通販今昔

kfc00802-1

kfc00802-2

kfc00802-3

kfc00802-4

kfc00802-5

kfc00802-6

kfc00802-7

kfc00802-8

↑岐阜「なんですかしっかり書いてくださいませんか」
鹿児島「はあ?何ておっしゃっているのか少しもわからない」

岐阜弁はくわしくないのですが、こんな感じでしょうか。

kfcp00802-1

斑入りのどんぐりをネットで取り寄せたお店から同梱されたカタログ。
専門用語がびっしりで、写真がなければどんなものか想像がつきません。
好事家は文字だけでどんな植物かさっと脳裏に描けたんでしょうね。

kfcp00802-2

カラーリーフは花が少ない季節でも日陰でも明るい感じです。

kfcp00802-3

kfcp00802-4

kfcp00802-5

kfcp00802-6

kfcp00802-7

もんじろうは保護うさぎ。
斑模様だからうちに来たわけではありませんが、フイラー好みの柄ではあります。


b_kfd
スポンサーサイト

ネズミモチ

kfc00792-1

kfc00792-2

kfc00792-3

kfc00792-4

kfc00792-5

kfc00792-6

kfc00792-7

kfc00792-8

kfcp00792-1

斑入り葉のトウネズミモチ“プリン”
最近よく見かける庭木のプリペットもこの仲間らしいです。

kfcp00792-2

白と緑色がきれいで、寒くなるとピンクがのります。

kfcp00792-3

ベランダにイソヒヨドリが来たときのようす。
窓際の机の真正面に大きな原色の看板があって、まわりがアースカラーなので妙に目立って気になるのです。

kfcp00792-4

ネズミモチの葉っぱでうまく隠れました。

kfcp00792-5

『モチモチの木』でせっちん(雪隠)という言葉を覚えました。
今も国語の教科書に載っているのかな。


b_kfd

車メンテナンス


kfc00736-1

kfc00736-2

kfc00736-3

kfc00736-4

kfc00736-5

kfc00736-6

kfc00736-7

kfc00736-8

ベンツの形の犬ベッドを初めて見ました。
さすがガソリンスタンド。

kfcp161212-1

ガソリンスタンドのプードル。
何度も私のすその匂いをかいでいました。


kfcp161212-2

ところで斑入り葉カランコエにつぼみがあがりました。
右上の緑色の花は球根ラケナリア“ヴィリディフローラ”

kfcp161212-3

新入りの斑入り葉ガーデンシクラメン

kfcp161212-4

花は赤かピンクでしょう。

kfcp161212-5

チランドシア“キアネア”の斑入り。
アナナス科でパイナップルの仲間で、ピンクのしゃもじ部分から青い花が咲きます。
葉が細いので猫が猫草と間違えてかじろうとしていましたが、堅いのであきらめたもよう。

kfcp161212-6

kfcp161212-7

火星人(チランジア)の仲間でもあるようです。





黒の配置

kfc00656-1

kfc00656-2

kfc00656-3

kfc00656-4

kfc00656-5

kfc00656-6

kfc00656-7

kfc00656-8

kfcp160922-1

ダリア“黒蝶”とオキザリス“トリアングラリス”

kfcp160922-2

kfcp160922-3

kfcp160922-4

クローバー“ティントベール”の四つ葉と五つ葉。
幸運と金運を招くとかなんとか。

kfcp160922-5

黒猫をバックにすると、白い花がきれいに写せます。

kfcp160922-6

とりこんだ洗濯物に乗るフユ。
暗い寒色の服が好きでよく着ますが、重く見えているのかも。
でも明るい色を着れば膨張して見えるんですよねえ( ̄∀ ̄;)




万年青の実


kfc00652-1

kfc00652-2

kfc00652-3

kfc00652-4

kfc00652-5

kfc00652-6

kfc00652-7

kfc00652-8

ニコちゃん大王を知らない方はこちらをご参照ください→

kfcp160918-1

縞斑入り万年青の花。5/22撮影

kfcp160918-2

kfcp160918-3

綿棒で受粉したけど一個も受粉できませんでした。

kfcp160918-4

マンション花壇の万年青。実がなっています。
葉先が白くなる“宝船”という品種ですが、斑が消えてノーマルの万年青に。

kfcp160918-5

万年青にオキザリス“トリアングラリス”をプラス。
市民農園で知らないおじいさんから小さな株をいただいたのが、今ではベランダのあちこちで大きくなり、ちょっと殖えすぎて暑苦しいので花壇に派遣したのです。

kfcp160918-6

これで「花だか草だかわからない」と言われずに済むかな。
自然に生えて来たような感じに植えるのが好きだけど、清掃員さんに抜かれないよう、植えたものだとわかるように等間隔や幾何学的な配置で植えることにしています。

kfcp160918-7

相撲をとるビール姉妹。
今日は雨が降っていてベランダで遊べなくてつまんなかったのよねえ。





プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク