FC2ブログ

舞い歌う埴輪

kfc01568-1

kfc01568-2

kfc01568-3

kfc01568-4

kfc01568-5

kfc01568-6

kfc01568-7

kfc01568-8

kfcp01568-1

クレマチスの誘引はどうしているの?と、ぱんとらさんからご質問をいただきました。
ラティスやアーチにからめていますよ。

kfcp01568-2

kfcp01568-3

kfcp01568-4

kfcp01568-5

1年前にwoojyanさんからいただいた、デンドロビウムが咲きました。

kfcp01568-6

今日また苗をたくさんいただきましたよ。
これは赤い実を鑑賞するビナンカズラ。
以前、近所の土手で野生のビナンカズラをみつけて、挿し木して失敗したことがあります。
苗をいただけるなんてラッキー。
雌雄異株でこれは雌株だから、花が咲いたら土手に花粉をとりにいかねば。

kfcp01568-7

ほかにもこんなにたくさんいただきました。
母好みの赤系統の派手な花も入っているので、いくつかは母にあげようと思います。
ちょうど誕生日プレゼントを詰め合わせて贈る予定だったので、助かりました。
woojyanさん、いつもありがとう:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

今日は暑かった。寒暖差の大きい季節。
皆様ご自愛くださいね。


b_kfd
スポンサーサイト

山形の人

kfc01549-1

kfc01549-2

kfc01549-3

kfc01549-4

kfc01549-5

kfc01549-6

kfc01549-7

kfc01549-8

kfcp01549-1

江戸風情もペレポストも、商品のサイトに開発者の思いやエピソードがあふれていて、他の商品とは一線を画していました。

kfcp01549-2

左がペレポスト、右が猫砂です。
この猫砂は元は暖炉の燃料として売られていたもので、猫砂にする人があとを絶たず、開きなおって猫砂として売り出されたのだとか。

kfcp01549-3

フレッドクラーケアラアフターダークブラックパールと、パフィオペディラムをペレポストに植えてみました。
丸いつぶつぶは乾燥具合を見るために私が散らした素焼きの化粧砂です。

kfcp01549-4

フレッドに新芽が出ていました。

kfcp01549-5

江戸風情は以前育てたマジックオーシャンより色が濃く出ます。
マジックオーシャンは種がとれなかったけど、江戸風情は種をとれるといいなあ。

kfcp01004-3


b_kfd

水やりの目安石

kfcp01542-1

kfcp01542-2

kfcp01542-3

kfcp01542-4

kfcp01542-5

kfcp01542-6

kfcp01542-7

kfcp01542-8

kfcp01542-1

素焼きの化粧砂。赤玉土でも同様に使えます。

kfcp01542-2

目安の石を置いてみたら、セントポーリアにも水やりしすぎていたことがわかりました。

kfcp01542-3

kfcp01542-4

kfcp01542-5

kfcp01542-6

ガラス机の下にも鉢を置きました。
セントポーリアの葉っぱにはびっしり産毛が生えていて猫毛がからまりやすいので、テーブルがほこりよけになってくれます。

kfcp01542-7

この冬一度も使わなかった足用クッションを猫ベッドに敷いたら、ナツがいりびたっています。
高低差があごのせにちょうどいいらしいです。


b_kfd

黄桜

kfc01515-1

kfc01515-2

kfc01515-3

kfc01515-4

kfc01515-5

kfc01515-6

kfc01515-7

kfc01515-8

kfcp01515-1

黄桜“御衣黄(ぎょいこう)”。600円。

kfcp01515-2

黄桜は以前から育てていたミニバラ“グリーンアイス”に似ています。

kfcp01515-3

woojyanさんからいただいた雲南桜草(プリムラ・シネンシス)が満開です。
丈夫でよく咲いて、ありがたいです。色もシックで山桜っぽくて好み。

kfcp01515-4

クリスマスローズも咲きました。
小さい苗を植えて初開花。
ラベルの写真は黄緑の半八重でしたが、咲いてみたらアプリコットでした。
これはこれで好きな色です。

kfcp01515-5

セントポーリア栽培の師匠、花さんからまた苗をいただきました。

kfcp01515-6

干し椎茸もこの数倍いただきました。師匠、ありがとう:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

kfcp01515-7


b_kfd

セントポーリアの増やし方

kfc01505-1

kfc01505-2

kfc01505-3

kfc01505-4

kfc01505-5

kfc01505-6

kfc01505-7

kfc01505-8

kfcp01505-1

セントポーリア“トイ・キャッスル”
淡い紫の花もきれいですが、葉っぱも複雑な斑入りで大好きなのです。

kfcp01505-2

茎が変形して幅広い葉っぱは、むしりとるといいそうです。

kfcp01505-3

成長点がふたつに分けられ、そのあと事故で根っこからぽっきり折れ、三つに分かれました。
無事復活することを願うばかりです・°・(ノД`)・°・

kfcp01505-4

今あるセントポーリアが全員集合。

kfcp01505-5

kfcp01505-6

花盛りのものは、アキの遺影の供花がわりに壁にかけています。
自生地ではもしかしたらこんなふうに崖から斜めに生えていたりしないかなと妄想するのもまた楽し。

kfcp01505-7

猫も花に悪さをせず、じっと見ています。
うちでは猫が植物にいたずらすることはあまりなくて、折ったりもいだりするのは主にわたくしです( ̄∀ ̄;)


b_kfd
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク