カイガラムシ

kfc01002-1

kfc01002-2

kfc01002-3

kfc01002-4

kfc01002-5

kfc01002-6

kfc01002-7

kfc01002-8

kfcp01002-1

↑ビカクシダ“リドレイ”。うちでの愛称は“キャベツさん”

kfcp01002-2

↑“ビフルカツム”と“ビーチー”
肉眼ではわからなかったカイガラムシが、パソコンで画像拡大したらはっきり見えました。

kfcp01002-3

こすり洗いしてすっきり。

kfcp01002-4

kfcp01002-5

↑和室の窓辺、見切り品だったプレクトランサス。
寒さに弱いらしいですが、ここで無事冬を越し、今年も花を咲かせました。

kfcp01002-6

その横はジャングル。
ポトス、トラデスカンチア、アマリリス、孔雀サボテン、月下美人、シャコバサボテン、洋ラン、セントポーリアなどの寒がりグループが並んでいます。

kfcp01002-7

その手前が猫タワーマンション。
最近はナツの留守中に最上階でキリンが寝ていることが多いです。

海月ファームだより(1)~(3)kindle版
発売中

b_kfd
スポンサーサイト

かくれが

kfc01001-1

kfc01001-2

kfc01001-3

kfc01001-4

kfc01001-5

kfc01001-6

kfc01001-7

kfc01001-8

kfcp01001-1

化粧鉢から流木風ポット()に切り替えたら、動揺して昼風呂に入ったイエアメガエルのアメちゃん。

kfcp01001-2

kfcp01001-3

2日ほどで見慣れて入ってくれるようになりました。

kfcp01001-4

めんまねえちゃんちのキューちゃんに比べると、デ…いや、ぽっちゃりですよね。

kfcp01001-5

かくれないシュレーゲルたち。

kfcp01001-6

ピンクのドームベッドは毎回設置して1日前後でつぶされます。

kfcp01001-7

みかんベッドは不思議とつぶされず。
まんまるなので上に乗ろうとしても乗れないのがミソかも。

海月ファームだより(1)~(3)kindle版
発売中

b_kfd

親知らず

kfc01000-1

kfc01000-2

kfc01000-3

kfc01000-4

kfc01000-5

kfc01000-6

kfc01000-7

kfc01000-8

バッシングなどもあり、美智子さまとお母さんは、距離をおかざるをえなかったそうな。
親子が会えない「親知らず子知らず」の別名をふまえての歌のような気がしてなりません(゚ーÅ)

kfcp01000-1

畑の近くのヒガンバナ。
ヒガンバナは種子ができない3倍体で、生えているのは人為的に誰かが球根を植えたか土砂ごと持ってこられたものだとか。

kfcp01000-2

マンション花壇にかってに植えた白いヒガンバナと赤いミニバラが咲いています。
白いヒガンバナは実家から持ってきたもの。
左下のオリヅルランは横浜支部のまろにゃんさんからのいただきもの。

kfcp01000-3

ツユクサの仲間のムラサキゴテン。これも実家から。

kfcp01000-4

↑↓花友のうりうりママさんから種をいただいた斑入り葉ツユクサと覆輪ツユクサ。

kfcp01000-5

ベランダではうまく咲かないのに、花壇ではよく咲きます。

kfcp01000-6

↑REIさんから苗をいただいたルエリア(ヤナギバルイラソウ)。
マンション花壇のブロックで囲まれた区画に植えました。
これからの成長が楽しみです:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

kfcp01000-7

ところで当ブログは今日で1000記事目となりました。
3年前、某ブログ漫画新人賞に応募するために始めた農園漫画ですが、賞にひっかかりもせず、そのまま続けております。
いいの、ぼけ封じになっているから( ̄∀ ̄)

海月ファームだより(1)~(3)kindle版
発売中

b_kfd
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク