FC2ブログ

日替わりハイビスカス

kfc02034-1

kfc02034-2

kfc02034-3

kfc02034-4

kfc02034-5

kfc02034-6

kfc02034-7

kfc02034-8

kfcp02034-1

父も母も大きめではっきりした色の花が好きです。

kfcp02034-2

私は白や青の控えめな花が好きですが、年とともにこういう色も夏らしくていいなあと思えるようになりました。

kfcp02034-3

kfcp02034-4

kfcp02034-5

キーボード猫毛問題が解決したと思ったら、テレビが壊れました。
給付金10万円があっという間になくなりそうです・°・(ノД`)・°・
あまり考えずに似た感じのを買ったら、前より機能が落ちていてがっくり。

kfcp02034-6

今日のキリン。
これを見ているとあの名曲が脳裏を流れます。



kfcp02034-7


b_kfd



b_kfd

スポンサーサイト



アサガオは伸びていた

kfc02020-1

kfc02020-2

kfc02020-3

kfc02020-4

kfc02020-5

kfc02020-6

kfc02020-7

kfc02020-8

kfcp02020-1

潮干狩りネットのおかげで、チャンドラー(ブルーベリー)をヒヨドリに食べられずに済みました。
アサガオのサンライズセレナーデは、ほどいて手すり方向に誘引しました。

kfcp02020-2

江戸風情もぽつぽつ咲いています。

kfcp02020-3

kfcp02020-4

kfcp02020-5

ヤブカンゾウ(?)の斑入りも初めて咲きました。
ユリ科で猫には毒なので、猫が届かない場所に植えています。

kfcp02020-6

kfcp02020-7

雨の中、アゲハがサルビアの蜜を吸っていました。
卵を産んでいないときは、心穏やかに見ていられます。

kfcp02020-8

フユが反応していました。


b_kfd



b_kfd

アキメネス

kfc02018-1

kfc02018-2

kfc02018-3

kfc02018-4

kfc02018-5

kfc02018-6

kfc02018-7

kfc02018-8

kfcp02018-1

アキメネスはイワタバコ科の花です。
暑さと寒さと直射日光と水切れに弱いんだとか(;´д`)

ちょっとイモムシ感があるアキメネスの球根。
寝かせてそっと埋めておくと、数日で発芽しました。
品種はまぜこぜらしいです。
とりあえず発芽させて、色形が似ているもの同士を集めて植え替えてみようと思います。

kfcp02018-2

kfcp02018-3

このまえ産直の店で500円で買ったイワタバコ。
これは濃い紫の花が咲くとのこと。
葉っぱがだらーんと長く伸びるようです。
イワタバコの仲間でウシノシタという花もあって、そちらは双葉の一枚がずっと伸び続けるんだとか。
牛の舌って長いんですよね。
肉牛農家で牛と一緒に育ったので、リアルに動く牛タンを思い出せます。

kfcp02018-4

kfcp02018-5

セントポーリアもイワタバコ科。
私は水やりしすぎるので、乾湿がわかりやすい素焼き鉢にいくつか植え替えてみました。

kfcp02018-6

こたつ兼、祭壇兼、セントポーリア置き場になりました。

kfcp02018-7

在りし日のアキと、まだ右目が見えていた頃のアサヒ。2016年頃です。
今日はアサヒのうちのこ記念日です。

kfcp01648-7

2011年に保護する直前は、こんなにがりがりだったのよねえ。

kfcp02018-8

大きくなりました、横に。


b_kfd



b_kfd

一粒で二度おいしい

kfc02016-1

kfc02016-2

kfc02016-3

kfc02016-4

kfc02016-5

kfc02016-6

kfc02016-7

kfc02016-8

kfcp02016-1

アサガオ“江戸風情”の絞りと藍色の花。
同じ品種で違う咲き方をします。真っ白のタイプもあった気がします。

kfcp02016-2

kfcp02016-3

絞り咲きのクレマチス“タイダイ”

kfcp02016-4

トラデスカンチア“プラチナ”というのかな。
メタリックな光り方をします。

kfcp02016-5

斑入りの一種として絞り咲きを含めることもあります。
斑入り好きをフイラー、絞り好きをシボラーと呼ぶらしいです。

kfcp02016-6

バイカラー咲きのセンニチコウ“エレスチャル”
1本の茎から白っぽい花と濃いピンクの花が咲いてます。

kfcp02016-7

センニチコウ“ストロベリーフィールズ”と、在りし日のナツ。
センニチコウは日照りの海月ファームでも元気に咲いてくれました。

kfcp02016-8

大雨に引き続き警戒しましょうね。


b_kfd



b_kfd

来年のアジサイ計画

kfc01986-1

kfc01986-2

kfc01986-3

kfc01986-4

kfc01986-5

kfc01986-6

kfc01986-7

kfc01986-8

kfcp01986-1

アジサイ“有松しぼり”
以前はこんな感じで青かったのです→
ミョウバン水溶液で青くする方法、すっかり忘れていました。

kfcp01986-2

kfcp01986-3

↑実家から挿し穂をもらってきて育てた斑入りのガクアジサイ

kfcp01986-4

↑“万華鏡”

kfcp01986-5

kfcp01986-6

kfcp01986-7

姫路も明後日から梅雨入りしそうです。


b_kfd



b_kfd


プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク