FC2ブログ

リスク分散

カエルの画像が出てきます。苦手な方はご注意を。

kfc01912-1

kfc01912-2

kfc01912-3

kfc01912-4

kfc01912-5

kfc01912-6

kfc01912-7

kfc01912-8

コロナ対策で集まっての花見も自粛するようにとのこと。
花は今年見なくても毎年咲くけど、命は一度亡くしたら戻らない、というようなことをニュースで言っていました。
こんなときこそ、自宅で植物を眺めるのがいいかも。

kfcp01912-1

植物沼漫画展でお世話になった、神戸市立花と緑のまち推進センターの苔庭。
水に浮かぶ椿が美しかったです。

kfcp01912-2

我が家にも苔をあちこちに配置しました。
つぶつぶがたくさんあるのは、gerogeroさんが植物譲渡会に持ってきてくださったもの。

kfcp01912-3

kfcp01912-4

夏場の乾燥で苔は傷みがちですが、カエルの水槽のは一番安定しています。
湿度がポイントなのかも。

kfcp01912-5

kfcp01912-6

タマゴケはこの目玉親父がかわいいです。

kfcp01912-7

しみつぼ仕立ての苔。
ダイソーの素焼きの塩容器がいい塩梅です。
室内だと満杯の水が1週間で空になります。
週に一度、水を注ぐだけ。
忙しくて毎日霧吹きなんてやってられない、というかたにもいいかも。

kfcp01912-8

kfcp01912-9

kfcp01912-10

海月ファームグッズ通販受付中。イラストのご注文は3月末でいったんしめます。
すでに30名ほどのかたがご注文くださいました。

kfcp01912-11

なぜかそのうち4名様が伊藤さんとおっしゃるのです。
多い苗字ではあるけれど、そんなことってあるんですね。
前世で伊藤一族と何かあったのでしょうか。


b_kfd

スポンサーサイト



苔を撮る

kfc01818-1

kfc01818-2

kfc01818-3

kfc01818-4

kfc01818-5

kfc01818-6

kfc01818-7

kfc01818-8

kfcp01818-1

雪眼鏡は雪の結晶を見るための虫眼鏡です。
小さいのでキーホルダーやペンダントトップとして身につけられます。

kfcp01818-2

猫毛が写っとるがな(ΦωΦ)

kfcp01818-3

うさぎは耳がいいので、シャッター音やレンズがズームで動く音ですぐ気付いてしまいます。

kfcp01818-4

kfcp01818-5

先日のKOBEきのこコケ展でのひとこま。

kfcp01818-6

きーーやーーー!

kfcp01818-7

1月5日から26日まで、大阪の咲くやこの花館で、「POPなきのこ展」が開催されます。
こけ展やきのこリウムの展示もあるそうですよ。


b_kfd

苔は移植するとなぜ枯れるのか

kfc01798-1

kfc01798-2

kfc01798-3

kfc01798-4

kfc01798-5

kfc01798-6

kfc01798-7

kfc01798-8

最後のこまの猫はののちゃんです。
ガードレールにもたれて車を眺めるのが大好きな猫さんでした。

kfcp01798-1

カリンの盆栽。日当たりを重視したため、苔が犠牲になりました・°°・(>_<)・°°・。

kfcp01798-2

カエルのお皿に植えたスナゴケは、直射日光で端が焦げました。

kfcp01798-3

ベランダの日陰のホソウリゴケは大丈夫でした。

kfcp01798-4

スナゴケのテラリウム。牛も好きなので眺めていると和みます。

kfcp01798-5

kfcp01798-6

おニューのヒーター夢暖望660。温風が出ないので空気が汚れず、音もしません。
エアコンのようにすーすーしなくて体が芯から温まります。

kfcp01798-7

私の6畳間なら、400wでじゅうぶんでした。
エアコンで乾燥するのが苦手な方にはおすすめです。
表面が熱くなりすぎないので、猫が焦げないのもポイントです(ΦωΦ)


b_kfd

苔庭をめざして

kfc01789-1

kfc01789-2

kfc01789-3

kfc01789-4

kfc01789-5

kfc01789-6

kfc01789-7

kfc01789-8

このはさんの庭の苔のようすはこちら→

kfcp01789-1

カエルの皿に乗せたスナゴケ。

kfcp01789-2

水を張っておけるので、乾燥しにくいぶん枯れにくいようです。

kfcp01789-3

乾燥したものに水をかけると、筆状態だったのがみるみる星のように開いてきれいです。

kfcp01789-4

うさぎの皿に乗せたのは毛足の短い苔。
ホソウリゴケかな?
葉っぱはアジュガです。春に青い花が咲きます。

kfcp01789-5

カンアオイの根元を苔で覆ってみました。

kfcp01789-6

テラリウムにもスナゴケ。

kfcp01789-7

とりあえず敷き詰めてみました。フィギュアをのせてもいいかもしれません。


b_kfd

小心者

kfc01780-1

kfc01780-2

kfc01780-3

kfc01780-4

kfc01780-5

kfc01780-6

kfc01780-7

kfc01780-8

kfcp01780-1

畑の近くの道端で採取した苔。
自宅マンションの花壇の苔より毛足が長く、種類が違うようです。

kfcp01780-2

kfcp01780-3

kfcp01780-4

盆栽の一種「盆景」で、苔だけを盛ったものがあります。
カエルの器で一種類の苔だけの盆景を、じっくり育ててみたいです。

kfcp01780-5

kfcp01780-6

ウサギゴケは三杯酢で食べられそうな外観です。
植え込み材料は水苔推奨なのですが、水苔は腐るので定期的に植え替える必要があるとか。
前に水苔で腐らせた前科があるので、今回は保水性があるタイプのパーライトを使ってみました。

kfcp01780-7

コマ姉さんの瞳もきれいなライトグリーンです。


b_kfd
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク