FC2ブログ

冬の罠

kfc01770-1

kfc01770-2

kfc01770-3

kfc01770-4

kfc01770-5

kfc01770-6

kfc01770-7

kfc01770-8

kfcp01770-1

網戸を猫が破らないようにする金網に、植物を固定しています。

kfcp01770-2

kfcp01770-3

冬場は日差しの角度が低くなり、室内にも日光が入ります。
パッションフルーツ、マンゴー、ジャボチカバ、アビシニアンアップルなどの熱帯果樹はとうぶん和室で。

kfcp01770-4

kfcp01770-5

猫が鉢をひっくりかえさないよう、金網に固定しています。

kfcp01770-6

いい天気が続き、干し柿が順調に乾いています。

kfcp01770-7

小春日和が長く続いてほしいけど、週末からぐっと寒くなるみたいですね。
風邪をひかないようにしたいものです。
ところで今朝の神戸新聞に、黒猫の赤穂義士が載っていました。
かわいいわー:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


b_kfd
スポンサーサイト



虫にほんろうされる

kfc01767-1

kfc01767-2

kfc01767-3

kfc01767-4

kfc01767-5

kfc01767-6

kfc01767-7

kfc01767-8

kfcp01767-1

相方トッコの職場の人が、渋柿をくださいました。

kfcp01767-2

マンションは冬も一戸建てほど冷えないので、かびてしまうことがあります。
早めに乾くように、くし切りにして干しています。

kfcp01767-3

べっこう色になったら完成。
味見しているうちになくなります。

kfcp01767-4

斑入りダイダイと斑入りキンカンが色づいてきました。

kfcp01767-5

kfcp01767-6

そろそろ天気予報では最低気温が10度をきるようになりました。
マンションのベランダはもう少し気温が高めです。
マンゴーの苗は寒さに弱いので室内にとりこむ予定。
ぎりぎりまで陽に当てて、丈夫に育てたいです。

kfcp01767-7

バンジロウ(グアバ)はばっさり剪定して挿し木しました。
根っこが出たら種苗交換会に出そうかな。


b_kfd

未熟なリンゴ

kfc01742-1

kfc01742-2

kfc01742-3

kfc01742-4

kfc01742-5

kfc01742-6

kfc01742-7

kfc01742-8

ビワの種子に含まれる有害物質については、農水省のサイトに→

kfcp01742-1

リンゴが色づいてきました。

kfcp01742-2

kfcp01742-3

kfcp01742-4

クラブアップル“ロイヤリティー”
未熟なうちから赤い品種で、これはまだ熟していないのです。
捨てるのも惜しいので、飾っています。

kfcp01742-5

トッコが珍しくお土産を買ってきた記念にとってある、シュウマイのしょうゆ入れ。

kfcp01742-6

リンゴは一年中出回っていますが、とれたては特においしいですね。
また台風で農業被害も出るかも。
苦労して育てた人たちは、やるせないだろうなあ。

kfcp01742-7

原画を請け負ったポスターが仕上がりました。
労働組合に加入を呼びかけるポスターです。
兵庫県の関係施設に貼られると思われます。
ありがたいことです。


b_kfd

あのときのブドウ

kfc01738-1

kfc01738-2

kfc01738-3

kfc01738-4

kfc01738-5

kfc01738-6

kfc01738-7

kfc01738-8

kfcp01738-1

ブドウって葉っぱもかわいくて好きです。
実がなるまでは観葉植物として気長に育てようと思います。

kfcp01738-2

写真を撮ったけど収穫し忘れたフルーツほおずき。

kfcp01738-3

来年はこのマクワウリを植えますよ。
種をとりました。

kfcp01738-4

実生アップルマンゴーは新しい葉っぱがどんどん出ています。

kfcp01738-5

korolemonさんからいただいた、レモンに一部みかんを接ぎ木したもの。
葉っぱが何枚も落ちて心配しましたが、植え替えて落ち着きました。

kfcp01738-6

複数の品種が実るよう接ぎ木した果樹を、カクテルツリーといいます。
これはスモモのカクテルツリー。

kfcp01738-7

りんごが少しだけ実っています。

kfcp01738-8

葉っぱの陰に隠れていたイチジクをみつけました。
今年はこれがラストです。


b_kfd

むべなるかな

kfc01731-1

kfc01731-2

kfc01731-3

kfc01731-4

kfc01731-5

kfc01731-6

kfc01731-7

kfc01731-8

「何々をたらふく食べたい」というフレーズは、『動物のお医者さん』の漆原教授のセリフです。
教授が食べたがったのはギンナンとクワイだったかな。
ギンナンは食べ過ぎると危ないらしいですね。

kfcp01731-1

黄色い実のパッションフルーツ“エドゥリス黄”。
冬は室内にとりこむので、小さめの鉢でスタートします。

kfcp01731-2

kfcp01731-3

“エドゥリス紫”も昨秋、黄色と同じサイズからスタートして、今年3個ほど実りました。

kfcp01731-4

kfcp01731-5

kfcp01731-6

実生アップルマンゴー。

kfcp01731-7

姫リンゴ“アルプス乙女”と“長寿紅”。

kfcp01731-8

kfcp01731-9

斑入りのキンカンも色づいてきました。

kfcp01731-10

今年最後のイチジクは“オセアニアスイート”でした。

kfcp01731-11

家にイチジクがあると、売っているイチジクを買うのに後ろめたさがありました。
もうないので、心おきなく市販のイチジクを買えます( ̄∀ ̄)


b_kfd
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク