チョッキリ祭り

kfc00860-1

kfc00860-2

kfc00860-3

kfc00860-4

kfc00860-5

kfc00860-6

kfc00860-7

kfc00860-8

チョッキリの仲間はハイイロチョッキリ、チャイロチョッキリ、モモチョッキリ、ブドウハマキチョッキリ、ファーストハマキチョッキリ、サメハダチョッキリなどたくさんいるそうです。

kfcp00860-1

斑入り葉どんぐり(イギリスナラ“アルゲンテオマルギナータ”)

kfcp00860-2

向かいの山がどんどん新緑に覆われていきます。

kfcp00860-3

ベランダでもモミジやブドウの新芽がきれいです。

kfcp00860-4

アキの記念樹のブドウ“ブラックビート”

kfcp00860-5

畑にいく途中、山のふもとのクサイチゴ。
人通りが多いところなので、食べるチャンスは少なそうです。

kfcp00860-6

道路の縁石の道路がわに、白いスミレが咲いていました。

kfcp00860-7

『都市の樹木433』はコメントが面白いです。
虫こぶの写真に「最高に気持ち悪い」とか書いてあります。
ルーペの使い方に著者の飼い猫らしき猫が登場したり、臭さの描写がやけにリアルだったり、つっこみどころ満載。

kfcp00860-8

樹木の話ついでになつかしいお菓子を。30円でした。


b_kfd
スポンサーサイト

防虫剤

kfc00859-1

kfc00859-2

kfc00859-3

kfc00859-4

kfc00859-5

kfc00859-6

kfc00859-7

kfc00859-8

kfcp00859-1

コバエ捕獲課主任、蛙田捕太郎氏。
スイレンの葉の形をした容器に、薬剤が入っていました。

kfcp00859-2

その薬ではコバエがぜんぜん捕れないので、中身をめんつゆトラップに入れ替えました。

kfcp00859-3

友人Sさんから届いた歌川重宣の絵葉書。
茶をたてているがま、すなわち茶釜(ちゃがま)という判じ絵だそうな。
蛙を飼い始めたとかまだ言ってない時に、偶然届いたのでびっくり。

kfcp00859-4

今日のアメちゃん。
アメちゃんもコバエを食べませんでした・°・(ノД`)・°・
昨日届いた生き餌はすんなり食べたので、安心しました。

kfcp00859-5


b_kfd

養殖

kfc00858-1

kfc00858-2

kfc00858-3

kfc00858-4

kfc00858-5

kfc00858-6

kfc00858-7

kfc00858-8

kfcp00858-1

イエアメガエルのアメちゃん。
ピンセットではなかなか食べてくれなくて、つかまえた蛾をケージの中に放して、いつの間にか食べているという感じでした。

kfcp00858-2

今日はピンセットからヨトウガを食べてくれました。
この調子でなれてくれたら、練り餌や干物もオッケーになるかな。

kfcp00858-3

暗くなると薄茶色になります。

kfcp00858-4

kfcp00858-5

カエルのじょうろ、もう販売してないみたいですね。
アイリスオーヤマさんあたりで似たようなの作らないかしら。

kfcp00858-6

コウモリラン“ビーチー”の葉っぱが、カエルの手にそっくり。
いや、河童かな。

kfcp00858-7

テレビの話。
漫画の文章を打ち込んでいるときに、Eテレ「きょうの料理」で平野レミさんが暴れていて、レシピがぜんぜん頭に入りませんでした。
「プレバト」では石神井公園が出ていました。
カエル好きのめんまねえちゃん、牛好きのぱんとらさんと3人で、「猫と植物オフ会」をしたのを思い出します。
オオイヌノフグリの咲く頃だったなあ( ̄∀ ̄)


b_kfd
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク