FC2ブログ

よんじょう画伯の個展

今日は記事をふたつアップします。

kfcp01674-6

4日午後、神戸によんじょう画伯の個展を見に行ってきました。
ニース在住でフランスの題材も多いけど、日本や海外の神話伝説などもあり、ひとつのジャンルにとらわれない豊かな世界になっております。
今回ほとんどの絵が名刺サイズで、ものすごく細かく描かれていて、毎回その手作業のこまやかさにびっくりします。

kfcp01674-7

どの絵もすてきでかわいくて小悪魔的な魅力にあふれていました。

kfcp01674-8

会場のレストランロダンには、毎年画伯が描き加えた壁画が。

kfcp01674-9

鳥獣人物戯画か百鬼夜行絵巻みたいになっていて、たいへんツボでした。
とくにこのオバQ。たまりません。

kfcp01674-10

バンクシーみたいに高値がつきそうです。

kfcp01674-11

零細漫画家が買えるお値段ではなくて、見るだけでしたが、眼福でございました。

kfcp01674-12

買い取った人から運気があがったという話がぞくぞくとあるとか。
私もあやかれるといいなあ。


b_kfd
スポンサーサイト

大種苗交換会2019

kfc01632-1

kfc01632-2

kfc01632-3

kfc01632-4

kfc01632-5

kfc01632-6

kfc01632-7

kfc01632-8

kfcp01632-1

兵庫県立加西フラワーセンターの、会員限定企画、大種苗交換会。
苗をやりとりするのと、園芸談義ができるお友達を探すのと、いろんな交流ができそうです。
隣の席にいた女性が、去年も隣にいたことが判明。
お互いに自己紹介したり園芸の話をしたりして、楽しかったです。
電話番号を公表してしまったおじいさんも、いいお相手がみつかっていたらいいけど。

たくさんの苗や種がただで手に入るとあって、皆さん一斉にほしいものに向かっていました。
今朝切ったばかりのような挿し穂などもあり、お店とは一味違うラインナップでした。
私が持って行ったサボテンの白檀や、woojyanさんからいただいて増やしたトラデスカンチアなど、持参したものすべて貰い手がつきました。
畑ワサビも人気で、4、5本ずつ10袋に分けて袋詰めしたものが、あっという間になくなりました。

kfcp01632-2

ホウセンカやセンニチコウ、ゼラニウム、スイセンノウは、マンションの花壇に植える予定です。

kfcp01632-3

リスのしっぽ、うさぎのしっぽというイネ科の草の種。
前にも種をいただいて植えたのがなかなか生えなかったのだけど、今度は成功させたいです。

kfcp01632-4

いい気分転換になりました。
留守番していた土星猫。

kfcp01632-5

わっかが小さいと傷口をなめてしまい、大きいと移動や飲み食いがしづらいという…

kfcp01632-6

kfcp01632-7

梱包材のプチプチで自作したものが、動きやすく傷もなめられないサイズでよかったです。


b_kfd

六つ子のカピバラを見に行く

7月の作品展についておしらせです。
7月14日16時から17時のトークイベントは、会場スペースの都合で、収容できるのが最大30名さまくらいになりそうです。
(立ち見の可能性あり。)
当日ご参加いただける方は、事前におしらせいただけると助かります(。-人-。)
海月は会期中は毎日在廊予定です。
夕方は猫の世話のために早めに帰るかもしれません。
ゆっくり話したいという方は、トークイベントの時間帯以外に来られるといいかもですよ( ̄∀ ̄)

kfcp01619-1

今日は作品展の打ち合わせで神戸に行っておりました。
だいぶ先だと思っていたらもうあと一ヶ月。

というわけで今日の漫画はお休みです。
昨日ダッシュで行ってきた姫路市立動物園の様子をごらんください。
入園料は200円だけど、駐車場が満杯で、臨時駐車場が800円もしました(;´д`)

kfcp01619-2

カピバラのカロンとおもちの間に六つ子が生まれたので、見たかったのです。
モルモットみたいで愛くるしかったですよ。
カピバラといえば風呂、姫路らしくお菊井戸の形です。
(姫路城にはお菊さんの皿屋敷の怪談があるのです)
井戸の脇にはしゃちほこが。

kfcp01619-3

ゾウの姫子。

kfcp01619-4

キリンのキキ。

kfcp01619-5

フラミンゴウ。

kfcp01619-6

アヒル。

kfcp01619-7

アカカンガルー。

kfcp01619-8

オタリア。
休日のお父さんみたいなのばっかりですねー。

kfcp01619-9

ツチブタ。

kfcp01619-10

ひなたぼっこのナツ。

kfcp01619-11

ふとんにもぐるのも好きです。

kfcp01619-12

眠れる森の美魔女。


b_kfd

ナラガシワを探して

kfc01593-1

kfc01593-2

kfc01593-3

kfc01593-4

kfc01593-5

kfc01593-6

kfc01593-7

kfc01593-8

kfcp01593-1

斑入りどんぐり、ナラガシワ“アルデンテオマルギナータ”
雌花が以前より肉眼で判別しやすくなった気がします。

kfcp01593-2

その受粉相手の雄花を探して、姫路城の隣の好古園へ。
「姫路 ナラガシワ」で検索したら、好古園の入り口に生えているという情報がすぐわかったのです。
ネットってありがたいわー。
好古園には海月の苦手なアレがうようよ泳いでいるので、池の中の橋は渡りませんでした。

kfcp01593-3

ビオトープコーナーの魚は、小さいメダカだけだったのでかわいかったです。
姫路城の近くを歩いていたら、鷹匠町という地名がありました。いかにも城下町らしいです。

kfcp01593-4

7月の作品展会場近くに生えていてる黄金葉の樹木。たぶんこれもナラガシワです。
このとき雄花をもらっておけば・°・(ノД`)・°・

kfcp01593-5

好古園のついでに、姫路文学館にも足を伸ばしました。
薮内正幸さんの作品展。図鑑の動物画や「ガンバの冒険」シリーズの挿絵で知られています。
動物の絵が写実的でありながら、萌えポイントをついていて、ほんとに動物好きで描いているんだなあと感じました。
毛や羽毛の一本一本がクリアで、印刷物と原画の違いがよくわかりました。
実物大のアホウドリとか、タカとか、かっこよくて圧倒されましたよ。

kfcp01593-6

↑↓こちらは連休前に立ち寄った、江口寿史さんの作品展のもの。
江口さんの描く女性は「自分がつきあいたい女性」じゃなくて、「自分がこうなりたい女性」なんですって。
変身願望があるんですねえ。

kfcp01593-7

大御所の絵のあとになんですが、作品展に向けてカラーイラストの練習をしています。
今回はサクラマット水彩で。

kfcp01593-8

↑ハンセン病療養所邑久光明園のマスコット「こみょたん」と、『麦ばあの島』の麦ばあ。

kfcp01593-9

↑ブログ仲間のこのはさんちの愛犬コッコちゃん。


kfcp01593-10

↑海月保育園卒園生のこたつくん(小さい頃)。

引き続き絵の練習をがんばります。


b_kfd

大種苗交換会2018

kfc01269-1

kfc01269-2

kfc01269-3

kfc01269-4

kfc01269-5

kfc01269-6

kfc01269-7

kfc01269-8

kfcp01269-1

兵庫県立フラワーセンターの会員限定企画、大種苗交換会に参加しました。
株分けで増やしたオキザリス、ジンジャーリリーなどを出品しました。

kfcp01269-2

50名ほどの参加者が、めいめいたくさんの苗や種を持ち寄るので、会場いっぱいになりました。

kfcp01269-3

kfcp01269-4

kfcp01269-5

食べたリンゴやナシの種をまいて育てた小さな苗をたくさん持参した人もいました。
お金をかけていない点では、私の拾ったアジサイといい勝負です。

kfcp01269-6

アガパンサス、ニチニチソウ、イワヤツデ、エキナセア、ルコウソウなどいただいてきました。
たくさん出品して身軽になったはずなのに、持って行った以上の植物を持ち帰ってしまいました。
無料の魔力です( ̄∀ ̄;)

kfcp01269-7

留守番の妖精が写り込んでいます。

kfcp01269-8

kfcp01269-9

海月にべったりのコマ姉さん。寂しかったのよねー。
このほかに売店で買った斑入り植物もあるのです。どんだけー。


b_kfd
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク