのはまだですよ。
植え替えてないそうですが、そのほうが生育が早いのかしら。

水を飲みに来たテントウムシなどがよくおぼれているので、恩返しを期待してそのつど救出します。
黒いカナブンを助けて地面に置いたら、歩き方が何か変でした。
よく見るとゲンゴロウでしたわ〜。
あわてて水に戻しました( ̄∀ ̄;)
いやあ、ゲンゴロウってかってにわくものなんですね。


b_kfd

猫と薔薇の日々

kfcp150524-1

もう散ってしまったものもありますが、今年のバラ写真をば。
まずはディスタント・ドラムス。

kfcp150524-2

kfcp150524-3

kfcp150524-4

咲き初めから終わりまで刻々と色が変わって楽しませてもらいました。

kfcp150524-5

ミニバラ’グリーンアイス’
これも咲き進むにつれて色が変わるタイプ。

kfcp150524-6

ミニバラ’オーバーナイト・センセーション’

kfcp150524-7

kfcp150524-8

kfcp150524-9

品種不明のミニバラ。最近ミニバラの魅力にめざめました。
カニ歩きの狭いベランダには、小さいバラがお似合いよ。

kfcp150524-10

ミニバラ’キャットパンチ’
ねこの花瓶は海月母からのもらいもので、百円均一にあったらしいです。

国際バラとガーデニングショウのテレビ中継を録画で見ました。
風のガーデン、ベニシアさんやイェンス・イェンセンさん、ケイ山田さんのコーナーなど、NHKのガーデニング関連でよく見る顔ぶれがそろっていました。
が、「植物男子ベランダー」のコーナーはなかったみたいですね。

私も最終回まで主演のトモロヲさんの演技についていけるか自信がなくなってきました。
でも大橋トリオさんの歌は好きだなー。


b_kfd

ツルとサギの死闘

kfcp150523-1

ブラックベリーの花が咲き、ジューンベリーが熟してきました。

kfcp150523-2


kfcp150523-3

kfcp150523-4

ブルーベリーもわが家のベランダ史上初、豊作の予感。
原稿やCG作業で目がちかちかしてくるので、カモン、アントシアニンなのです。
老眼にも効くかしら(゚ーÅ)

kfcp150523-5

この花はクランベリー。

kfcp150523-6

花が鶴の頭に似ているのでCranberryというそうな。

kfcp150523-7

細長いしゅっとした葉っぱは、花が鷺に似たサギソウ。
ツルとサギの死闘を見たかったんですが、微妙に花期がずれているみたい。

kfcp150523-8

まあいいか…


b_kfd

猫とガーデニング

kfcp150522-1

金魚草。アブラムシまみれでべとべとだった枝葉をばっさりカットした後、二番花が無事咲きました。

kfcp150522-2

kfcp150522-3

アブラムシを退治してくれたナナホシテントウ(↑画像中央)も、無事成虫になっていました。
アブラムシが減って餌が足りないと共食いするらしいので、生き残ったのは精鋭だと思われます。
飛び立つ前に卵を産んで行ってくれるといいなあ。

kfcp150522-4

猫草として育てているグラス’ペニセタムビロサム(銀狐)’

kfcp150522-5

いい感じにブシャーと伸びてきたので、猫に解禁。

kfcp150522-6

ベランダのあちこちにアブラムシがわいた時、農薬を使いたくなるのを我慢してよかった。

kfcp150522-7

キャットミント’ウォーカーズロウ’。

kfcp150522-8

ミントティーやミントシロップにチャレンジしてみようかな。

kfcp150522-9

アサヒが酔っぱらっています。

kfcp150522-10


b_kfd

そろそろ梅雨?

kfcp150520-1

マンション花壇に植えた花色不明のアジサイは、ピンクのガクアジサイでした。
金平糖みたいでかわいい :*:・( ̄∀ ̄)・:*:

kfcp150520-3

ベランダでは露草’紫御殿’も咲きました。

kfcp150520-2

アサヒ「紫御殿ってたいそうな名前やな」

kfcp150520-4

クレマチスも咲いてます。

kfcp150520-5

kfcp150520-6

キリン「瀬戸紫ってクレマチス、きれい♪」

kfcp150520-7

おひざから水を飲みたいコマ姉さん。

kfcp150520-8

予定通り歯の詰め物を直してもらいました。1日で治療完了。
昔は石膏みたいなので型をとって2週間後にとりつけみたいな段取りだったのに、隔世の感があります。
いい時代になったものだわ。


b_kfd

シナモンの香りで思い出す

kfcp150519-1

「キャットミントはマツタケの香り」疑惑を確かめるべく、夜が明けてから葉っぱを匂ってみました。
マツタケは感じられず、シナモンというかニッキの葉に包んだ小豆団子の匂いを思い出しました。
ちょうど今、シーズン。懐かしいなあ。団子の記事が本家ブログにあります。→

kfcp150519-2

キャットミントの小花は何にでも合わせやすいです。

kfcp150519-3

kfcp150519-4

kfcp150519-5

黒法師は晴れた日より雨の日がきれいです。

kfcp150519-6

kfcp150519-7

アサヒ「浮気者!」アキ「いてっ」 

kfcp150519-8

「エビ子にもムラムラしてからにほんまにもー」

「つい、あのグレートスメルにくらくらっと」 

kfcp150519-9

「しゃあないなあ」「すいません...」 

kfcp150519-10

コマ「雨降って地固まる的な?」

アキとアサヒはすごく仲良しなんですが、アキがムラムラするのはエビスなんですよね。
男って…( ̄ー ̄;

ところで昨日、もちもちしたのりたまおにぎりを食べていたら、
奥歯の詰め物(金属)がとれてしまいました(゚ーÅ)
詰め物がとれるなんて人生初です。
そういえば両親が餅や団子を食べるとき、歯の詰め物が取れるのをすごく警戒していたっけ...
私もこれからよくあることなのかしら。
明日、イヤだけど歯医者さんに行ってきます。


b_kfd
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク