カイガラムシ

kfc01002-1

kfc01002-2

kfc01002-3

kfc01002-4

kfc01002-5

kfc01002-6

kfc01002-7

kfc01002-8

kfcp01002-1

↑ビカクシダ“リドレイ”。うちでの愛称は“キャベツさん”

kfcp01002-2

↑“ビフルカツム”と“ビーチー”
肉眼ではわからなかったカイガラムシが、パソコンで画像拡大したらはっきり見えました。

kfcp01002-3

こすり洗いしてすっきり。

kfcp01002-4

kfcp01002-5

↑和室の窓辺、見切り品だったプレクトランサス。
寒さに弱いらしいですが、ここで無事冬を越し、今年も花を咲かせました。

kfcp01002-6

その横はジャングル。
ポトス、トラデスカンチア、アマリリス、孔雀サボテン、月下美人、シャコバサボテン、洋ラン、セントポーリアなどの寒がりグループが並んでいます。

kfcp01002-7

その手前が猫タワーマンション。
最近はナツの留守中に最上階でキリンが寝ていることが多いです。

海月ファームだより(1)~(3)kindle版
発売中

b_kfd
スポンサーサイト

夏のビカクシダ

kfc00919-1

kfc00919-2

kfc00919-3

kfc00919-4

kfc00919-5

kfc00919-6

kfc00919-7

kfc00919-8

kfcp00919-1

今日放送の「趣味の園芸」は、ビカクシダ特集でした。

kfcp00919-2

司会の三上さんがくいついていたように、ビカクシダファンは男性が多いのかも。

kfcp00919-4

kfcp00919-5

フラワーセンターの巨大ビカクシダ。

kfcp00919-6

kfcp00919-7

kfcp00919-8

このスプーンみたいなところに、胞子がびっしりついています。
洗濯物に着くと汚れるし、ちょっと臭いらしいです(;´д`)

「海月ファームだより(1)」kindle版


発売中



b_kfd

トナカイもしおパフ

kfc00831-1

kfc00831-2

kfc00831-3

kfc00831-4

kfc00831-5

kfc00831-6

kfc00831-7

kfc00831-8

kfcp00831-1

ビカクシダ“ビーチー”

kfcp00831-2

葉先が赤ちゃんの手みたいで、それがゆれておいでおいでするのがかわいいです。

kfcp00831-3

キャベツさん(リドレイ)。

kfcp00831-4

キャベツの隙間から小さい角がちらり。

kfcp00831-5

“ビフルカツム”はスペースの都合で、無暖房のリビングで越冬しました。
南日本では屋外でも越冬することがあるらしいです。

kfcp00831-6

“スパーバム”もおへそから新しい芽が出てきました。
暖かくなったら全員、リビングに集合する予定です。


b_kfd

日新除魔

kfc00770-1

kfc00770-2

kfc00770-3

kfc00770-4

kfc00770-5

kfc00770-6

kfc00770-7

kfc00770-8

kfcp170128-1

今日の写真は、獅子でも猫でもなくトナカイのようなビカクシダです。

kfcp170128-2

kfcp170128-3

kfcp170128-4

最近みんな調子がいいのよ。

kfcp170128-5

kfcp170128-6

ビカクシダの花言葉は魔法、信頼、助け合う、など。
何にでも花言葉ってあるのねえ。

kfcp170128-7




ケーキを買うはずが

kfcp161224-1

kfcp161224-2

クリスマスシーズンなので、トナカイの角のようなビカクシダ“リドレイ”と“スパーバム”を載せます。

kfcp161224-3

kfcp161224-4

ケーキを買いに行ったはずが、ミニバラを買って帰ったという…

kfcp161224-5

ポリアンサローズ“シュネープリンセス(白雪姫)”
“ディックコスター”の枝変わり品種。
マンション花壇に植えている赤いミニバラがたぶん“ディックコスター”。
暑さに強く丈夫で、ほぼ一年中咲くお得なバラなのです。

kfcp161224-6

前からいいなーと思っていたのが、満開になってしかもサービス価格。

kfcp161224-7

『趣味の園芸』1月号裏表紙に載っていた広告。
車の屋根を家庭菜園にしてしまおうという「箱べる畑BACSAC」
検索したらお値段は非公開みたい。

kfcp161224-8

『建築知識』1月号、全体の約半分の70Pが猫のための家づくり特集。
猫の生態をふまえた家のしつらえを詳しくとりあげていました。
あらゆる図に寸法が書いてあったり、「〜すると(猫に)好評」といった猫目線の記事がよかったです。
今のところ家を新築する予定はないけれど、老後に引っ越すならこんな家がいいなあと妄想できるので買ってよかったです。

kfcp161224-9

ラストは実家の七面鳥。
父が可愛がっていて、食用ではありません。
一般家庭のオーブンに入るサイズでもありません。





プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク