FC2ブログ

セダムの苔庭

今日は漫画はお休みです。
屋外作業ですったいだれもした(すっかり疲れました)。
朝から相方トッコを職場に送って、その車で植物園に行って、畑に行って、帰ってから花壇の手入れをして、夕方トッコを職場に迎えに行きました。
私が車を使いたいとき、朝夕職場まで送迎するとのべ2時間かかるのです。
ちょっと不便な場所とはいえ、電車とバスを乗り継いで行けないこともないのに…
早起きするのが嫌みたいです(;´д`)

kfcp01268-1

というわけで花壇のようすです。
マツバボタンとポーチュラカの挿し芽をして、ニチニチソウとアガパンサスを植えました。

kfcp01268-2

花が終わったモモイロヒルザキツキミソウが、火をつけたら燃えそうなカラカラ具合になっていたので、撤去しました。
大きなゴミ袋で2杯分ありました。

kfcp01268-3

挿し芽をばらまいて増やしたセダムが、いい感じに育ってきました。

kfcp01268-4

苔の庭に憧れるけど日当たりと水はけが良すぎる、というかたにセダムおすすめです。

kfcp01268-5

この枯葉を掃除する、庭師さんのミニ熊手みたいなのがあるといいなあ。

kfcp01268-6

↑斑入りのセダム“ミルクージ”も地味に増えています。
その左下に見えているのが、REIさんから頂いたルエリア。

kfcp01268-7

植えた覚えのないネジバナがぽつんと咲いていました。
こう見えてラン科なので、ラン菌と共生できない場所では育ちません。
どこかから種が飛んできたのか、土に混ざっていたのか。
うれしいサプライズです。

kfcp01268-8

畑はワイルドストロベリーが最盛期です。

kfcp01268-9

ブルーベリーもちょこっととれました。
畑に鉢を置いてほったらかし、水切れしがちなので、今年は数粒で終わりです。
夏場は日よけをしてあげないと。


b_kfd
スポンサーサイト

ベランダーのラベンダー

kfc01226-1

kfc01226-2

kfc01226-3

kfc01226-4

kfc01226-5

kfc01226-6

kfc01226-7

kfc01226-8

kfcp01226-1

2年くらい前の写真です。右上に写っているのが、フユがかじっていたラベンダー。
猫にラベンダーは危ない(特に精油、アロマがやばい)そうです。
それを知ってすぐ、猫を出さないほうのベランダに移しました。
その後、枯れてしまったのですが、挿し穂で育てた苗が花壇で元気に育っています。

kfcp01226-2

↑2016年の秋。うしろに彼岸花が咲いているので9月のお彼岸頃でしょうか。

kfcp01226-3

↑2018年3月。

kfcp01226-4

↑そして今。タイムと一緒にぼーぼーに茂っています。

kfcp01226-5

うさみみラベンダーも花盛り。
フレミッシュジャイアントをいつか育ててみたいです。
名古屋の東山動物園で見て以来のファンです。
ものすごく食べて出す以外は、ふつうのうさぎと飼い方は一緒だとか。
体重が重たいぶん、足底をいためやすいので、そこは要注意です。


b_kfd

豆乳に礼をいわれる

kfc01219-1

kfc01219-2

kfc01219-3

kfc01219-4

kfc01219-5

kfc01219-6

kfc01219-7

kfc01219-8

kfcp01219-1

チョコミント味の豆乳。
うす甘いシャーベット状になりました。
豆乳の油脂のおかげで、がちがちに凍らないんでしょうね。

kfcp01219-2

最近お気に入りのおやつ、バナナアイス。
豆乳とつぶした完熟バナナとピーナツバターを、5:4:1の割合で混ぜて凍らせるだけ。
これも油のおかげでかきまぜなくてもがちがちに凍らず、食べやすいです。
たくさん作り置きしても、相方トッコが食べないので助かります。

kfcp01219-3

空き地にかってに花を植え育てる、「かってに緑化協会」活動記録。
マンション花壇のシバザクラが去年の何倍も咲きました。

kfcp01219-4

草取りや剪定で、45リットルゴミ袋がいっぱいになりました。

kfcp01219-5

シバザクラとシャガは終わり、今はフレンチラベンダーが咲いています。
挿し芽で増やしたもので、ベランダにある親株より立派です。

kfcp01219-6

ツルニチニチソウ。

kfcp01219-7

2階のおばあさんも、かってに球根を植えておられます。
スターオブベツレヘムと、シラー。

kfcp01219-8

今の管理人さんがむしらないでいてくれるおかげで、花壇を楽しめています。
お礼を言われなくても、花がきれいに咲けば満足です。
このランキングバナーも、何もしないうちからお礼をいって、圧をかけてるんですけどね(笑)


b_kfd

かってに緑化協会仕事初め

kfc01100-1

kfc01100-2

kfc01100-3

kfc01100-4

kfc01100-5

kfc01100-6

kfc01100-7

kfc01100-8

kfcp01100-1

マンション花壇をかってに緑化しています。
今咲いているのは水仙、ミニバラ、ノジギクなど。

kfcp01100-2

kfcp01100-3

挿し芽で増やしたラベンダーがこんもりしてきました。

kfcp01100-4

季節外れのシバザクラ。

kfcp01100-5

同じマンションのおばあさんも、ムスカリやアイリス、ニチニチソウなど植えてくれました。
自身が植えたものの周囲は自分で草取りするのが暗黙の了解になりつつあります。

kfcp01100-6

海月が植えたヒメツルソバが枯れて見苦しいまま年を越してしまったのを、ようやく片付けました。
ナイロンザイルみたいにつるでひろがって根をおろすので、けっこう力がいりました。
グラウンドカバーは茂り具合をうまく調整しないと、荒れ放題と思われて苦情がきそうです( ̄∀ ̄;)

kfcp01100-7

明日からトッコは仕事。ようやく静かに暮らせます。


b_kfd

親知らず

kfc01000-1

kfc01000-2

kfc01000-3

kfc01000-4

kfc01000-5

kfc01000-6

kfc01000-7

kfc01000-8

バッシングなどもあり、美智子さまとお母さんは、距離をおかざるをえなかったそうな。
親子が会えない「親知らず子知らず」の別名をふまえての歌のような気がしてなりません(゚ーÅ)

kfcp01000-1

畑の近くのヒガンバナ。
ヒガンバナは種子ができない3倍体で、生えているのは人為的に誰かが球根を植えたか土砂ごと持ってこられたものだとか。

kfcp01000-2

マンション花壇にかってに植えた白いヒガンバナと赤いミニバラが咲いています。
白いヒガンバナは実家から持ってきたもの。
左下のオリヅルランは横浜支部のまろにゃんさんからのいただきもの。

kfcp01000-3

ツユクサの仲間のムラサキゴテン。これも実家から。

kfcp01000-4

↑↓花友のうりうりママさんから種をいただいた斑入り葉ツユクサと覆輪ツユクサ。

kfcp01000-5

ベランダではうまく咲かないのに、花壇ではよく咲きます。

kfcp01000-6

↑REIさんから苗をいただいたルエリア(ヤナギバルイラソウ)。
マンション花壇のブロックで囲まれた区画に植えました。
これからの成長が楽しみです:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

kfcp01000-7

ところで当ブログは今日で1000記事目となりました。
3年前、某ブログ漫画新人賞に応募するために始めた農園漫画ですが、賞にひっかかりもせず、そのまま続けております。
いいの、ぼけ封じになっているから( ̄∀ ̄)

海月ファームだより(1)~(3)kindle版
発売中

b_kfd
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク