FC2ブログ

ハヤトウリの蜜が招く虫

生のカエルの画像が出てきます。苦手な方はご注意を。

kfc01753-1

kfc01753-2

kfc01753-3

kfc01753-4

kfc01753-5

kfc01753-6

kfc01753-7

kfc01753-8

ハヤトウリを植えるとスズメバチが来る、とチョコミントさんから聞いていたとおり、何匹も飛んできていました。
蜂は花に夢中で攻撃してはこなかったけど、気をつけたいです。

kfcp01753-1

鹿児島の実家でよく食べていたハヤトウリが懐かしくて、植えました。
実家のは白いタイプでしたが、今回育てたのは緑色のタイプです。
熱帯アメリカ原産で、1917年に鹿児島に渡ってきたので隼人の瓜ということで、ハヤトウリと呼ばれるようになったとか。

kfcp01753-2

支柱を覆い隠すように成長して、小さな実がたくさんついています。
1株から200個くらい収穫できることから、千成ウリという別名もあるそうな。

kfcp01753-3

農園長のベッドになっていました。

kfcp01753-4

200個も実ったら食べきれないので、小さいうちからどんどん摘み取ることにしました。
漬物、サラダ、炒め物、煮物、シチューなど、カブと同様に使えます。

kfcp01753-5

kfcp01753-6

緑のハヤトウリは、イエアメガエルに似ていますねえ。

kfcp01753-7

福井の伝統野菜カワズウリは漬物向けで、黄緑に深緑のしましま。
トノサマガエルに似ています。


b_kfd
スポンサーサイト



隣の草木

kfc01728-1

kfc01728-2

kfc01728-3

kfc01728-4

kfc01728-5

kfc01728-6

kfc01728-7

kfc01728-8

隣のものを収穫したり切ったりしていいいかどうかは、地面にくっついている状態かどうかで決まるみたいです。
持ち主が「とってもらっていいですよ」といえば、とっていいそうな。

kfcp01728-1

今年とれたマクワウリとスイカ。

kfcp01728-2

しましまのマクワウリも食べてみたくて、ちょうど売っていたので買ってきました。
種を取って来年植えたいです。
品種はわかりませんが「銀泉マクワ」か韓国の「チャメ」に似ています。
チャメって名前がかわいいです。犬や猫の名前でありそう。

kfcp01728-3

数日前、ニンニクと紫ラッキョウを植えました。
人参とビーツの種も追加でまきました。

kfcp01728-4

アロマレッドという人参が、香りがよくて人参嫌いのお子様にも好評らしいです。
学校給食でこの品種を指定して納品してもらってるところもあるとか。
上のサイトを見ていたら、マクワウリもいろんな種類が出てきました。
来年の野望がふくらみます( ̄∀ ̄)

kfcp01728-5

JAの産直の店で野菜苗が安かったです。
カリフラワー白が60円、黄緑とオレンジ色と紫色のが70円。
ブロッコリーとレタス60円。
少量多品種植えたいものは、種より苗が安上がりかも。

kfcp01728-6

何を植えるか考えるのが楽しいです。

kfcp01728-7

上段がキリン、下段がエビスです。
絵を描く前に猫をどけて、ちょっとトイレに行ったらこれですよ( ̄∀ ̄;)

昔からカタカナの「ク」と「ワ」と「ウ」の書き分けがうまくできず悩みます。
相方トッコは「シ」と「ツ」がだめです。


b_kfd

イチゴの苗取り

kfc01725-1

kfc01725-2

kfc01725-3

kfc01725-4

kfc01725-5

kfc01725-6

kfc01725-7

kfc01725-8

kfcp01725-

すっぱいワイルドストロベリーでも、もんじは喜んで食べてくれます。

kfcp01725-2

フルーツほおずきは熟すと地面に落ちてしまうので、洗濯ネットをかけたほうがいいかも。

kfcp01725-3

ハヤトウリがまだ実りません。茎葉にばかり栄養がいってしまってるのかな。

kfcp01725-4

カボチャも茎葉はとてもしげっているけど、実は1個しか見当たりません。

kfcp01725-5

今年最後のスイカは甘かったです。
白い皮の部分は甘酢に漬けて、きゅうりがわりに冷やし中華に入れました。

kfcp01725-6

肌寒くなり、クールなアサヒも私のベッドで寝るようになりました。

kfcp01725-7

朝、目が合うと
「べ、べつにあんたが好きでここに寝てたんちゃうで!」
という顔をします。


b_kfd

天女と瓜

kfc01710-1

kfc01710-2

kfc01710-3

kfc01710-4

kfc01710-5

kfc01710-6

kfc01710-7

kfc01710-8

kfcp01710-1

皮が黄色いスイカ“金竜”が何個か実りました。
洗濯ネットで鳥獣害からも守れました。

kfcp01710-2

段ボールの猫カフェが、果物屋さんのようになっています。
今日の店長はナツです。中にいます。

kfcp01710-3

kfcp01710-4

kfcp01710-5

このはさんからいただいたメロンが甘くておいしかったです。

kfcp01710-6

このはさんの黄色と緑のズッキーニとナスは、あげびたしに。

kfcp01710-7

ユウガオはスープにしました。
とろっとして美味しゅうございました:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


b_kfd

細長いカンピョウ

kfc01700-1

kfc01700-2

kfc01700-3

kfc01700-4

kfc01700-5

kfc01700-6

kfc01700-7

kfc01700-8

kfcp01700-1

このはさんが栽培された新鮮野菜を、クール宅急便で送ってくださいました。
ユウガオのほかにみどりナス、みどり長ナス、パープルスイートナス、ズッキーニ、かぼちゃ。

kfcp01700-2

細長いユウガオはkitcatさん&ののちゃんのブログで時々みかけて気になっていました。
10kgくらいに育つのを、使い勝手と保存場所のことを考えて若取りして送ってくださったとのこと。
ありがたいことです。

kfcp01700-3

どうやって食べようかな。
このはさんが栽培の様子をブログに載せておられます。→

kfcp01700-4

このはさん、ありがとう:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

kfcp01700-5

今日届いた農業共済新聞のトップは、カンピョウの記事でした。
カンピョウは全国シェアの98%を栃木県産が占めているそうです。
写真は丸い実ですね。
(この新聞は海月の描いた米食推進漫画のファンのかたが、ご好意でただで送ってくださっています。もう10年以上たつのではないかしら。毎号楽しく読ませていただいています。)

kfcp01700-6

スイカの皮の内側の白いところを、浅漬けにしたもの。
先日うっかり未熟でもいでしまったスイカはぬかづけにしました。
ちょっと甘みがあって食べた感じはきゅうりに似ています。


北原白秋の歌で「かんぴょう」というのがあります。
初めて聞いたのは米良美一さんの歌でした。



検索してたら出てきたかんぴょう音頭。
古風な感じですが歌詞にトラックとか出てくるから、最近できた歌なのかな。
かんぴょうでなく「ふくべ」と歌われています。
のんびりした感じで和みました。




b_kfd
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク