FC2ブログ

草取りがはかどる理由

kfc01952-1

kfc01952-2

kfc01952-3

kfc01952-4

kfc01952-5

kfc01952-6

kfc01952-7

kfc01952-8

kfcp01952-1

近所の飲食店のノイバラがきれいです。
アケビもネズミモチも、溝に落ちた鳥のフンから生えたと思われます。
季節感があって好きな一角です。

kfcp01952-2

kfcp01952-3

マンション花壇の、紫のアイリスとシラー。
2階のおばあさんが植えられたものです。

kfcp01952-4

kfcp01952-5

今日は今年一番の暑さで、家中の窓を網戸にしました。

kfcp01952-6

猫もクールダウンしていました。

kfcp01952-7


b_kfd


海月ファームグッズの通販受付中。
バナーをクリックすると通販のページに飛びます。


b_kfd

スポンサーサイト



種まく楽しみ

kfc01946-1

kfc01946-2

kfc01946-3

kfc01946-4

kfc01946-5

kfc01946-6

kfc01946-7

kfc01946-8

kfcp01946-1

左下がREIさんからいただいたパプリカです。REIさんのブログ→
発芽には高い温度が必要だそうです。
猫のメイ姉さんは、あとからあとから新入りが来たコマと境遇が似ている気がします。

kfcp01946-2

ごぼうの種はこのはさんから。このはさんのブログ→
このはさんちの白犬コッコちゃんは、19歳のご長寿犬です。

スプラウトもごぼうの香りがします。
内緒で食べさせて何の芽か当ててもらうのも楽しいかも。
もんじは苦味にとまどったようですが、食べていました。

kfcp01946-3

生ではちょっと硬くてくせがあるので、さっと炒めました。
ゆでたシュンギクと一緒にシーザーサラダドレッシングであえました。
ゴボウもシュンギクも同じキク科で、相性がいいようです。
市販のゴボウの種は薬品がかかっている可能性があるので、スプラウトを育ててみたいかたは、スプラウト用の種を使われるのがいいかも。

kfcp01946-4

ミニバラ“リトルアーティスト”の種をとってまいたのが、忘れた頃に発芽しました。
盆栽にしてみようと思います。

kfcp01946-5

斑入りハッカクレンの種を買ってまいたものも、ようやく発芽しました。
親は斑入りだけど、その実生苗は斑入りじゃなかった・°・(ノД`)・°・

kfcp01946-8

駐車場のスミレが満開です。

kfcp01946-6

猫友のちえこさんから、和菓子をいただきました。
ちえこさんは訪問往診診療専門の獣医さんです。診療所のサイト→

和菓子は一宮市末広の「いちの」さん→
アマビエとどらねこパッケージの中身は、しっとりしたどらやきです。

kfcp01946-7

美味しゅうございました:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


b_kfd


海月ファームグッズの通販受付中。
バナーをクリックすると通販のページに飛びます。


b_kfd

スミレの道

kfc01934-1

kfc01934-2

kfc01934-3

kfc01934-4

kfc01934-5

kfc01934-6

kfc01934-7

kfc01934-8

kfcp01934-1

マンションの花壇にあきたらず、近所の駐車場にまで種をばらまいています。

kfcp01934-2

野生のスミレの仲間の代表格で、「スミレ」というと、このスミレ(学名はビオラ・マンジュリカ)をさすそうです。

kfcp01934-3

白いスミレも近所のガードレールの下から種をもらってきたものです。

kfcp01934-4

砂地の駐車場にもたくさん生えています。
去年種をまいたのはまだ開花していませんが、来年はもっとにぎやかになるかも。

kfcp01934-5

別の野生のスミレ。畑の公園スペースにたくさん咲いています。

kfcp01934-6

白い花はwoojyanさんからいただいたプリムラ・シネンシス。
青い西洋オダマキは、magieさんからいただきました。

kfcp01934-7

紫のアジュガと黄色のレンギョウは、めんまねえちゃんから。
お知り合いが亡くなって、そこのお庭からひきとったのをいただいたのです。
今年もきれいに咲いてくれましたよ。

kfcp01934-8

自分が亡き後、植物がどうなるかいずれ考えねばならないところです。
とりあえず猫やうさぎやカエルやトッコを全員見とってからですね。
それがうんと先だといいなあ。

kfcp01934-9


b_kfd


海月ファームグッズの通販受付中。
バナーをクリックすると通販のページに飛びます。


b_kfd

植物譲渡会に大物が来た

kfcp01906-1

植物沼漫画展4日目。
植物交換会に、大きなイワヒバが届けられました。
そうとうな年代物です。

それとヒメウツギ2鉢、クリスマスローズ、ハブランサス(?)など。
クリスマスローズとヒメウツギ1鉢は、すぐにほかの方にもらわれていきました。
開花目前のコンニャクはまだ、残っています。
勇気あるかたはぜひ。

kfcp01906-2

会場のバックヤードを根城にする猫さん。

kfcp01906-3

破れ温室で寝直そうとしておられました。
またここのビニールハウスが、いい具合に破れているのですよ。

kfcp01906-4

差し入れをいろいろいただいています。

kfcp01906-5

kfcp01906-6

タロイモたちは元気にしております。
コマ姉さんも吐くことなく寝ていて、一安心。

kfcp01906-7

差し入れをくださったご近所さんの庭園「相楽園」を訪ねたときの記事はこちら→

フユをだっこしている絵、これじゃなかったかもだけど、生原稿が1枚売れました。
ほかにフユがマスクをしている絵も。
ご近所の画廊主さんが買ってくださったのですが、ほんとにその絵でいいの?とどきどきしました。

先日来てくれた姪っ子のひとりは、イエアメガエルのアメちゃんが鳴いている絵を選んでいました。
数百枚ある生原稿の中から、それぞれのお客様がどれを選ぶのかが、予想がつかなくて面白いです。


b_kfd

植物沼漫画展、初日

kfcp01903-1

はじまりました、植物沼漫画展
ぱんとらさんからお祝いにオレンジ色のコチョウランが届いたので、入り口が華やかになりました。
感染症対策で延期になったこともあり、開催しても人が来てくれるのだろうかと、どきどきしながら待っていました。

kfcp01903-2

待っている間、アマビエを描いて心を落ち着かせました。
(絵のうしろは海月のぷりけつ柄ワンピース)

午前中に来られたのは3人。
午後はあまりとぎれずお客様が。
春休み中で手持ち無沙汰な感じのお子様やその保護者も多かったです。
新聞記者のかたも来られました。

kfcp01903-3

同時開催の植物譲渡会に、遠方で参加できないwoojyanさんから、大量の苗が届きました。
中島久美子さんからヤマトトウキの種、定吉さんから珍しい朝顔の種、所薫子さんからフウセンカズラの種、ねこぐうさんからはアマリリスの開花苗をいただきました。
今のところのラインナップです。モリンガは早々にもらわれていって、もうないですが、他はまだあります。

苗…甘夏、カトレア、デンドロビウム、桃色昼咲き月見草、フジバカマ、ガーベラ、ギボウシ、パンジー、ビオラ、リンドウ、フクロナデシコ、アヤメ、スイセンノウ
種…種もみ「あけぼの」、どんぐり、ハヤトウリ、風船かずら、花オクラ、ムギセンノウ、ごぼう、パクチー、食用夕顔、綿、へちま、朝顔(ピンク系)、ホーリーバジル、モリンガ、オキシペタラムブルースター、ハヤトウリ、ヤマトトウキ
球根…コンニャク、ウコン、長島のキクイモ、アマリリス
挿し穂…オリヅルラン、斑入りトラデスカンチア

kfcp01903-4

woojyanさんからいただいて増やした斑入りトラデスカンチア。
挿し穂をあげた先も数十人になろうとしています。
人間を操って繁殖しようとする、植物の生存戦略かも。

kfcp01903-5

グッズのお値段をのせます。

kfcp01903-6

『海月クッキング』1,000円
マーマレードレシピ300円
ポストカード(定型サイズ)200円
ポストカード(普通サイズ)100円
Tシャツ2,200円
トートバッグ2,200円
ポロシャツ2,800円
直筆イラストは1,000〜2,000円代が多いです。一番高いので7,000円。

kfcp01903-7

kfcp01903-8

初めて海月ファームだよりを読んだお客様から、
「なぜこんなに猫やうさぎばかり描くのか」
という質問がありました。
「そこに猫やうさぎがいるから」
としか言いようがないですねえ。

kfcp01903-9

隣接する運動場のついでに立ち寄ったらしい小学生の女の子から、
「どうしてこの子は片目の色が違うの?」
ときかれました。

kfcp01903-10

「緑内障っていう病気で見えないんだよ」
「ふーん、かわいそう」
「でも元気よー」
というやりとりがありました。
子供は意表をつく行動をするので興味深いです。

kfcp01903-11

kfcp01903-12

kfcp01903-13

留守番の人たちも元気でいたようです。

kfcp01903-14

残り4日間、どんな出会いがあるか楽しみです。


b_kfd


プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク