ゴミ箱問題

kfc00790-1

kfc00790-2

kfc00790-3

kfc00790-4

kfc00790-5

kfc00790-6

kfc00790-7

kfc00790-8

kfcp00790-1

ロフトベッドの下にランをいくつか置いています。
ほとんどが見切り品です。

kfcp00790-2

kfcp00790-3

新入りのラン。シンビジュームです。

kfcp00790-4

6,800円が980円だったのよ。

kfcp00790-5

黄色い花に黒い鉢はどぎつい感じがするので、白い鉢カバーをつけました。

kfcp00790-6

ゴミ箱に見えますがゴミ箱です。

kfcp00790-7

黄色と黒は警戒色。わかっちゃいるけど、このちゃんちゃんこはお色おまかせのセール品だったのですよ。


b_kfd
スポンサーサイト

ラブレターフロム叔母

kfc00765-1

kfc00765-2

kfc00765-3

kfc00765-4

kfc00765-5

kfc00765-6

kfc00765-7

kfc00765-8

kfcp170123-

叔母から届いた写真。
花色未確認で送ったので、こんな色だったのかとびっくりですよ。
叔母はゴミ置場に捨てられそうになっている胡蝶蘭をもらいうけて咲かせたりする名人です。

kfcp170123-2

うちの拾ってきた胡蝶蘭はようやく葉っぱが2枚。
葉が4枚以上になると花が咲くらしいです。

kfcp170123-3

去年処分価格で買った胡蝶蘭は花芽がついてます。

kfcp170123-4

かじられる…

kfcp170123-5

kfcp170123-6

親戚の話題ついでに、兄からの年賀状。
柴犬の小雪嬢に子分ができたそうです。
ふたりとも爪切りが苦手だそうな。爪切りは物心つく前に慣れさせないと。




蘭がいっぱい


kfcp161018-1

ホームセンターに買い出しに行ったら、見切り品コーナーに蘭が。

kfcp161018-2

この大きなバルブに見覚えがあるので、たぶんグラマトフィラム“ヒヒマヌ”という緑色の蘭ではないかと。
栄養を蓄える大事なバルブを、こんなにぶったぎらなくてもいいのにねえ(゚ーÅ)
余っていた陶器鉢に植え替えてみました。

kfcp161018-3

見切られていた胡蝶蘭。
鉢穴のない花瓶などに植えて、たまに水をためて5分くらい水を吸わせてから水切りします。

kfcp161018-4

苔玉の胡蝶蘭。

kfcp161018-5

kfcp161018-6

軽石仕立ての胡蝶蘭。

kfcp161018-7

ベランダで日光浴のキリン嬢。海月の足に尻をくっつけて充電中です。

kfcp161018-8





雨と苔


kfc00632-1

kfc00632-2

kfc00632-3

kfc00632-4

kfc00632-5

kfc00632-6

kfc00632-7

kfc00632-8

ナウシカのラボみたいできれいでした。
カメラを忘れたのが悔やまれます。
また雨の日に見に行きたいです。

kfcp160829-1

3週間前に苔玉にしたコチョウランとアジアンタム。

kfcp160829-2

器を変えたり吊り下げたりして楽しんでいます。

kfcp160829-3

コチョウランは苔玉にしたら調子がいいです。
しかも水やりが数日に一回水に漬けるだけでいいので、お世話も楽。
コチョウランも苔も大好物なので、夢のコラボです。

kfcp160829-4

ひと月前には水不足ではげ山状態だったトキワシノブも、水が足りなかったとわかって水攻めにしたらぼーぼーに繁りました。

kfcp160829-5

kfcp160829-6

アジサイ“霧島の恵み”は緑色になってきました。このあと紅葉のような色になるそうな。
ひとつの花房はソフトボールサイズ。スペースがあまりない方にもおすすめです。
新枝咲きなので急いで剪定しなくても来年も咲くので安心です。
酸性土に植え替えたので、来年は水色の花が咲くといいなあ。

kfcp160829-7





胡蝶蘭の着生

kfc00620-1

kfc00620-2

kfc00620-3

kfc00620-4

kfc00620-5

kfc00620-6

kfc00620-7

kfc00620-8

kfcp160817-1

ほかの蘭はヤシ殻ハンギングバスケットに、熟成バークを入れて植えています。
ヤシ殻に根っこが食い込んでいるので、最終的にはバークなしでもいけるかも。

kfcp160817-2

ゴミの日に拾った胡蝶蘭と見切り品の胡蝶蘭もなんとか生き延びています。

kfcp160817-3

胡蝶蘭は太くてみずみずしい根っこを見るのが楽しいです。
花は二の次というか、何年も咲かなかったりするので、根っこを楽しむしかないじゃないの。

kfcp160817-4

kfcp160817-5

アグニャス・ラムはanemoneさんの作品です。

kfcp160817-6

貝殻ブラは大量の貝殻パーツから、ブラに最適な組み合わせをみつけたそうです。

kfcp160817-7

私はよく水やりで失敗するので、水苔よりこれのほうが調子がいいです。





プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク