野鳥は見ている

kfc01141-1

kfc01141-2

kfc01141-3

kfc01141-4

kfc01141-5

kfc01141-6

kfc01141-7

kfc01141-8

山と渓谷社の野鳥カレンダーにむかって、ジョウビタキが窓ガラスにぶつかってきた時はびっくりしました。
どちらもオスでした。

kfcp01141-1

ハシボソガラスかな。
確証はないけど、近所のクルミの木に巣を作っているペアの片方のような気がします。

kfcp01141-2

kfcp01141-3

畑にいたジョウビタキのオス。
5mくらいの距離を保って、私の周囲を飛び回っていました。
虫を掘り起こすのを期待していたのかも。
生ゴミ堆肥を埋めるために掘り返した穴を、防草シートで覆ってしまって、悪かったわねー。
覆っておかないと、放し飼いの犬か野生動物が掘り返してしまうのです(゚ーÅ)

kfcp01141-4

小松菜を収穫して、青菜豆腐丼を作りました。
寒さで糖分が増していて甘かったです。片栗粉であんかけにしたので、あったまりました。
野菜嫌いのお子様…いえおトッコ様も、おかわりしていました。

kfcp01141-5

トッコが苦手なパクチーも、入れたらよかった。

kfcp01141-6

お土産の猫草をかじるひとたち。

kfcp01141-7


b_kfd
スポンサーサイト

野鳥とつきあう

kfc01133-1

kfc01133-2

kfc01133-3

kfc01133-4

kfc01133-5

kfc01133-6

kfc01133-7

kfc01133-8

タイトル買いした中西悟堂『フクロウと雷』、おもしろかったです。
中に推薦文のようなしおりがはさまれているんですが、これを書いたのが、先日読んだばかりの『カラスの教科書』の松原始さんだったのも偶然の一致でした。

kfcp01133-1

鳥の話題が出たので、小鳥のおりん「ことりん」をば。
ハル母さんとアキの遺影の前に置いて、お供えの水(兼・猫の飲み水)を毎朝替える時にりんりん鳴らしています。

kfcp01133-2

今、セントポーリアが満開です。

kfcp01133-3

思ったより大きくなって手狭になったので、初夏になったら植え替えようかな。

kfcp01133-4

kfcp01133-5

青い花は気持ちを落ち着かせてくれます。


b_kfd

カラスの教科書

kfc01110-1

kfc01110-2

kfc01110-3

kfc01110-4

kfc01110-5

kfc01110-6

kfc01110-7

kfc01110-8

kfcp01110-1

動物行動学者・松原始さんの『カラスの教科書』は、カラスをひたすら観察したうえで知り得た生態をかいつまんで楽しく紹介してあります。
つがいのオスが隠したスパゲティを、あとから奥さんカラスが来て全部食べてしまった話とか、観察しているカラスが食べているのが自分の持参した貴重なパンだったとか。
動物行動学者の生態を含めて面白いです。

kfcp01110-2

kfcp01110-3

うちのカラス猫たちも、見ていておもしろいです。

kfcp01110-4


b_kfd

バードケーキ

kfc01087-1

kfc01087-2

kfc01087-3

kfc01087-4

kfc01087-5

kfc01087-6

kfc01087-7

kfc01087-8

kfcp01087-1

バードケーキの材料は、炭水化物(小麦粉、パン粉)、油脂(ラード、牛脂)などを練るだけ。
カラスに丸ごともっていかれないようまつぼっくりや目の粗いざるなどに詰めます。
虫を食べる野鳥が、冬場餌が少ないときに食べに来るらしいです。
生地は余ったら冷凍しておくといいそうな。

kfcp01087-2

kfcp01087-3

たまにイソヒヨドリやスズメが飛んでくるんですが、すぐ逃げてしまいます。

kfcp01087-4

猫6頭が交代で見張っていますからねー。

kfcp01087-5

kfcp01087-6

いつの間にか鳥の糞がしてありました。
何を食べたらこんな色になるのか、という鮮やかなグレープ色です( ̄∀ ̄;)
カラスもきれいでかわいくて見ているぶんには飽きないけど、ベランダには来ないでほしいなあ。

kfcp01087-7

海月ファームだより(1)~(4)kindle版
発売中

b_kfd

野鳥がくる庭

kfc01083-1

kfc01083-2

kfc01083-3

kfc01083-4

kfc01083-5

kfc01083-6

kfc01083-7

kfc01083-8

kfcp01083-1

新入りのロシアンオリーブと、薄紫のミニバラ“ラミー”

kfcp01083-2

ロシアンオリーブはヤナギバグミ、サソウともよばれ、楊貴妃が好んだ香料でもあるとか。
サジーというのと混同していましたが、別物だそうです^^;
花が咲くのが楽しみです。

kfcp01083-3

金魚の水は猫に人気で、未明に鳥も来ているらしく、時々脂が浮いています。
昼間はニャコムがいるので近寄りがたいようです。

kfcp01083-4

海月ファームだより(1)~(4)kindle版
発売中

b_kfd
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク