孔雀と傘

kfc00884-1

kfc00884-2

kfc00884-3

kfc00884-4

kfc00884-5

kfc00884-6

kfc00884-7

kfc00884-8

kfcp00884-1

kfcp00884-2

kfcp00884-3

kfcp00884-4

kfcp00884-6

2012年頃↑実家に連れてこられた当時は冠があったのよね。

kfcp00884-5

かんかん照りのなか、赤い傘の母。
ビニールハウスのスプリンクラーをとめるため、ぬれないよう傘が必要だったのです。


b_kfd
スポンサーサイト

二日分

kfc00883-1

kfc00883-2

kfc00883-3

kfc00883-4

kfc00883-5

kfc00883-6

kfc00883-7

kfc00883-8

kfcp00883-1

相方トッコむけ留守番マニュアル。
毎日やることを箇条書きにして、済んだら印をつける方式です。
コンプリート意欲が刺激されるかと思ったんですが、書いてないことはやらなかったりするので(ごみを捨てたあとに新しい袋をかぶせるとか)、なかなか難しいです。

kfcp00883-2

留守中に色々咲き進んでいました。
↑クレマチス“茜の壺(あかねのつぼ)”

kfcp00883-3

↑クレマチス“這沢(はいざわ)”

kfcp00883-4

↑ニオイバンマツリ

kfcp00883-5

↑アマリリス“アラスカ”

kfcp00883-6

↑スーパージャンボアマリリス“サンバ”

kfcp00883-7

トッコがベランダに出ると誰かをしめ出す危険があるので、花の水やりは頼めませんでした。
大部分は元気でしたが、ロベリアやアリッサム、ホクシアが瀕死の白鳥状態。
水切れしやすい植物だけでも、ペットボトルか何か挿しておけばよかった・°°・(>_<)・°°・。


b_kfd

芋どうし

kfc00882-1

kfc00882-2

kfc00882-3

kfc00882-4

kfc00882-5

kfc00882-6

kfc00882-7

kfc00882-8

こんにゃくの芽が出たところは、地面からピンクの指みたいなのがとうとつににょきにょき出ていて不気味です。
ハロウィンの飾り付けで、庭に作り物の手を埋めるというのがありますが、あんな感じ。
発芽当初は葉緑素が見当たらないので、肌っぽく見えるのでしょうか。

kfcp00882-1

掘り上げたコンニャク芋。
母が「わざわざ植えんでも送ってあげるのに」というので迷いましたが、自分で植えて食べるところまでやりたいのです。

kfcp00882-2

植えてから黒マルチをかぶせて芽だけ外に出しました。

kfcp00882-3

さらにサツマイモ苗をねじこみました。
右端の棒はサツマイモ苗を植える目的に特化した棒。
父が金属管を切って先端の断面をくの字に曲げて作りました。
同じようなものが、「イモヅル十手プロ」という名前で千円位で売られています。

kfcp00882-4

コンニャクはやや日陰でじめっとしたところが好きだけど、かんかん照りの畑でも水分がある程度確保できれば育つみたいです。

kfcp00882-5

玉ねぎを収穫しました。

kfcp00882-6

実家からもらったにんにくをスプラウトにしました。
早く芽が出ないかなあ。

kfcp00882-7

↓こんにゃく作りはこんな感じw


b_kfd
プロフィール

古林海月

Author:古林海月
動物の世話に追われる零細漫画家、古林海月

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク