FC2ブログ

見られてた

kfc01726-1

kfc01726-2

kfc01726-3

kfc01726-4

kfc01726-5

kfc01726-6

kfc01726-7

kfc01726-8

kfcp01726-1

スイレン“ワンビサ”の二輪目の花が咲きました。
ちょうど畑に行ったときに咲いていてラッキーでした。

kfcp01726-2

ワンビサは気まぐれにキメラ花が咲くスイレンです。

kfcp01726-3

一輪目のピンクの花とはまた違う感じです。

kfcp01726-4

シラサギカヤツリも水草で、根腐れの心配がないので水浸しで育てています。

kfcp01726-5

猫草としてもいけるようです。

kfcp01726-6

kfcp01726-7

雑草に埋もれていたビオトープが、草取りで見やすくなりました。

kfcp01726-8

そんなに見られたら穴が開くよー。


b_kfd
スポンサーサイト



水苔

生のカエルの画像が出てきます。苦手な方はご注意を。

kfc01719-1

kfc01719-2

kfc01719-3

kfc01719-4

kfc01719-5

kfc01719-6

kfc01719-7

kfc01719-8

kfcp01719-1

金魚が3度目と4度目の夏を無事越しました。

kfcp01719-2

kfcp01719-3

去年の新入り、トサキンズはすっかり赤くなりました。

kfcp01719-4

トノサマのわびさびはこの頃よく鳴いてます。
かすかな声なのでぜんぜんうるさくないです。
イエアメガエルのアメちゃん達の爆音がナナハンクラスだとすると、トノサマはドライヤーくらいです。

kfcp01719-5

kfcp01719-6

畑の水鉢で育てているサラセニアとアマガエル。
ハヤトウリの葉っぱにいたのをここに連れてきたので、いわゆるやらせです( ̄∀ ̄)

kfcp01719-7

カエルのじょうろは猫の給水所のなかで一番人気です。

kfcp01719-8

水栽培が主流のウォータークローバー。
水切れと直射日光による高温で煮えてしまうことに気をつければ、お世話は楽です。
カップでも育てられます。
野菜として食べるために栽培している地域もあるようです。
7月のイベントでゼリーの飾りに使うためにほぼ丸刈りにしましたが、2ヶ月で前以上にもりもり育ちました。
全部四つ葉だし、おすすめでございます。


b_kfd

スイレンの植え替え

kfc01697-1

kfc01697-2

kfc01697-3

kfc01697-4

kfc01697-5

kfc01697-6

kfc01697-7

kfc01697-8

gerogeroさんのブログで、立派に育ててくださったスイレンをごらんになれます。

kfcp01697-1

スイレンの施肥は月に一度ひとつまみずつ、といわれていましたが、最初に多めに与えてもいいらしいです。

kfcp01697-2

kfcp01697-3

藻でどろどろだった睡蓮鉢。先日の大雨でだいぶきれいになりました。
ラッキー( ̄∀ ̄)

kfcp01697-4

7月末に買ったスイレン“ワンビサ”。
1ヶ月弱で葉っぱが3枚から15枚に増え、花も咲きました。

kfcp01697-5

kfcp01697-6

kfcp01697-7

ベランダの金魚鉢は日当たりが悪くてスイレンは育ちませんが、適度な日陰で金魚にとっては日向より楽なようです。

kfcp01697-8

動物柄の切手を買いました。
りすやうずら、カエルなどマイナーな生き物がたくさん図案になっていて、絵柄もかわいいです。

スイレンの株分けで処分したのを土に埋めていたら、半年後に掘り返したものがぴんぴんしていてびびりました。
水草は環境破壊するおそれがあるので、水辺に捨てるのはやめましょうね^^;


b_kfd

スイレンの現実

kfc01670-1

kfc01670-2

kfc01670-3

kfc01670-4

kfc01670-5

kfc01670-6

kfc01670-7

kfc01670-8

kfcp01670-1

畑の水鉢。
スイレンは肥料不足で葉が小さいです。

kfcp01670-2

ミソハギとサラセニア。

kfcp01670-3

新入りのスイレン、“ワンビサ(WanviSa)”
ピンクと黄色のキメラ咲きで、斑入りになったりぱっきり2色に割れたりするそうな。

kfcp01670-4

毎日暑いけど、ベランダの金魚は元気です。

kfcp01670-5

kfcp01670-6

kfcp01670-7

kfcp01670-8

金魚の水を飲むナツ氏。お風呂の残り湯も好きです。
だしがきいているのでしょうか。


b_kfd

ウォータークローバー

kfc01667-1

kfc01667-2

kfc01667-3

kfc01667-4

kfc01667-5

kfc01667-6

kfc01667-7

kfc01667-8

kfcp01667-1

大島療養所で育てられた甘夏のマーマレードを使ったゼリー。
四つ葉がのってる、とお客様に好評だったようです。

kfcp01667-2

ウォータークローバー(デンジソウ科)。
全部四つ葉なので、結婚式の引き出物に使われることもあるとか。
睡蓮のように水にどっぷりつけて育てるのが一般的ですが、腰水で育てると、藻がくっつかないきれいな葉っぱを収穫できます。

kfcp01667-3

こちらはクローバー(マメ科)のティントヴェールという品種。
画像にも写っているように、踏まれなくても四つ葉の出現率が高いです。
右下には五つ葉も見えますね。

kfcp01667-4

明日は岡山市教育委員会の人権問題研修会。
PTAや教職員の皆様に、ハンセン病と人権についてお話しさせていただく予定です。

kfcp01667-5

聞いているかたが眠くならないよう、がんばります。

kfcp01667-6

猫のみなさんにも留守番をがんばっていただきます。

kfcp01667-7


b_kfd
プロフィール

海月

Author:海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク