水神様と七月七日

kfc00923-1

kfc00923-2

kfc00923-3

kfc00923-4

kfc00923-5

kfc00923-6

kfc00923-7

kfc00923-8

上の話は新潟の昔話ですが、似たような話は全国にありそうです。

kfcp00923-1

実家の水神様。水害もおさめてくれないかなー(゚ーÅ)

kfcp00923-2

kfcp00923-3

手前の灯篭は亡き祖父が川で拾ったものだそうな。

kfcp00923-4

氏神様。
南九州の古い家は、そこらに井戸神だの土地神だの氏神だのがひしめいているのです。

kfcp00923-5

ビール三姉妹は2010年生まれ、明日が7歳の7月7日。

kfcp00923-6

元気で長生きしてちょうだいよ。

「海月ファームだより(1)」kindle版


発売中



b_kfd
スポンサーサイト

植物の知性

kfc00501-1

kfc00501-2

kfc00501-3

kfc00501-4

kfc00501-5

kfc00501-6

kfc00501-7

kfc00501-8

kfcp151209-1

ステファノ・マンクーゾ『植物は<知性>をもっている』
中盤を過ぎて面白くなってきました。
「ノーベル賞でも二番手扱い」とは、植物の研究ではなかなか賞がもらえないということらしいです。
表紙の絵がちょっと↓うちの寄せ植えに似ている気がします。

kfcp151209-2

エアプランツとセントポーリアと、粗大ゴミ置き場で拾った胡蝶蘭。
いつか胡蝶蘭が恩返しにこないかなー。
こういうのが来たらどうしよう。


b_kfd

異常気象のせい

kfc00368-1

kfc00368-2

kfc00368-3

kfc00368-4

kfc00368-5

kfc00368-6

kfc00368-7

kfc00368-8

春に咲くパンジーや秋に咲く原種シクラメンが今咲いていると、嬉しいというより違和感が先に立ちます。
花はやはり季節どおりに咲いて欲しいです。

kfcp150722-1

↑ギボウシ’ハルシオン’と↓覆輪露草。

kfcp150722-2

kfcp150722-3

梅干しを干すのはのべ4日間。あと3日は晴れが続く日に干したいと思います。
昔の人は週間天気予報もないのに梅を干していたんだと思うと感慨深いです。

kfcp150722-4

茶色のえのき茸のような柿の木茸と、しめじ、下段は露地物で安くなったオクラ。
ちょっと干してから調理すると味がしまっておいしいです。冷凍も可。


b_kfd

カサカサ

kfc00364-1

kfc00364-2

kfc00364-3

kfc00364-4

kfc00364-5

kfc00364-6

kfc00364-7

kfc00364-8

タンブルウィードはオカヒジキの仲間らしいです。
オカヒジキはゆでるとシャキシャキしておいしいですが、タンブルウィードは食べられない感じですね。

市指定のごみ袋をあけようとすると、指がすべってあけられません。
年とると指先から脂がぬけるってほんとですね(゚ーÅ)

kfcp150718-1

台風一過、青空が広がりました。

kfcp150718-2

kfcp150718-3

コマ「海月の枕元はどかへんで」

kfcp150718-4

各部屋のドアに犬猫ドアがついていて、冷暖房の季節はのれんをさげます。
猫には不評です。


b_kfd

河童のウンコ

kfc00218-1

kfc00218-2

kfc00218-3

kfc00218-4

kfc00218-5

kfc00218-6

kfc00218-7

kfc00218-8

土壌バクテリアの画像はこちらのサイトに載っています→

kfcp150203-1

クランベリーはこう見えてつつじの仲間。
酸性土がいいそうです。

kfcp150203-2

爪切りがこわくて、うさぎのオーナメントのふりをするもんじろう氏。


b_kfd
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク