FC2ブログ

猫にユリはダメ

kfc01803-1

kfc01803-2

kfc01803-3

kfc01803-4

kfc01803-5

kfc01803-6

kfc01803-7

kfc01803-8

kfcp01803-1

ユリ中毒についてくわしくは旗谷動物病院のサイトに→

kfcp01803-2

スイセンやヒガンバナなど、動物が口にすると危険な植物はたくさんあります。
うちは植物だらけで猫は見慣れていて興味を示さないのですが、油断しすぎないようにしたいです。

<2019.12.11追記>
花に詳しいwoojyanさんから、くわしいコメントをいただきました。
大事な情報なのでここにも転載しますね。
 - - - - - -
亡くなった猫ちゃんのためにお花をいただきましたと言う報告の中で、たまにユリが入っているアレンジメントを見ることがあります。
多頭飼いの場合は絶対ダメだけど、たぶん送り主も飼い主も知らないのでしょうね。
花屋で花束やアレンジを注文するときは、ユリ科の花は入れないでくださいと言わないと、ユリが入る可能性が高いです。
ユリを入れると大きく空間を使うから、花束やアレンジ全体が大きくなって、豪華で見栄えが良くなるので。
スズランはあの清楚な花から想像できないけれど、人にとっても猛毒なので、特に子供やペットのいる家庭では家に入れてはいけない植物です。


kfcp01803-3

アサヒが膀胱炎で、昨日は通院してきました。
抗生剤を飲まされて激おこでしたが、どうにか機嫌を直してくれました。
錠剤を飲ませるさい、水を5、6ml一緒に飲ませるのがいいそうです。
錠剤だけだと食道にとどまってそこを痛めるおそれがあるそうな。

kfcp01803-4

かかりつけ動物病院にはナツの訃報をはがきでおしらせしてありました。
ひさしぶりに顔を出したところ、先生とナースの皆さんからおくやみを言われ、しんみりしました。
動物病院やブログで、ナツのことを覚えていて一緒に悲しんでくれる人たちがいるって、ありがたいことです。

kfcp01803-5

食欲に波があるコマ姉さんが、食欲と元気をキープできているのもうれしいです。
たまに尿漏れしますが、熟女なのでいたしかたないのです。

kfcp01803-6

末っ子のビール三姉妹も、シニアになっていろいろ出始めるころです。

kfcp01803-7

シモの病三兄弟(しもやまブラザーズ)の最後のひとり、フユ。
肛門のうが詰まって破裂したのが治って、今は元気です。
詰まりやすい体質らしいので、定期的にしぼる必要があります。
動物病院とはなかなか縁が切れないというか、これから長いおつきあいになりそうです。


b_kfd
スポンサーサイト



ニャンゲル係数

kfc01796-1

kfc01796-2

kfc01796-3

kfc01796-4

kfc01796-5

kfc01796-6

kfc01796-7

kfc01796-8

トッコが首からさげているのは財布です。
うちの家計簿はトッコがつけています。
私は経理担当だったころに何千万も動かしていましたが、どんぶり勘定でお金の計算がほんとうに苦手なのです。

kfcp01796-1

猫鍋ヒーターを仕込んだ毛布。コマ姉さんがお気に入りです。

kfcp01796-2

kfcp01796-3

首を伸ばした不思議な寝方。ナツがよくしていました。

kfcp01796-4

百円均一セリアに行ってきました。猫のクリップと狐(?)の靴下。

kfcp01796-5

kfcp01796-6

黒い薄手の手袋は小指以外を切り落として、ペン入れのとき着用します。
手脂を原稿用紙につけるとインクをはじいてしまうので、その対策です。
京極夏彦さんの手袋も気になります。あれは第二の皮膚なんでしょうか。

kfcp01796-7

ヒーターは「夢暖望」の660型
猫友さんおすすめの「談話室」が私の部屋には大きかったので、姉妹品の小さいタイプにしました。
前に買った暖炉型ヒーターと併用で、エアコンなしでいけるか試してみます。


b_kfd

触らせない女

kfc01793-1

kfc01793-2

kfc01793-3

kfc01793-4

kfc01793-5

kfc01793-6

kfc01793-7

kfc01793-8

kfcp01793-1

体重をメモするとき、無意識にナツの名前まで書いてしまいそうになります。

kfcp01793-2

kfcp01793-3

うさぎの爪は分厚くて、老眼では血管が見えづらいです。
天気のいいときに太陽の光にかざして切るようにしています。

kfcp01793-4

キリンは爪切りに協力的です。
しっぽをぶんぶんするので、嫌ではあるようですが、がまんして健気です。

kfcp01793-5

触らせない女、アーニャ。
まだ体重を計らせてもらえていません。

kfcp01793-6

エビ子のいないいない、ばあ。

kfcp01793-7


b_kfd

to do リスト

kfc01786-1

kfc01786-2

kfc01786-3

kfc01786-4

kfc01786-5

kfc01786-6

kfc01786-7

kfc01786-8

亡くなる子が飼い主の悪いところを持って行ってくれるという話をききました。
ナツもコマ姉さんにサービスしてくれたのかも。
元気なころはハル母さんと一緒になってコマをいじめていたものね。

kfcp01786-1

千代ちゃんの家来さんとのりのりさんから、ナツにお花をいただきました。
ぼんぼんみたいな白菊が、ナツの半分白玉を思い出させます。

kfcp01786-2

花が入っていた箱でキリンとエビスが遊んでいました。

kfcp01786-3

kfcp01786-4

ナツは最後にごはんを食べてから、9日も食べられないままがんばりました。
強制給餌は嫌がるのでしませんでした。

kfcp01786-5

kfcp01786-6

コマの食欲が復活してよかったです。

kfcp01786-7

フユとアーニャが並んでお食事。
誰か亡くなると残されたメンバーの食欲が増す不思議。
ナツが生前食べられなかった分を、とりもどしにきている気がします。


b_kfd

ナツの旅立ち

kfc01785-1

kfc01785-2

kfc01785-3

kfc01785-4

kfc01785-5

kfc01785-6

kfc01785-7

kfc01785-8

kfcp01785-1

フェレットのネムは、2007年に鹿児島で迷子になって警察に保護され、海月の実家で預かった子です。
飼い主が現れず、帰省のさいに海月組に加入。2009年に副腎の病気で亡くなりました。

kfcp01785-2

猫より小さいので妹分のような感じでしたが、白内障のおばあちゃんであることが発覚。
ネムばあと呼ばれるようになりました。

kfcp01785-3

視力はあまり良くないかわりに嗅覚が発達していて、猫の尻を絶えず追いかけました。
猫たちは迷惑がりながらも楽しくじゃれあっていました。

kfcp01785-4

ハル母さんに怒られていましたが、まったく気にせず尻子玉を追いました。

kfcp01785-5

kfcp01785-6

亡くなる二日前のナツ。いつものように金魚の水を飲んでいました。
ぎりぎりまで体調をキープできていたのは、治療のおかげだと思います。

kfcp01785-7

ナツを思い出すときは、楽しいことを思い出したいです。


b_kfd
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク